2021年01月18日

【冬季登山】誕生日を空木で迎える計画

21/1/17は私の48回目の誕生日です。
誰もお誘いはありませんので空木岳へ。

2年前の12月に山頂に行ったので、厳冬期も一発やっておこうと考えた次第。
誕生日なんてどうでもいいです。


■1/16 朝
寝坊 7:00 駒ヶ根スキー場Pスタート
あー...なんかすごく調子悪い。
今月に入りかなり忙しく疲れが溜まってます。

こんな時は....
A4931EA4-FF63-460E-B7E1-004270EF873D.png
iPhoneに保存しておいた尾野真千子の画像を見ます。
これでもう大丈夫。
これで山頂に行けるでしょう。

9:20 池山小屋到着
484CB7C9-34A8-439C-A6EA-1413C9AB7A7E.jpeg
トレースがあったのにペースが遅い。
尾野真千子が悪かったのだろうか。
ここでアイゼン装着。
ただここから一気に雪が深くなり、100mもしないうちにワカンを履いた。
ルートも分かりにくい。

11:16 マセナギ
4B0A57CF-78F1-4111-84E1-B19FCCCE2352.jpeg
CT1:00に2:00。
池山小屋からトレース無くずっとラッセル。
体力的にもかなり厳しい。

下手したら陽が明るいうちに駒峰ヒュッテどころか、空木避難小屋も到着しない。
13:00撤退で以降進むが、迷い尾根に入った途端に更なる傾斜と雪の深さが来た。

サラサラ雪でアイゼンも噛まない。
尾根から落ちる雪は雪崩れのように纏まって大きく崩れた。
CB0E61C4-B55D-41C0-AA4C-202B229E598F.jpeg1CFBA324-6DC0-4C96-AC0B-3AD263E557A4.jpeg
12:30 
2,100m付近
大地獄小地獄手前で撤退を決める。
これ以上登るとロープが無いと降りられない。
そして吹雪も酷い。
雪では無くミゾレなのだ。


14:30
池山小屋到着。
ここで持ってきたお酒やジンギスカンを食べて一晩過ごした。

翌日はゆっくり下山。
途中でアイゼンワークを若人2人に教えている伊藤さんと会う。

帰りはODSKと駒の湯に寄り帰宅した。


■最後に
今回情けないかもしれませんが、次はやり切ります。
ちょっと舐めてました。
反省。
敗因は完全に雪と天候。
今週末もですが、どうも天候に恵まれて無い。


posted by 男澤ヒロキ at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/