2020年09月29日

【レース】TJAR書類選考用エントリー

TJAR2022を目指すにあたり、その選考基準の一つであるフルマラソン3:20以内を記録として残しておく必要がある。
私の場合は来年1月1日以降、再来年書類選考提出日になるだろう2022年5月以内に取る必要があります。

今年コロナでレースが潰れたように、いつなんどきにイレギュラーが発生するか分からない。
基準は3:20以内のレース記録が提示出来る事と超シンプルなので、真っ先にクリアしておくべき内容だ。
これを後に残し、仕事が入ったとか、風邪をひいたとかでレースに出れなくてTJAR基準が満たせないとか、そんなイージーミスをしては行けない。
そもそもそんなミスをするレベルならTJAR選手なんてハナから無理だ。

ただこのコロナ状況下、私も全く先が読めない。
石橋を叩きながら一つずつクリアするしかないのだ。
早々に行いたいフルマラソンは、調べた限り中部/関西圏では開催予定が無い。
いまあるのは2021/1/9に千葉県である手沼マラソン。
2/20に横浜こどもの国で行われるチャレンジリレーマラソンだ。

1/9手沼は正月明け一発目の土曜なので私は仕事でダメだ。
必然的に2/20横浜こどもの国リレーマラソンに個人エントリーをした。
マラソン記録を取る為だけに名古屋から横浜まで行くのだ。
しかも一発で3:20以内の記録を作らねばならない中、体調不良とか絶対出来ない。
この先レースが無い可能性があるのだから。

TJAR2022を目指す!と簡単に言ったが、最初から容易では無い事を改めて実感した次第。

これマネされるだろうな〜....。
posted by 男澤ヒロキ at 20:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

【昔話】私は女が好きだ

サバイバル登山家の服部文祥氏のサバイバル家族が先週発売になったのですぐ買った。
7BAC9F51-FC75-47A5-81AA-0F73DA25106F.jpegA0CD4F8D-1D99-4BC7-8771-9859AF858A15.jpeg
赤裸々にその人間性や下心を書いており、1ページに一回爆笑するレベル。
「 面白く無かったら送料込みで返金します 」と服部さんの自信が伺えるが、未だかつてここまで面白く共感できる本は無かった。
これは私の性格を揺るがすレベルのインパクト。
やっぱりここまで振り切らないと登山家じゃないな!

服部文祥氏については次のブログ記事で熱く語ろう。


◼️さて本題
服部さんに因んで、私もある程度振り切ろうと思う。
私が異性に関心を抱いたのは幼稚園5才の頃。
その時からスケベだった。(かも)

◼️ 幼稚園
隣の家に住む、と言っても直接距離で300mの山向こうに住む同い年のミサエちゃんに恋をした。

ミサエちゃんの裸が見たく、部落の温泉旅行の時に母親に同行し女風呂に。
当時は小学生低学年くらいなら混浴は関係無かった。
それをいい事に6才の私め、ミサエちゃんの裸をまじまじ観察。
何故か幸せだったのと自分の身体におかしな変化があった事を覚えている。

ミサエちゃんとは、小学校が別々になった。
私が本校、ミサエちゃんが分校に行ったことで想いは急速に減退。

◼️ 小学生 低学年
本校は同級生が13人しか居なかったが、その中で一際可愛いエミちゃんに恋をした。(小1)

でも私はクラスで一番バカで冴えなかったので相手にされず。
そのまま叶わぬ恋で5年生になる時、分校が本校に統一された。
叶った所で何も無いけど。


◼️小学生 高学年
ミサエちゃんの分校とは別の分校のミドリちゃんと出会う。
もう可愛いったらありゃしない。
「 ミドリムシ〜♡ 」とからかいながら、授業中何度もミドリちゃんを見てしまった。(1時間で100回くらい)

だが、ミドリムシはソフトボール部のキャプテンで4番でピッチャー。
私は野球部も小6なのに小3にレギュラーを奪われ背番号20。
部員20人なのに....最低。
このころ一番死にたかったです。

