2020年09月09日

【変革】食事を意識してます



去年11月末から下痢に悩んでました。
5月大腸カメラで検査するも問題無し。
医者からは「 お酒止めれば治る 」と言われ頻度や量を減らしましたが、一様に改善されません。
医者「 歳により急に体調が悪くなる。そう言う年齢 」

これは一生付き合って行くしか無いかなと半ば諦めてました。


◼️ある出会いで食事意識が変わった
お盆に伊那川源流をやり終え宝剣小屋でビールを飲んでいた際、隣のテーブルにいたお客さんと会話になりました。
この方46歳の女性で看護師との事。

でも35歳くらいにしか見えないのです。
しばらく会話する中で、美容への食事に対する意識が高く色々と教えてくれます。
「 大事なのはタンパク質。アスリートなら自分の体重の2倍のグラム数を毎日取るのをお勧めします 」と。
なんでもこの方毎日タマゴを8個食べているとの事。
コルステロールが気になりますが、健康診断や検査を定期的に入れているが全く問題が出ていないとの事。

「 身体にある60兆個の細胞を生まれ変わらす 」そんなイメージなそうな。
普段の食事では足りない栄養素はサプリで補完しておられました。


◼️早速タンパク質意識の食事へ
炭水化物と糖質も合わせ意識した食事に切り替えます。
B661B1ED-1649-4D51-AD14-F0666478555F.jpeg
とりあえず主食から米を抜き、豆腐や納豆、野菜、タマゴ、魚へ出来る限りシフトさせます。
TJAR2018前はお肉を抜きだいぶ体調がよくなったので、その部分も少し意識。
登山した時に頑張ったご褒美にジンギスカンを食べるくらい。
ジャンク系は完全シャットアウト。

◼️結果
これらに食事を変えた所、3日もしないうちに下痢がピタッと止んだのです。
キレイなバナナのような排便。
10ヶ月近くずっとスプラッシュだったから、もう嬉しくて嬉しくて友人や嫁にメールしまくりました。

体重も3kgくらい減量。
体脂肪率も3%で13〜14%に。

夜お酒飲んじゃうんですよね。
これ無ければもっと効果的面なのですが、これだけは止めれません。
レースが迫ると止めれますが。
しかも最近日本酒が好きだと言う。

でもビールは糖質ゼロ、プリン体ゼロ、人工甘味料ゼロにしました。
お摘みも魚や野菜に。

これらの食事ですが、意外と腹持ちが良いんです。
昼食後の睡魔も少し収まりました。

もちろん足らない栄養素があるので、もう少し自分でどれがどれだけ必要なのか勉強したいと思います。

その看護師さん曰く2年後に大きく成果が出るとの事。
栄養学の宗教入ったように取り憑かれてますが、これはこの先もずっと意識して行きたいと思います。

なんだかんだで、老後も考えるとお金よりも健康が大事ですもの。

posted by 男澤ヒロキ at 09:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家も四つ足を減らして、魚&鳥&野菜にしてから調子が良いですね。
あと、ヌカ漬けを食べるようになって腸の調子が良いです。
無印良品のヌカ床は手間いらずでオススメです。
Posted by なべぞー at 2020年09月15日 19:53
なべぞーさん
取引先の食に詳しい方から聞いた話ですが、遺伝子が遠いからものを取った方だ身体に良いんだとか。
哺乳類は近過ぎで、鳥→魚→野菜と人間の遺伝子から離れた方が良いらしいです。
ヌカは....私漬物キライで食べれないのです....


>なべぞーさん
>
>我が家も四つ足を減らして、魚&鳥&野菜にしてから調子が良いですね。
>あと、ヌカ漬けを食べるようになって腸の調子が良いです。
>無印良品のヌカ床は手間いらずでオススメです。
Posted by 男澤ヒロキ at 2020年09月16日 08:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/