2020年09月07日

【登山】まったり空木岳

2020/9/5-6の土日は空木岳へ。
空木岳は剱岳の次に好きな山で、TJAR2018のNHKでも「 空木サイコー! 」と言うシーンが放映されております。
何がイイって、駒峰ヒュッテと駒石あたりのキレイな稜線の下山ルート。
大地獄小地獄、迷い尾根と飽きない事。
木曽殿からのキツイ登り。
御嶽も南アも一望出来るのステキな山なのです。
だから年に一度は登っておきたい。
名古屋から近いのもイイ。

ただTJARの時は地獄。
池山尾根の長い下りがヒザを痛めつけるし、最後の九十九折は飽きと眠気が来て精神的に辛い。
楽しくも厳しい山なのです。

◼️9/5(土) 朝3時に起きて下道の国道153号線で駒ヶ根市へ。
僅か2時間30分で到着。
駒ヶ根のセイユーで少し仮眠して買い物。

8:00 空木岳登山口駐車場スタート。
今回は17kgと軽めなのですが、出足は身体が思うように動きません。
途中の林道最上部の駐車場に出たところに、伊豆の国市のKさんが休憩しておりました。
聞けば檜尾岳まで行くか、天気次第で空木の避難小屋にするとの事。
それならば一緒に登りましょうとなりました。

6489BF9E-3457-4985-8D3D-6E5B65E16EAB.jpeg
途中で男性1名と、男性2名を抜きましたが、彼らは空木避難小屋に泊まるとの事。
私は駒峰ヒュッテのテラスあたりにゴロ寝か、小屋内の土間で寝ようかと思ってましたが、空木避難小屋の方が楽しそうなので下方修正をします。

12:20 空木避難小屋到着
Kさんは先に行ってくださいとの事で離れてしまったので一人です。
早速ビールを一本一気飲みし、沢を降りて水を汲みに行きます。

13:30 Kさんや男性登山者4名がほぼ同時に到着。
時間が早過ぎてヒマなので仮眠し15:00からジンギスカン開始。
福岡から来られた女性2名も加わり会話が弾みます。

D344B82C-1397-406B-89A9-CF1008DDD9CF.jpeg

16:30頃少し空が開けて来たので、横浜から来られた男性を引き連れて空木岳ピストン。
C9DE55C5-68ED-4265-AC35-D04DC5EA2C03.jpeg
この男性一年に一度限定でアルプスに登られているとか。

17:30 避難小屋に戻りそこからビール7本と日本酒900ml、ワイン750mlをほぼ飲み干しました。
途中から記憶が有りません。
確か山に向き合う姿勢を語ったような....。
誰かに頼うのあり気の登山はダメだとか....。
お恥ずかしい。

そして酔っ払ってトイレ掃除をしていた。


◼️9/6(日)
朝4時に起きると雨が降っていた。
イビキを相当かいたのだろう、喉チンコが痛い。
また6時まで爆睡。

外でみんな騒いでいるので自分も飛び出したら、空木岳にキレイに虹がかかっていた。
DE60068A-7FBA-4732-B287-0F30535E7C52.jpeg

グダグダしながら8時頃から又山頂に向かう。
2FECBFB3-A1E4-427C-BAD2-0B6B3B17632D.jpeg
山頂付近だけガスガス。
少し駒峰ヒュッテのテラスで寝てガスが取れるのを待ったが全然ダメ。
諦めて9時に下山開始。

12:30 登山口駐車場到着。

コマクサの湯に入り食事。
ここで東京から来られた三木さんと言う方から声をかけられます。
この方100高山(その名のまま日本の高い山上位100座)を狙っており、今回は三ノ沢岳を登ってきたとの事。
ちょうど先週祖母谷温泉に行ったメンバーが、これらを100高山を一筆書きしようとしていた事もあり、細かな部分の話に花が咲きました。

一筆書きは1ヶ月は掛かるだろうな〜。
いまの自分には悔しいが出来ない。
ただ考えるだけでワクワクします。

こんな感じのまったりとした二日間の空木岳登山でした。
よく質問で毎週追い込んでいるのか聞かれますが、4回に1回くらいしかやってません。
TJAR前は毎週やりますけど、かなり精神的にも肉体的にもやられますので。


来週9/12(土)は山に行けず。
翌日13日(日)は休みなので、ここで新穂高から赤牛岳の短日ピストンをやる予定です。
いまの状態だと黒岳で心折れるかも。
あっ、雨ならやりません。

追記
空木避難小屋はdocomoが辛うじて繋がりました。auはダメ。
水は無いです。沢を少し降りて汲めなくも無いですが、溜まり水で少し汚いですし期待しないほうが良いです。
池山小屋の分岐の水場が最終。
空木避難小屋、池山小屋はトイレOK。
駒峰ヒュッテはトイレ閉鎖。
posted by 男澤ヒロキ at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/