2020年06月04日

【靴下】私の愛用はYAMAtune

私、4年くらい前から靴下は北海道のメーカーであるYAMAtune(ヤマチューン)を愛用してます。
私がラン時に使うソックスを選ぶポイントは、
・5本指であること。
・足裏に滑り止めがある事。
・薄くて軽くて丈夫な事。
・アーチ補強がしっかりしている事。
・乾きやすい事。
・ショートタイプ
・安いこと。

だいぶ拘りと言うか注文が多いです。
これ見て分かる人は分かると思いますが、高校/社会人と陸上部で使っていたのがこのタイプ。
いかにも陸上部上がりって感じですよね(笑)

でもこれらは最低基準です。
時代も経ってますし、各メーカーさんの技術進歩もすごいので、更に高い要望を求めて行き着いたのがYAMAtuneでした。

細かく書いて行きます。


◼️理由1 :  驚異的な耐久性
私、高校時の成長期に走り過ぎてカカトの形が変形。
かなり骨が出ているのです。
B3BC171A-F4BC-4108-992E-A3E65560DF51.jpeg

普通の靴下だとランで200kmも走ると、たちまち穴が空いてカカトに血マメが出来るのです。

爪先はしょっ中爪の手入れしてるのもあり大丈夫なのですが、カカトは殆どのメーカーが200km程度で“ こんにちは ”します。
ヤスリのようなカカトと言えば分かりやすいと思います。

C770E24B-314C-4171-8B21-ABE155B44D92.jpeg

あのタフで有名なX-SOCKSでも、1,000km程でカカトが破けたほど。
X -SOCKSの耐久性もかなり有名ですごいし、履き心地も含め良いソックスですよね。

そんな靴下浪費の私ですが、YAMAtuneの耐久性の高さを風のウワサで聞き、履き替えみることに。
9D2B8D9A-F63A-4A8B-B78F-54186CA87219.jpeg

のべ2,000km以上走っても穴が空きません。
半年以上この一足で毎日10km走りましたが、通常で有ればカカトに穴が空くのに、カカト裏部の繊維が薄くなって、やっと穴が空いたと言うくらい。
16A4906B-4005-457E-AA60-804C999B4858.jpeg

ホームページで調べても、この耐久性は相当自信があるようです。
522D43E1-8C69-4C76-A890-24AB934F2EF5.png

薄い事、乾きが早い事、足裏のグリップもカカトまでゴムが付いており、靴の動きと一体になっているよう。
値段もホームページで1,650円(税抜)とトレラン靴下としては安値。
コスパが本当高いです。

↑ ホームページ
サイズは私(27.5cm)でMサイズがマッチします。


◼️理由2 :   アーチサポート
9DB339A3-690C-40C4-B504-A224AD6087B3.jpeg
このピンク部分はゴム生地になっており、疲れてくると落ちてくるアーチを補強します。
シューズで言えばカーボンが入っているみたいな補助機能と言ったら大袈裟でしょうか(笑)
アーチが張ったままになり、爪先着地の維持が結構ラクになります。
ランで言えば骨盤が入ったままのアーチ版。

良い事ばかり書くとウサンくさいので、私は悪い部分も書きますが、足が浮腫んでくるとゴムの食い込みがキツくなります。
それくらい。
スーパー長距離のレースはワンサイズ上をお勧めします。



◼️登山でもYAMAtuneにしてます!
TJARが終わってから、ランは体調維持程度の最低限にしておりレースは出てません。
(忍者トレランで賑わす程度)
あまり感動が得られなくなったのが理由の一つです。

山全体と言うかアルプスへの思いが、更に強くなり冬期登山ばかり行ってます。
もともとバリエーションや雪山やスキーをやりたかったので、TJARが一区切りしてそのリミッターが外れただけ。

そこでもYAMAtuneです。
使うタイプは2種類。
6F5F9880-6AAB-472C-8CCA-B985696CCA90.jpegA82D48C2-7D48-44E1-8723-4FA1CFDF8410.jpeg

左がクロカンスキー用。
右が冬期登山用で、気温や積雪状況により使い分けてます。

どっちもカラーリングがカッコイイですよね!
超カッコイイ!!(二回言っちゃいます)

クロカンスキー用はランニングソックスであるスパイダーアーチのノウハウをこちらにも使ってますし、冬期用の中でも少し薄目なので、これからのシーズンでも全然活用出来ます。
私はこれからのシーズンでも沢で使おうかなと。

6DFB41CB-E6A0-4ED4-9A17-313BF79A9C6B.jpeg
足の指はタビタイプで親指が分かれてます。
これで爪先に力が入りやすいし、蒸れにくいです。
最初はちょっと不思議な履きごごちですが、慣れると気持ちいいフィット感です。

48C30478-2241-4F0E-85DD-86311A591767.jpeg2C8B45D4-52D9-4E81-8DE9-4847B2ED5BD5.jpeg
ロングタイプでふくらはぎのポンプ的役割の補助と、保温性もあるので競技用の薄いウェアも合うと思います。(私クロカンスキーやってないのですが....)
クロカンスキーのマークもカッコよくないですか??!
このソックスが私の冬期登山用のメインソックスです。
とにかく動きやすい。


雪が降ってたり、荒れた天候の時はこれ。
53196A16-A68D-4A9D-8A1B-E82C57BD0052.jpeg732B0E8A-CA73-49EF-B567-BD0F2256FD2C.jpeg
YAMAtuneスノーパフォーマンス
これもタビタイプを使用。
クロカンタイプは天気が良い時や、一気に登る時に良いのですが、ずっとラッセルだと少し冷たさも出て来ます。
6919103F-0A5D-4AE2-A26C-8BA08EFD2E6C.png
その点これだと防縮メリノウールを使っており、ラッセルだろうが、稜線で吹雪いていようが全然冷たくならない。
柔らかめにアーチサポートも付いており、重い登山靴を上げる足の疲れを軽減します。

色がアースカラーでこれまたカッコイイ!(何回目?)
966363F3-9C4B-477C-AF7A-AA177816028E.png
本当オシャレです!!
価格も冬期用にしては安いです。

また良い事ばかり書いて、ウサンくさいと思われるので悪い部分も書きますが、正直あまりない。
強いて言えば.....。
ふくらはぎの締まりがやや強いので、テントや小屋に一晩滞在するときは、休憩用ソックス(ダウンソックスやテントシューズ等)に履き替えたほうがゆっくり休めると思います。
自分のふくらはぎが太すぎるのもありますが。


◼️最後に...
だいぶ長文になってしまい申し訳ありません。
山は命に関わ事も想定して行動しなくてはならないので、私め色々な環境でサンプルを取り数値にしてます。
(テストで他ソックスを履く時もある程。ちょっとイヤらしい性格ですよね....汗)
その中でYAMAtuneは機能性、コスパ、オシャレでかなりの高得点です。

なかなか売っているショップが無いので知名度はそこまでありませんが、私はこれが推し推しです。

F69CE105-2370-421E-8C84-E02A348AA45B.png6AB3D224-F211-4220-8505-8F09CE46DFE8.png2BFD4BD3-AB09-4053-AA77-6F3BC3CCE274.png
もちろん夏の登山用もありましし、ワーク用も品揃えがあります。
北海道の雪深い地区であらゆるテストを行い製品化されたYAMAtune。

一度ホームページを覗いて頂ければと思います。

DB75A50D-DEA5-4C18-A7B7-CA2DDBA383B4.jpeg
posted by 男澤ヒロキ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/