2020年10月13日

【登山】南駒ヶ岳 → 日本100名山を考える

10/11(日)はまたまた木曽山脈の越百山〜南駒ヶ岳へ。
今年二回目で、越百山は三回目。
ここは名古屋から車で2時間程度で来れるとても便利な山です。

当初台風だったので金曜まで何処も行く計画無しでしたが、台風が逸れたとの事で複数の方から、御嶽五の池小屋の小屋締めに行かないか?OSJ KOUMI観戦にどうか?と誘われましたが、ちょっと遠いしあまりお金も使いたくない。(やや金欠)

でも何処か近くの高山に遊び行こうかなと悩み中に、群馬のAさんから「 南駒ヶ岳に登ろうと思うけどどのルートがいいだろう? 」とメールあり。
Aさんはピークハンターで100名山を去年一年間で達成。
今年になって200名山をやっており早くも58座登頂との事。

今回Aさんが目指す南駒ヶ岳は200名山も結構どこの登山口からも遠い為、日帰りは意外とキツい。
ルートも危険箇所が数箇所ある。
その点私は行き慣れているし、名古屋から近いのでその企画に付き合わせて頂いた。


◼️登山内容
当初菅の台バス停から空木岳経由で南駒ヶ岳のピストン計画も、Aさんから往復で12時間かかる計算と返信メールあり。
ならば伊那川ダムから300名山の越百山を獲得し、南駒ヶ岳に縦走しても同じくらいの12時間なのでそちらをチョイス。

朝5:00 伊那川ダムでAさんと待ち合わせ。

5:40 登山開始
ヤバイ!俺これ以上ゆっくり歩けないのに、Aさんがキツそう!

10:00 越百山山頂
0B32CFC3-D85A-4470-8A17-32A151F732A3.jpeg
今夜は下山後車中泊するので飲んじゃいます。

34389C0E-F1DD-4B62-BE69-48EB9F48D7A8.jpeg4D3DA1BA-048B-4EEA-800D-873B5F3F877D.jpeg887C794D-E941-4D28-B69B-8FD3B231083B.jpeg
台風一過でアタリでした。
暑くてずっと半袖短パン。

12:30 南駒ヶ岳山頂
1F6E4263-839F-4EC3-B106-01D3F44C07F5.jpeg
ここで初めて2名の登山者とお会いします。
名古屋在住の200名山チャレンジされている方と、Aさんが気が合い200名山トーク。
石川県輪島市から来られた男性は、菅の台バス停から6時間かけて一升瓶を担いて来たとの事で日本酒を分けて頂きました。

空木岳、木曽殿山荘経由で下山を考えましたが、Aさんヘロヘロで北沢尾根で下山する事に。
ここは最初の1時間くらいほんと道が悪いです。ハイマツが厄介。

16:30 伊那川ダム登山口に下山。
11時間の行程で私も最後は少しイヤになりました。


◼️自分は100名山何座登ってるの??
ずっとTJAR練習に注力してたので、ピークハントは雪山意外意識してませんでした。
ちょっと数えると.....

北から
1.岩手山、月山、飯豊山、安達太良山、日光男体山、筑波山、草津白根山、妙高山、火打山
10.雨飾山、白馬岳、鹿島槍岳、常念岳、剱岳、立山、薬師岳、黒岳、黒部五郎岳、鷲羽岳、
20.笠ヶ岳、槍ヶ岳、焼岳、乗鞍岳、御嶽山、蓼科山、八ヶ岳、木曽駒ケ岳、空木岳、甲斐駒ヶ岳
30.仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳、悪沢岳、塩見岳、赤石岳、聖岳、恵那山、伊吹山、大峰山

以上

たった40座でした。

Aさん見ていると完全にピークを取りに行く記録狙いなので、驚くほどドライ。
「 いい山だけど、もう二度と来ることは無い 」
次の300名山が終わるまで、休日は全力でピークハントをしているのだ。
「 300名山が終わった次は、県別の標高No.1を抑える。その次も考えている。 」
言葉では表せないレベルの情熱だ。
そしてある意味羨ましくもある。
自分は時間もだが、お金が特に厳しく北海道に1週間なんて絶対行けない。