ま〜結局は小学生なんで付き合うも何も無く中学へ。


◼️ 中学生
中1....まだミドリちゃんが好き。
ミドリちゃん中1でソフトボール部レギュラーでピッチャー。
俺、野球部も声出しとボール拾い。
格差がどんどん開く。

中2.....
もはや中学で1番輝いているミドリちゃんは諦めました。
その後輩なら手が届くだろうと、一学年下のエミちゃんに「 交換日記をやって下さい!2日にいっぺん下駄箱で交換しましょう!! 」告ります。
エミちゃん一応先輩の私を建てる為OK。

ダサいキャラクターノートで始まる交換日記も、2ヶ月で俺からギブアップ。
「 もう転校します。これが最後です。 」と言うドラマみたいなセリフで終止符を打つも、転校なんかするわけない。

でも私めその後もエミちゃんを好きで好きで、その後も平然とアプローチは続けます。(俺すごいな)
でも、一回ウソついてしまったのでもう相手にされず....。
ここでもう2度とウソはつくまいと誓いました。


◼️ 高校生
現登米市の米谷工業高校陸上部監督に箱根駅伝の選手が就任し、強化選手をスカウトしている中、私もその目にかないその高校に行く事に。
隣の元女子校(共学になりたて)の陸上部女子のリエちゃんがめちゃくちゃ可愛い。
お互い自転車での通学時にすれ違うのですが、もう振り返って見るほど好き。

高校になってから何故か私め少しモテ始めます。身長が一気に175cmを越えたからだと思います。

我が校は工業高校とは言っても1学年男子200名に対し女子40名程度居るのですが、そこそこ告られるのです。
でも話たことないけどリエちゃんが好き。

高校2年の時にリエちゃんの陸上部の後輩のユミさんが「 男澤先輩が好きで好きで仕方がありません! 」と告ってきたので、ここで生まれて初めて恋愛交際をすることに。
この子、最初はなんかタイプと違うなぁ〜と思ってたのですが、付き合うと可愛く見えてくるから不思議なものです。
すぐ好きになっちゃいました。

北上川の堤防に座って「 手を握っていい? 」「 うん 」で握った時、自分....チンチコチンとオトコになりましたからね。
でも何が原因かも分からず、しだいに会わなくなり終わりました。
いま思ってもユミちゃんと結婚したかったなぁ〜.....。
一生の後悔です。

◼️ 高校三年
同じ高校のカズコちゃんが気になり結局付き合う事に。
カズコちゃんが私の築100年の実家に遊びに来て一緒に勉強する事に。
ここでその休憩中、手が触れたと思ったらどっちからともなくキスしてしまいました。
もう止まりません。
カズコちゃんを布団に押し倒し、何しかた覚えたないレベル。

ただ失敗しました。
何をどうすれば良いかすら分からなかったのです。
部屋の外にミカンが置いてあったので、この一部始終を母親に聞かれてたのかもしれません。

ちなみにこのカズコちゃん....
30年の時を経てインスタで繋がりました。


◼️ 社会人
YKK駅伝部から勧誘され大学に行かず就職する事に。
一年目は夢中で走りまくります。
この時5,000m14分台で走るほど脚力がついておりました。

19才 駅伝部はモテます。
同じ工場のユミコさんから告られお付き合いをする事に。
その夏.....私めAからいきなりCへ。
初めてのアレ。でも感動薄く....。
この頃田舎にいる事による人生的な損失を察知。
「 田舎女相手にしてるようじゃたかが知れる 」
ビックになる根拠はないものの、陸上部に見切りをつけて横浜を目指します。


◼️ ボクサーへ
20才 横浜で少々浮浪しながらも居住を見つけボクシングを始めます。
警備会社でランドマークタワーの警備員の仕事をしいた時に知り合った埼玉県羽生のケイコちゃんと付き合う事に。

