2020年03月10日

【冬期登山】ウェアを刷新したい

(前回の記事)
先週末に敗退した檜尾岳。(檜尾尾根)
敗退は核心部も、途中の赤沢ノ頭(1,991m)からシャクナゲピーク(2,500m)までのコースタイム2時間に対し、4時間も掛かった点が今後の課題だと感じた。

先ず、荷物が重すぎる。
お酒を持ちすぎ...。(食料も)
読書する為に本まで詰め込み、1人避難小屋泊を満喫しようとしていたが、3,000m級にソロでこの様な安易な考えがそもそも間違っていた。
もっと最低限に制約せねば。


◼️ハードシェル上
現在私が使用しているハードシェルは、モンベルのコスミックパーカー。
32B49950-5CBD-4B37-B324-57EDA3A8936B.png
22,400円(税別)で622gもある。
スノースポーツ用なので結構な重さに加え、雨がだいぶ浸透する。
故に都度防水スプレーをしているのが現状。
当初重さを気にせず、裏起毛が付いている事、コスパとストレッチ性重視で購入したが、やっぱり軽さは武器であると言う考えに最近戻ってきた。

今シーズンは無理だが、来シーズンはこれに買い替えたい。
8D8922EF-46C9-404C-940B-B072038AE5A0.png
ダイナアクションパーカー
29,000円(税抜)
ゴアで384gととても軽量である。
寒くなったら着込むだけなので、裏起毛なんか全然無くていい。

◼️ハードシェル(下)
現在使っているのが、モンベル インシュレーテッドアルパイン。
0C23E0E8-089D-4679-93DD-6BC0A58B426D.png
26,400円(税抜) 528g
ゴアだが2年も使ってると、雨が降った時に水が浸透して来てスーパー重くなるのだ。
それが本当イヤ。

そして今欲しいのがこれ。
D05773A6-E729-47F0-84F3-8B0EBE50B01A.png
ライトアルパインパンツ
19,800円 335g
上のウェアと同じく裏起毛は要らないと判断。

使い続けて続けてやっと少し自分に合うのが分かって来ました。
TJARのように高みを目指すなら軽量化は避けては通れないなと。
これで500g近く軽量化出来ますからね。
後はスノーシューを検討中。

むしろ今までが適当過ぎました。


来シーズンはスキーもしたいしでお金が幾らあっても足りません。
posted by 男澤ヒロキ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/