2020年01月26日

【八ヶ岳】スノーハイク

2020/1/25-26は八ヶ岳北部へ。
11月茶臼岳に一緒に登った三島市のNさんとです。
黒百合ヒュッテ泊で天狗岳周辺を緩い感じで登る計画にしました。


◼️1/24(金)
21:00に名古屋の自宅を出て中津川インターで下道へ。
ここから節約の為に毎度の19号線です。

途中、木曽の某道の駅で仮眠を取ろうとしましたが、トラックのアイドリングが煩いし排気ガスの匂いも酷いので諏訪まで頑張って運転します。

0:30 諏訪のコインパーキング到着。
ここでもヤンキーっぽいマフラー変えた軽自動車がエンジン付けっぱなしで仮眠中。
きっと飲んでからの車中泊でしょう。
暖房の為エンジン付けてるのでしょうが、これさっきのトラックもだけど一晩このままですから、とんでもない温室効果ガスが出ている。
そう思うとすごく嫌な感じ。

エンジン音が響き渡って、この周辺の方々もさぞかし迷惑だろう。
結局うるさくて寝れないので別の場所に移動しました。
若かりし頃ならクレーム付けに行ってと思います...。
それぐらい酷い音でした。


◼️1/25(土)
朝7:30に登山口の渋の湯でNさんと待ち合わせ。
駐車料金がなんと2,000円。
2台でしたから4,000円もです。
Nさんも車でしたから別の場所で1台にまとめるべきでした。※反省@

渋の湯の奥さまだろうか。
かなり強い口調で車で来た登山者を誘導というか注意するのが気になる。
確かにバスの旋回場所に無断駐車している軽自動車があり、登山者のマナーにも疑問符が付いた。

登山者もピンキリだからな〜....。
F488B23E-7378-420F-B1E9-F9A9EAEFD608.jpeg

8:00 スタート
ゆっくりとしたスタート時間だが、黒百合ヒュッテまで2時間も掛からないので充分。
登り始めたらいきなりアイスバーン。
驚いた事にチェーンスパイクのチェーン(金具)がこのアイスバーンへの踏ん張りで切れてしまった。
以降ずっとアイゼン。

9:39 あっと言う間に黒百合ヒュッテ到着。
D936FBDE-AACC-4538-923C-0F608C8C1655.jpeg
小屋にあった秤でザックの重さを計測すると20kgの最大値を余裕で振り切っていた。
今日は全然軽いと思っていた程だったので、普段は25kg〜30kgくらいを担いでいたのだろう。
我ながらすごい。

受付を済ませザックをデポし東天狗、西天狗へ。
料金は素泊りで5,500円にプラス冬期料金700円。
1B19E9E8-1C46-4742-8635-02D200FD9829.jpegDD8176EB-96C1-4228-A9A3-8838BCEE77DF.jpeg
黒百合ヒュッテから30分で東天狗登頂。
山が小さい!登山した感ゼロ!

山頂でのビールは格別です。


その後西天狗岳へ登り12:30黒百合ヒュッテに再び到着。
13:00からもう宴会ですよ(笑)

この日の黒百合ヒュッテは90名程度の宿泊者との事。
どんどん登山者が来ます。
16:00くらいになっても到着する登山者は収まりません。
CTが長い訳でも無いのになんでこの時間になるのか不思議でしたが、その登山者に話を聞くと東京からバスで来るとスタートが12:00くらいになりこの時間になるのだと。
なるほど!
八ヶ岳は関東からアクセスが良いのだと改めて思いました。

夜は小屋が人で混み合いわちゃわちゃな感じ。
さっきまで手前にいたお兄さんは、コンビニ弁当を食べてゴミはそのまんまで何処かへ消えた。(私めが持ち帰りました)

座敷は足の踏み場も無い感じ。
あー...もう絶対イヤ。※反省A

20:30 就寝


◼️1/26(日)
昨夜少し一緒に飲んだ20代の男性が、気象予報士の奥さまに確認した話では「 26日は晴れると言っていた 」と聞いたので信じてたが外はガスガス....。

6:00 一応稜線まで歩いて朝日を見ようとしましたが何も見えない。
F50AEB79-B193-4492-94AA-DD716484C9C1.jpeg
小屋に戻って7:30くらいまで布団でウダウダします。

登山者の殆どが出発したのを見て自炊で朝食。
9:00 スタートで北の中山、丸山へ。
FF3CE376-D920-4F7C-A81E-00EAC66111A3.jpeg7DD61843-BD65-4A99-A8E3-A2849E0101D6.jpeg
8FFC3FDE-42E0-41BE-8EDB-CDADADF0EB29.jpeg
10:00 高見石小屋到着
ここは揚げパンが有名です。
静かな小屋もいい感じ。
料金も素泊り4,500円。
こっちにしとけば良かった...※反省B

下山中に人が雪に埋れているのを発見!
C1910A14-BBD5-4029-85D9-1D5FBB142822.jpeg
あれ絶対死んでる....
344AA4FB-BFA3-43C6-8161-07CCF4DB030B.jpeg
近づくとお地蔵さんでした。
マジで焦りました。

12:00 下山
D243B604-245C-4CDA-801D-264B5FEA08F7.jpeg
渋の湯で1,000円支払い入浴します。
黒百合ヒュッテで話した若い男性が「 入浴後バスを待つまでが寒くて地獄 」と言っていた通り、ここには休憩場が無く玄関に3人が座れる程度のベンチが1つ。
なんか色んな意味ですごいな渋の湯って....。

お風呂場でお会いした男性も「 これでも(対応が)だいぶマシになってますよ。もっと凄かったですから。 」との事。
まー登山者も中には変なの居るから厳しくなっちゃうのでしょう...。
因みにお風呂場にはシャンプーが無いので来られる方は持参して下さい。

お風呂場でお会いしたその方を茅野駅までお送りし、Nさんと諏訪のステーキガストで食事して15:00帰路へ。


今回小屋泊でお金を普段より使ったので、交通費節約で帰りは全部下道で5時間かけて名古屋まで帰りました。


北八ヶ岳は2015年の夏に南まで一気通貫をした以来。
黒百合ヒュッテはメジャーだし、通過もしてなかったので興味で行く事にしましたが、改めて八ヶ岳は優しい山だと感じました。
登山口の標高も高いし、小屋営業してますからね。


でももうしばらくはいいかな。
特に今回のルートは次無いな...。
posted by 男澤ヒロキ at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/