21才 横浜の根岸で同棲。
22才 別れる。(1995)
このケイコちゃんは私の事その後もずっと気にしてたみたいで、私の父親に東日本大震災大丈夫でしたか?とメールをくれたとの事。
多分このブログも読んでいると思う。

23才 なんと高校時代に気になっていたリエちゃんと横浜でバッタリ再開。
濃密な夜を過ごすがそれっきり。

24才 小田原の看護婦ヤスコと大恋愛するも、フタマタをかけられた挙句に振られたので、死のうかと思うほど凹んだ。

25才 川崎のヨウコと出会う。
こいつと結婚するのだなと思い、石巻の実家に連れて行き紹介する。
( 42才の時に品川で再会するが、結婚しなくて良かったと胸を撫で下ろす )

27才 いまの嫁と出会う。
いまになって勢いがありすぎた事を後悔する。

以上
だって男だもの。
もう寝ます。
最後やっつけてしまいスイマセン。

posted by 男澤ヒロキ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日帰り登山】中ア檜尾→将棋頭

ご無沙汰してます。
またまたブログモチベーションが下がり、更新を怠りました....。
言い訳になるにですが、iPhoneで1時間くらいかけて書いてるのでプライベートの時間が少なくなり「そもそもコレって何だろう?」と考えたりもします。

でもブログでアウトプットする事でインプット能力が上がるのかなと思うので、もう一回気を引き締め頑張ります!
今週は3回載せます!!


◼️ 9/26(土)仕事後の19:00名古屋出発で駒ヶ根市へ。当然下道です。
22:30 車の後ろフラットにし就寝。
今年何度目の車中泊だろう。
本当この車買って良かった。


◼️ 9/27(日)
AM1:30起床予定で目覚ましをかけたが、仕事と移動の疲れが酷く起き上がれない。
2:30にしても空木から縦走で桂小場15:00着は行けるので、自分に負けてもう一回寝ます。
これがダメだった。
2:30のアラームも3:30スタートでも頑張れば行けるだろうと延長。
3:30のアラームも檜尾岳ショートカットでいいか。元々そこまで目的ないし。と更に延長。
4:30のアラーム。
いま見ていた夢がとても良かったのでもう一回続きを見る為に寝ます。

5:30 いい加減起きました。
罪悪感しかありません。
もう観光に切り替えようかな。

6:00 菅の台バス停スタート
7EB4CB65-9A54-48AE-9AB9-BBB3FEEB0591.jpeg
身体が重いですしTJAR本戦を想定した装備で6.5kgの荷物です。
登り以外は一応走りました。
6:45 5km400mアップの檜尾登山口到着。
2B930F9E-75B1-4FB2-B405-986A0BE59D78.jpeg
途中バスに何台も抜かれました。
相変わらず圧巻のロープウェイ人気。
その登山?楽しいの??と思わないように走りに専念。こっちの登山は苦行に近いですしね。
私も冬期登山で下山時使ってて、乗る瞬間はホッとするのとワクワクもしますもん。

7:53 赤沢ノ頭
8865196C-2D10-4D0F-BDAD-7F5BD737B485.jpeg
CT 2:50 に1:08でCT40%
ここ1時間切る事を目標にすごく頑張ったんですけどガッカリ。

8:39 シャクナゲピーク
86F8AE03-FF34-47E6-8B20-BF1979612EFE.jpeg
登山口からCT4:50に1:54 CT39%
ここ凄く急で毎度イヤな区間です。

9:23 檜尾岳山頂
D79D1635-7FAE-457E-8EA0-251E46684C41.jpeg
菅の台バス停から3:23。CT38%
登山口から2:38。
タイムは遅いですが、ここまでコーラ500mlだけの補給で燃費だけは少しいいみたいです。

ここで他の登山者と会話を15分ほど。
親子で朝2:00から池山尾根経由で来られた男性。
小学校高学年のお子さんがすごい。
握手を求められたので、両手でギュッとしておきました。


