2020年08月02日

【登山】木曽駒ケ岳→木曽前岳→麦草岳

2020/8/1-2は中央アルプス木曽駒ケ岳へ。
急遽午後休める計算が出来た為、午後12時に名古屋から木曽福島へ。
移動中にヘッデンを忘れてないか心配になったので、春日井の好日山荘で一応購入。(でもザックに入ってました)

16:00 木曽駒スキー場出発。
CC1EC41B-94A9-49BC-AABD-2C9B350787D8.jpeg
「 いまから登るの!? 」と駐車場にいた登山者やすれ違う方に聞かれますが「 大丈夫です。日があるうちに頂上に付けます。 」と返答。
遅くても19:30には木曽駒ケ岳山頂には着く計算です。
私の登山がイレギュラーでご心配をお掛けし申し訳ないです。


増水が心配だった沢は、少し上流に行き場所見てピョンピョン石の上を飛んで行けば大丈夫。
8888A77D-B695-4A91-9D0F-D7ED99F3975C.jpeg

17:50 七合目避難小屋到着。
途中10分くらい休憩したし、今日はビール8本とワンカップ、水2L持ってきてるので結構重いのでタイムがいまいちなのは仕方ない。

天気はガスガスで残念な感じ。
でも上は晴れてる可能性もある。
48248D7A-D0B6-47B8-94B0-EFADB8D3104E.jpeg
小屋には先客2名が。
途中抜いたご夫婦もここに泊まるとの事でしたので、今日の宿泊は4名様です。
休憩がてら少しお喋りし、再度頂上目指して出発。

18:40 玉ノ窪小屋までの登り。
B442A4D6-8F19-4337-A322-58F09B02801A.jpeg
この登りは見た目と反し意外と時間掛かりません。

19:00 玉ノ窪小屋( 営業してません)
ここで寝ようかな....。
57104126-5AA7-47FF-9B62-3627E7800506.jpeg
でもあと20分くらいで山頂です。

42089BCD-5E95-4D0A-8A7D-5DA9C2E1F4C0.jpeg
暗くなってきたけど、満月なのでヘッデンなしでそのまま山頂へ。
山頂まで3:20は休憩しすぎ。
あと少し重かった。

そしてテン泊しようと木曽頂上山荘のテンバを見下ろすと、沢山のテントで張れるスペースが無い!
今年はテント宿泊者が多いとの事。(宝剣山荘ご主人様の話)

ちょっと反対方向に少し降りて風がかわせるフラットな場所で休憩。ビールと焼肉です。
9BA1B195-12FE-41AC-9261-B22BF21FF888.jpeg57AAABDB-744F-49DC-80E1-E026DBBB4699.jpeg
17208832-9B35-4B92-9B26-3222DC7F2F42.jpeg
今夜はライト要らない!


早朝から仕事してたのでビール2本飲んだら早くもウトウトです。
残りビール6本と日本酒があるのにギブアップ。
バカバカ!!

テン場に移動したもののテント張るスペース無く、蓑虫のようにシュラフにテントを巻いて岩場でゴロ寝。
ダウン上下2枚づつ着てて夏用シュラフでも結構寒かったです。
2,900mですし。
夜は星が本当キレイで幸せでした。


◼️8/2(日)
朝4:10に起きて山頂へ。
既に20人くらい朝日を見に来てました。
5BD5921F-625C-4E74-BD6A-00CF5C4862B7.jpeg7AABB816-5BD3-489E-BAAB-ABE63C233F6A.jpeg
まあまあの朝日。
ちょっとガスが溜まってるなぁ〜。

どんどん朝日を見に来る登山者。
全員ロープウェイだと思います。
う〜ん....いいなぁ〜。
でも俺はいいや。(お金無いし)

5:00 宝剣に登ります。
FAD991B7-EDA8-4C1F-B13D-6BEF18E7E305.jpeg

宝剣山荘に知り合いがバイトしてるのでそこで少し休憩。
乗鞍からライチョウを連れてきて中アで復活させる試み中との事。
帰りにその場所を見に行ったら普通にライチョウが居ました。
0536B192-3732-4100-8264-ABA6A3795586.jpeg
中アでライチョウは難しいと思います。
1にサルが稜線まで上がってくる事。
2にロープウェイによる登山者の多さ。

ロープウェイが出来てからライチョウ居なくなってますからね。
最初の頃はゴミが多かったんだと。
自分も冬期はロープウェイで下山してるので頭ごなしで否定出来ないけど、もう少し何とかした方がいいと思う。


