2019年12月16日

【登山】甲斐駒ケ岳冬期

19/12/14〜15(土日)は甲斐駒ケ岳に登って来ました。
五の池小屋常連の下呂市のMさん、七丈小屋スタッフの桑名市のKさんと、冬季登山が出来る素敵な女性お二人と宴会も含めてです。


◼️12/14(土)
前日23:40に尾白渓谷の駐車場到着し車中泊。
経費削減の為、中津川ICより下道で来ました。

朝5:30起床。
MさんKさんと合流し6:40スタート。
81F747E2-1348-4FA9-82E8-37028C178EA5.jpeg

私は相変わらず下痢が酷く不安でしたが、この日は比較的に穏やか。
むしろ耳鼻の調子が悪く、青い鼻水で鼻呼吸がキツイ。
耳抜きも定期的にやらないと、話が聴き取り難くなります。

A14D6BA4-2FE8-414D-8326-D220A8950E25.jpeg
一合目くらい?
甲斐駒ケ岳が見えますが、気が遠くなるような遠さ。
この日はボッカが17-18kgくらい。
最初からキツくて仕方がありません。

4B57AB93-0A64-4074-9D5F-9DEA696C6F83.jpeg
今回メルカリ で1,800円でGETしたTNFの45Lのザックを初使用。
これが全然合わない!
相当古いモデルだと思うのですが、細部にアジャスト機能があり、逆にどのポジションが合うのか分かりません。

92E8E70E-17EB-4756-BA58-4E3CEC0B936B.jpeg
途中でケセランパサラン発見!
幻の妖怪です。

BE790B73-84F0-48D3-AEC1-4DD813FE61C1.jpeg
刃わたり通過が9:55。
もうヘトヘト。

5FF38E21-4E54-4E3A-AEEB-43B953DDD5AF.jpeg3E53CA2C-5FE2-47E0-A36F-35D34B986810.jpeg
でも景色は最高で八ヶ岳がキレイ!

この後天狗(?)の平な場所で大休憩。

9A3C382E-D8A5-4157-A258-C23C21D38973.png
予め保存していた壇蜜のショートカット画像を見て少し回復します。

F1228DCA-AB82-46ED-A841-C5BC288EAE79.jpeg
五合目 11:13
台風19号で崩壊した部分は綺麗に補修されてました。

12:18 七丈小屋到着。
9508A272-90B8-499B-9AA7-A28CDB3FE8C0.jpeg
デポ品を預けたりアイゼンやピッケルを準備し12:45山頂に向かいリスタート。

2027096D-DF6D-4A90-8EB0-1AD76C2BD88E.jpeg
軽くなったのに全然登りのスピードが上がらず。
そして高山病の気配も。

八合目でMさんKさんがもう充分との事で私1人で山頂を目指す事に。

雪が軽くアイゼンの効きがイマイチ。
でもその下はアイスバーンになってる部分多いので慎重に登ります。


9044B76B-B2B0-4C72-A5AB-DE67AB01626E.jpeg
八合目でこんなに晴れてたのに....

D6F98C24-B3D7-4E19-9073-652C3C65D906.jpeg
九合目でどんより雲が。
14:00から吹雪の予報でしたが本当に崩れるとは....

二本ツルギ(?)の核心部は超慎重に。
岩場が氷っているので一つのミスも許されません。

392DA772-210B-4695-B67D-823F75D23B09.jpeg
一気に雲が来ます。
F31CB263-AA90-47BB-93FC-0EFAD0D0319E.jpeg
九合目五尺で雪が舞い始め風速10〜15mの風が。
疲労困憊なのもありちょっとビビリます。

6F69F324-0366-45C1-990B-3AF21A970946.jpeg
14:30 何とか登頂。
7時間15分も掛かりました。

風がハンパない!
この写真を最後に携帯とデジカメの電源が落ちます。

下山中に2人の若人とすれ違います。
「 山岳部? 今から登る? 」
「 山岳会です。六合目避難小屋にテント泊します 」
ぅえー...あそこまで降りるのか。
すごいなぁ〜...


15:45 七丈小屋到着
宴会が始まってましたが、自分が死に体の状態なのでしばらく休みます。

37590AE0-D28D-448D-8E2B-D510D445697A.jpeg
「 小屋着いたらビールを浴びる程飲もう 」と思ってましたが、9本持ってきたうちの2本でジエンド。
18時に一足早く就寝。


寝てても鼻詰まりが酷く苦しい。
鼻シュッシュを持って来てたのですがそれも全然効かず。
コリャ、完全に風邪だわ。

1カ月続いている下痢も風邪。
1カ月前に風邪引いて点滴打ったのが、ずっと治ってなかったのだと確信しました。

そして耳鼻がやられると高山病になる事も。
蓄のう症になった過去がある人や、耳鼻咽喉が弱い人は高山病になりやすいと言うのを、自分の聞き取り調査で統計中でしたが、多分これもあながち間違ってないでしょう。

今までで一番キツイと感じた登山でした。

2日目に続く...。
posted by 男澤ヒロキ at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/