2018年07月16日

【mont bell】トレントフライヤー

レインウェア新調しました。
本戦が決まると本当お金と時間が足らなくなります。

色々熟考した結果、今回はmont bellのトレントフライヤーにしました。
前回使ったノースフェイスのエンデュランスフーディは中々の良品で、13デニール極薄GOREを使用し3層ながら215gと軽量。(Mサイズ)
耐水性は勿論、動きやすさでも非常に良いレインでした。
F77AABAB-6CDB-467C-977F-9D971A0BE431.jpeg

ただ値段が若干高め...
定価で37,800円、ネットショップで26,000円前後します。(税込)

このお気に入りのレインも2年が経ち、撥水効果が殆ど無くなりました。
自分でファイントラックの洗剤で汚れを落として、モンベルの撥水剤を付けてドライヤーでせっせせっせと乾かしても、雨天時半日も持たず水が浸透してきます。

同じく下のレイン“モンベルバーサーライト”も2年で撥水ゼロ。
撥水加工してもこの通り。
B7D394F5-C6F1-4706-8016-15BF5A74FFC0.jpeg
先週の富士山で最悪な感じです。
雨が浸透し肌に触れて不快感ハンパない。
そしてかなり寒くリスキー。


仙波選手がブログにレインウェアについて載せていたので相談しました。
某一流選手は毎年新品にするとか。
クリーニング店で加工してもらうアドバイスも受けましたが、やっぱり買い替えたほうが良さそうです。

ちょうどmont bellのトレントフライヤーが新作になっており、上着は215g(旧)が175gにまで軽量化されてました。

49A716DE-58C3-40BB-9D7B-06C383F23818.jpeg
下は160g
恐らくTJARで使用率が一番高いウェアです。
2レイヤーですが、耐水圧が50,000o以上。
そして透湿性は25,000〜98,000g/u・24hrs。

ノースフェイスをこよなく愛する私ですが、今回はトレントフライヤーで行きます!


montbellバーサーやReb、ノース、モンチュラでもっと軽量なレインはありますが、TJARはトレランと同じ感覚でレインを考えると、非常にリスキーです。

物は大事にするほうですが、命を預かるレインは消耗品ぐらいの考えで良いと思います。
本戦までこのトレントフライヤーは着ません。

本当登山はお金がかかります。
ブルジョアスポーツですね。
posted by 男澤ヒロキ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/