2018年11月14日

スマホゲーム嫌いからの....

どうでもいい話ですが、私はスマホでゲームをしません。
時間潰しでやられる方が多いと思うのですが、私的にはヒマならウィキペディアやニュースを読んでますし、仕事やトレーニングの事を計画したり、はたまた小説等の本を読んでます。


電車でサラリーマンはじめ色々な方が普通にスマホゲームしているのを見てちょっと引いている程。
恥ずかしくないのかな?って自分の価値観から見てました。(すいません)

学生なら理解出来るのですけどね...。


自分の職場の近くの公園や橋に行くと、人だかりが出来ており、みんな黙々とスマホ弾いてキャラクターか何かをGETしてるのです。
そこは路駐もすごく、中には高級車まで。
通行人が驚く程すごく不思議な光景です。

でも人様に迷惑かけてる訳じゃないし、それぞれ趣味であったり、背景があったりするので否定する気は毛頭ありません。(でも路駐はNG)


嫌悪感がわくのが車運転しながらスマホゲームしている人が結構いる事。
そこまでしてゲームがしたいのか??
マジで事故起こすよ。
交通法違反だし...。


2013年末だったか、職場の後輩に「 偏見は良くない 」と指摘を受け改善しようとしまして...。
ちょうどその時ミクシーの株価が1,100円くらいから1週間で6,000円オーバーなったのですが、その株価上昇はスマホゲームを開発したからだと。

次の日から“ 物は試し”とmixi社のモンストをインストールし少しやったらすごく面白い!
仕事中やトレーニング中も気になってしまい、この中毒性のヤバさに気がついて思い切って削除しました(汗)
危なかった〜....。



さて、そこから月日が経ち、興味すら無くまた前の自分に戻ったのですが、私の息子9才がゲーム真っ盛りに。

我が家は妻も私もスマホゲームを肯定的に見る事が出来ず、子供にもちょっと厳しめにルール化し、1週間でゲーム(スウィッチ)をして良い時間は水曜日と土曜日に30分づつだけ。

少し可哀想すぎて、月に一度帰省時で息子と2人になった時に、妻に黙って30分だけスマホゲームをさせてます。
次に会うのは1カ月後でストーリー性が損なわれているのに、その30分で必死にレベルを1つでも上げようするのです。


帰り際に。
「 お父さんお願いが...」
「 毎日ログインだけして欲しいの。それだけで新しいアイテムやコインが貰えるから。 」

この何とも言えない健気な望みを聞きグッと来てしまいました(泣)

俺が子供の時、ファミコンを高校まで買って貰えず、同級生の会話について行けなかったなぁ〜...。(教育と言うより貧乏が原因だけど)


「 わかった!お父さん毎日ログインするからな!次会うのはお正月だけど楽しみにしてろよ! もし時間があったら少しはレベル上げとくから! 」とバカ親宣言しました。
だって可愛いんだもの。


190EFB44-A9C4-490E-8381-993553DA0E18.png
posted by 男澤ヒロキ at 17:51| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12年のTJAR放映に衝撃をうけ、今年は東京報告会を拝聴させていただきました。 忍者トレイルも縁あって去年に引き続き参戦したところ男澤さんがいらして嬉しくて写真撮っていただきました。ありがとうございます。ゲームに関する考え方もまさに一緒でなんかすごく感情移入してしまいました。うちの息子は高校生で やっぱりゲームやYouTubeに夢中なようです。でもきっとどこかでもっと打ち込めることを見つけてくれるかと辛抱強く見守っているところです。厳しさって難しいですよね。
Posted by ばてぃ at 2018年11月14日 23:14
ばてぃさん
コメントありがとうございます!
共感して頂けて嬉しいです。

電車の中でゲームはちょっと...。
って偏見かもですが、自分的には恥ずかしいのと時間勿体ないって価値観です。
子供の教育難しいですよねー。
自分はほぼ野放しでしたので、息子への教育も基本放任主義。
上に行きたきゃ自分で考えろ!って感じです。
仕事でもその色が強くて、自分の胸に手をあてて修正/最適化/成長するようにしてます。


>ばてぃさん
>
>12年のTJAR放映に衝撃をうけ、今年は東京報告会を拝聴させていただきました。 忍者トレイルも縁あって去年に引き続き参戦したところ男澤さんがいらして嬉しくて写真撮っていただきました。ありがとうございます。ゲームに関する考え方もまさに一緒でなんかすごく感情移入してしまいました。うちの息子は高校生で やっぱりゲームやYouTubeに夢中なようです。でもきっとどこかでもっと打ち込めることを見つけてくれるかと辛抱強く見守っているところです。厳しさって難しいですよね。
Posted by 男澤ヒロキ at 2018年11月15日 08:15
ドラクエのようなRPGがトレランにとても似ており(自分自身のレベル上げ、旅の出会いなど)、ゲームは自分の原点だなと思っています。ゲームの良さは''夢中''を学べることだと思います。飽きるほどゲームをやらせて、ゲームに学びはあるのだけれど、「学びのコスパが悪い」ことも早い内に体感させて、卒業させる手もアリかと思います。あれだけ熱中していた自分も、そのコスパがしっかり見えてきた今は、よほどの大作ゲームしかやらなくなり(およそ5年に1度レベル)、どれが大作なのかの審美眼も養われています(オススメはFF10です。とても学びのあるストーリーです)。
Posted by トレイルランナー at 2018年12月03日 08:33
トレイルランナーさん
おっしゃる通り学びのコスパが悪いのと、あと時間が掛かる事がネックですね、、、
RPGは私も20代前半までやってましたが、いまガッツリやってる方を見なくなったような。
スマホが1つの要因でみんな家に丸一日篭ってやると言う時代じゃくなり、電車等でヒマな時間に少しずつやる感じになって来ているのかもです。
自分はFFは3ぐらいまでです(^^;;
三国無双が好きで初代XBOXで30歳くらいの時にハマった記憶があり、それ以降ゲームはしてないです。
(三国志好き)

>トレイルランナーさん
>
>ドラクエのようなRPGがトレランにとても似ており(自分自身のレベル上げ、旅の出会いなど)、ゲームは自分の原点だなと思っています。ゲームの良さは''夢中''を学べることだと思います。飽きるほどゲームをやらせて、ゲームに学びはあるのだけれど、「学びのコスパが悪い」ことも早い内に体感させて、卒業させる手もアリかと思います。あれだけ熱中していた自分も、そのコスパがしっかり見えてきた今は、よほどの大作ゲームしかやらなくなり(およそ5年に1度レベル)、どれが大作なのかの審美眼も養われています(オススメはFF10です。とても学びのあるストーリーです)。
Posted by 男澤ヒロキ at 2018年12月06日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/