「 イエーイ!200名山59座目ゲット!300名山11座目も同じくゲット!! 」
山コレと言うアプリに今日の登山の軌跡(ログ)をダウンロードし、テンションが上がっているAさんを横目に見て僕は気づかないフリをした。
(byケツメ
posted by 男澤ヒロキ at 17:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

【登山】北ア餓鬼岳 山にまつわる名前

20/10/3-4は飛騨山脈の餓鬼岳へ。
200名山の名峰ですが、何故かあまり脚光を浴びない地味なイメージです。

登山道は中房温泉から燕岳経由のルートと、東餓鬼岳経由の波線ルート。
東沢乗越に登るルート。
あと大町から入る白沢ルートの4つ。
どのルートも長く険しいので上級者向きです。

かたや隣の燕岳は飛騨山脈で一番?人気の山では無いでしょうか。
登山者を見てても、その様子や人数のギャップの大きさに面白さを感じます。


◼️3年前(2017/9)
TJAR2018に出場した片野選手が、白沢登山口から入り唐沢岳へ寄り道、そして常念山荘まで縦走しました。
私はその日、三俣から蝶ヶ岳へ登り、横尾へ下山。
そこから槍ヶ岳へ登って東鎌尾根から燕岳を目指した際、17:00頃燕岳付近で片野選手とすれ違います。
「 遅くないか? 」
「 いや〜、マジここのルートヤバいすわ〜。餓鬼岳への登りもだけど唐沢岳への往復CT4:50が全然進めなくて.... 」

「 餓鬼 」と名前に付くのは、他にも後立山連峰に餓鬼山もありここの尾根も厄介。
私の“  登山道 ”での遠慮したいベスト1位のルートだ。
おまけにここの餓鬼“ 岳”は白沢と言う“ 沢 ”の名前が付いているので、渓谷のトラバースや沢沿いのルート。
滝の高巻きがあるので、落ちたら死ぬやつだ。
“ 白 ”は花崗岩なので、脆く砂利になりやすい。
登りより下りの方が時間がかかるタイプ。

餓鬼はガケが鈍ったとの一説があるが、険しさ嫌らしさを表しているのだろうと私は考える。

燕岳からのルートは剣ズリなる岩場が連続したところを通らねばならない。
東餓鬼岳経由は整備があまりされていない。
どれも安易に登れるとは考えない方がいいルートだ。


◼️到着するとそこは天国だった
49D9AC99-8322-414A-B3CF-392C031B0ABA.jpegCF8028B3-B37E-484E-A3E5-D3C3736783A0.jpeg
小屋は8月末から営業していない。
なので今夜は貸し切りだ。
その上にテント場がありそこに張ると大町が一望。
5401794A-A57D-493D-A57C-13A091F3AD80.jpeg
夜景を見ながらのビールとジンギスカンは最高だ。
7F0182BC-1C80-4887-8985-5BDC5AE33E11.jpeg
西を見れば槍ヶ岳から双六、三俣蓮華、鷲羽、野口五郎、剱岳まで見渡せる絶景が。

79B646EA-683B-48C6-893A-65161E506C17.jpeg
月明かりに照らされた雲海とその下の夜景。
なんとも神秘的だ。
こう言う時、一眼レフカメラが欲しいと思う。
でもお金が無い。

期待していた紅葉はまだ1週間早かったようだ。
5D98562A-78AC-4DED-8749-B54EC4E9F8E4.jpeg
この餓鬼岳。静かで景色がいい。
剱岳の次に好きな山になった。
4つのルートを全部一度行くイメージでまたビールを飲みに登りたいと思う。
posted by 男澤ヒロキ at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

【雑談】昭和な私

若い子に書類を渡し「 ジョイントしといて 」と頼んだところ、「 えっ、ジョイントって何ですか? 」と真顔で質問された。
「 えっ、ホチキスのことだけど.... 」


東北生まれ東北育ちの私め....。
方言は治せど、未だに単語が治せないのです。
しかも結構多い。

◼️その一例を
マフラー →  えりまき
傘    →  こうもり
スーツ  →  背広
電車   →  汽車
ベルベット→  ビロード
カップル →  アベック
ハンガー →  衣紋掛け
とうもろこし → とみぎ

このあたりはいまも普通に使ってます。
今度インスタライブで方言で喋ろうかな。
多分めちゃウケると思います。
posted by 男澤ヒロキ at 18:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/