西側に見える伊那川本谷。
4284C3F7-FCDF-4E6C-9EED-54C7BB203ECB.jpeg
お盆に行った山行を思い出す。
この谷はいつまでも見てられる美しい谷だ。

11:10 宝剣岳へ取り付く。
96A26372-B9C5-43BE-B95A-D07C014FA058.jpeg
檜尾からここまで結構エグイです。
エネルギー切れなのか、途中ちょっとヘタレました。
ここまで5組くらいの方と写真撮影をして元気を貰いました。
タイムは悪くなりますが、レースじゃないので嬉しい休憩です。

11:26 宝剣山頂
F62AD101-F608-4C55-9ACF-E3A2176E0A05.jpeg
もう見てるだけで不安になるほどの激混みで、ここから山荘まで渋滞してます。
槍ヶ岳ほどじゃないですけどね。

11:38 宝剣山荘到着
76F52177-95DC-4AA1-8034-4B0FDDA223E0.jpeg
小屋主のチシマさんとシオリちゃんに挨拶。
今年の夏4回目です(笑)
ビールを一本飲んで20分休憩。
菓子パン一個目補充。

12:05 中岳山頂
木曽駒ケ岳を見るとたいそうな人数が。
ここはもうトラバースしようかと思いましたが、累積標高が稼げるので一応真面目に登ります。
6B1CEEE4-AF60-4DA6-BDAE-AE19BBA25AAE.jpeg

12:18 木曽駒ケ岳山頂
58027442-EBA9-4445-B895-D459056E36E7.jpeg
0E41D3B5-2A50-4011-A2BA-6F682428EACC.jpeg
ここはもうノーコメントで。

13:20 西駒山荘到着
1E7889E7-2DCD-46C4-A717-0D35E7DC1C9A.jpeg
あれ?雲行きがおかしいぞ!?
と思ったらいきなりヒョウが降り始めカミナリがバンバン。
冬期小屋に逃げ込み15分くらい待機します。

B53616A2-419C-4F39-9A09-1D64E3C5E852.jpeg
あぁ、写真だと伝わらない....

後はカミナリを気にしながら桂小場まで走って下りました。(意外と長かった)

◼️ 下山後
桂小場駐車場から21km走って菅の台バス停まで帰ろうとしたら、三島のAさんがおり車で送ってもらう事に。
待っててもらった見たいで感謝です。

帰りは東海圏から無くなってしまった幸楽苑で、味噌ラーメンを食べてまたまた下道で名古屋まで。
20時到着です。

月曜の仕事がキツくなるので、緩めに設定しましたが、往復の運転も入れるとやっぱりクタクタ。
でも単日での縦走も充実感あってそこそこ楽しいです。
雨だと苦行ですけどね。

CF369301-C027-434E-BD73-089DE4ED6DD2.png
posted by 男澤ヒロキ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

【登山】日帰りピストン新穂高⇄水晶


20/9/13は北アの新穂高へ。

休みが単日だったので当社計画していた上市駅から剱岳経由の薬師峠は中止にし、日帰りピストンを久々チャレンジしようと思った次第。
今回はTJAR2018の大坪穂高選手が急遽のこの企画に付き合ってくれるとの事。
垣内選手が高山市で近いので、もしかしたらと思い当日にグループスレッドに書き込んだところ、大坪選手が「 白山行く予定だったけど、そっちにします! 」との事。
フットワークの軽さはTJAR選手の中で指折りの彼です。感謝。


◼️9/12(土)
仕事後に国道41号線で名古屋から新穂高へ。
到着は21時。
ビール2本飲み車中泊します。

◼️9/13(日) 0:30起床
1:00 大坪穂高くんと新穂高の無理駐車場をスタート。
D0228891-1B30-4819-8CDD-C6FFDCFDD92B.jpeg
向かう先は約28km先の赤牛岳。

この日は天気が悪い予報ですが、午後に雨降る予報なので朝までが勝負。
ところが最初のわさび平までの林道5kmがツライくて平坦な部分しか走れない。
当初コースタイムの50%の設定で余裕と思っていたのが結構キツイ。
「 ここ設定CT厳しくない? 」
初めから愚痴を言ってしまう。
鏡平山荘手前から雨が降ってきたので上だけカッパを着る。