◼️下山へ
帰りは前から気になっていた木曽前岳→麦草岳経由で下山。
このルートTJARで沢が増水した時に福島Aルートから使えないかな?とずっと考えていたのです。

玉ノ窪小屋から木曽前岳に登り初登頂(笑)

ここからがかなりヤバイ!
5AFF7AC1-3F49-4930-8180-C7306F0BCDA8.png
麦草岳まで「危険マーク」と「迷いマーク」が付いてますが、麦草岳までほぼ全部両方と言った感じ。
ルートは微かに微かに残ってたり無かったり。
A8C4A61F-E751-435C-A064-781FC166C8AA.jpeg
こんな感じでずっと漕ぐのですが、何せ下が見えなくて穴にドボっと片足を踏み抜きます。(100回くらい)

F7550952-2861-4841-9434-02778CE26F48.jpeg
ヤバイ!麦草岳がハンパなく遠い。
戻ろうかかなり悩みましたが、まあそのうちルートも見えて来るだろうと適当に考え進む事に。
これが間違い。
滑落リスクがある場所がこの後何度も出て来ます。
8607D5ED-3637-4496-BB76-FB67D1D5487A.jpeg
牙岩の部分は梯子がありました。
この梯子まで巻くのですが、結構な高度感で三点支持で慎重に降ります。

29AE1B47-B29A-4960-9227-2A3BABCDCCF4.jpeg74251CCA-B056-4D16-89DE-C6B6776A1D2F.jpeg
ぎょえー!!!
もっともっとヤバくなってく(泣)

右は藪漕ぎ、左側は崩壊してて切れてていつ落ちてもおかしくない。
半袖短パンでチクチクする草に散々刺されまくります。

93B67C8F-3AD9-45DB-AD69-542462EDECD1.jpeg
やっと麦草岳の取り付きに出ましたが、この写真見て下さい。
ルートが全くありません!
ハイマツ漕ぎ漕ぎで何とか山頂へ。(途中片足ドボンを何度もしました)

F514D66F-C098-4890-9622-B26E2F3A44F3.jpeg1EB00C73-1B61-4844-BE19-87600141BC88.jpeg
麦草岳に。
玉ノ窪小屋から2時間近く掛かりました。
でも達成感がハンパ無い。
木曽前岳を眺めあそこから来たのか....と何度も感動します。

今まで通った登山道で一番悪かったな....。
急な斜面での藪漕ぎと岩場の連続。
中央アルプスって、伊那谷と木曽谷の僅かの距離の間に3,000級が連なってるので、かなり急峻で危ないのです。
結局TJARで使えるような代物ルートではありませんでした。


麦草岳から30分で七合目避難小屋ですが、ここもそんなにルートが良くないのでしっかり30分かかります。

七合目避難小屋で昨日お会いしたご夫婦や、他の登山者がいらっしゃったので私も少し休憩。
12:00下山。

下山したら駐車場に「 麦草岳〜木曽前岳間は通行禁止 」の看板が。
8231208F-E07F-4D41-BB4E-D5BD11292446.jpeg
全然気が付きませんでした。
2、3年前からダメみたいで、そりゃ茂るはずです。
ネット見ると一年に1、2組くらい行ってる感じでしたが、私と同じように辛酸舐めてます。
一言「 行かない方がいいです。これもはや廃道です。」


少し仕事が残ってましたので、その後急いで帰えりました。
帰りの運転が眠くて眠くて...。

あー....でもやっぱりアルプスは最高!!!
頑張って登って景色が良い場所でビール飲むから美味いんです!

今週は水曜日休みですが、有名人の方が一緒に登山トレーニングしようとの事で恵那山へ。
日曜月曜の予定は未定ですが、おそらくバリエーションで赤石岳に登ると思います。

今年はちょっと日常が忙しくて無理矢理な計画ばかり。
だからソロが多くなると思います。

それにしても今回は辛酸舐めたな〜....。
(辛酸なめ子は好きですが...)
posted by 男澤ヒロキ at 18:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何気なく来てみたら…。
読みながら、そこのルート通行止めだから〜!と思ってましたよ(笑)
相変わらずお元気そうで何よりですm(_ _)m
Posted by KINUYO at 2020年08月05日 17:33
KINUYOさん
木曽前岳から入口すら分からず上松に100mくらい降りてしまったんです....
絶対行っちゃダメだよ!絶対行っちゃダメだよ!


>KINUYOさん
>
>何気なく来てみたら…。
>読みながら、そこのルート通行止めだから〜!と思ってましたよ(笑)
>相変わらずお元気そうで何よりですm(_ _)m
Posted by 男澤ヒロキ at 2020年08月06日 05:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/