「 眠い眠い、辛い辛い 」言いながら3:49(2:49)弓折分岐に。
153FFAE7-3297-43AA-BEF1-7E0A311900FA.jpeg
CT6:10に2:49だから45%。
途中の鏡平山荘で10分休憩してるので先ず先ず。
雨の中菓子パンを食べる。

4:20 双六小屋到着。CT50%
FEE37728-64EC-40A7-8227-AA9403535B50.jpeg
ここで下のレイン着用。
雨の中15分の大休憩。早くも疲れてます。
何が楽しくて夜の雨の中歩いてるの?自問自答します。
1人なら間違いなく引き返してました。
だって下山してお風呂入りたいもの。ヒロキ

三俣山荘へは巻道を選択。
10年ぶりの巻道ですが相変わらず何かイヤ。

6:00 三俣山荘到着
E55C288B-4426-48C5-B614-D3F75CD19A4E.jpeg
この区間CT 2:20に1:20くらいかかり嫌気が。
雨が本降り。
もう帰りたいったらありゃしない。
小屋で休もうかと考えたが、今年はどうも小屋に入り難い雰囲気なので、また雨の中半分濡れた菓子パンを食べます。

鷲羽岳は水晶経由が楽だと考え、黒部源流コースへ。
途中大坪穂高くんが睡魔と格闘。
仕事終わってから車で移動して、2時間くらいしか寝て無いので辛そう。
「 無理しないで立ちながら1分だけ寝ていいよ 」と声を掛けてあげます。


7:36 水晶小屋到着
7EDDD245-7F5B-427A-A441-75BBA84B5AE2.jpeg
この区間CT2:20に1:36と何とCT68%。
必死なのに何でこんな遅いの?(雨だし眠いから)
ここで赤牛岳まで行くか検討しますが、雨も風も強い事とCTに対し時間が掛かっている事から水晶ピストンに下方修正。
小屋でカップ麺を食べたら結構回復しました。

8:27  水晶岳山頂
F1051FA4-2634-43B2-818C-060E6412BAE0.jpeg0BB7DC5E-1AB5-4219-B0A9-B0AE650B6655.jpeg
一回目のカミナリがゴロゴロと遠くに聞こえ始めます。
そしてとにかく寒い。
今日は予想以上に天気が悪い。


◼️カミナリが目の前に落ちる
一回目のカミナリの音が遠くに聞こえて10分後くらいの8:40 水晶小屋手前50m。
この日二回目のカミナリが目の前に横一閃に走り落ちました。
2人ともハイマツ帯で伏せます。
若干焦った大坪穂高くんが「 ヤバイ!! 」とダッシュで小屋に向かって走り出します。
私は立ち上がるのが怖く、四つん這いで小屋を目指し稜線から外れたところからダッシュ。

小屋には同じく逃げ込んだ3人の登山者がおり、無事の生還を喜び合います。

まだ3名が水晶岳付近の稜線に居るので心配でしたが、その3名も20分くらいしたら小屋に逃げ込んで来たので一安心。
他の山小屋からも無線で安否の確認があった程。

その後もカミナリが光りまくります。
音の速さは毎秒約330mなので、30秒以上経てば少し安心出来ますが、光ってから4秒から10秒以内に音が聞こえるので危険区域。
小屋でホットコーヒーを飲みながら、先程の恐怖を語り合いました。

あと5秒速く進んでいたら打たれていたと思います。

10:00 雨が小降りになり、カミナリの頻度が少なくなった所で小屋に御礼をいい三俣山荘へ向かいます。
出来る限り稜線に行かぬようにと鷲羽岳は帰りも割愛。
かと言って黒部源流のルートは沢になっており、その流れに足を取られぬよう歩きます。
76F849AA-1C88-44CD-8A01-E1B940EE6261.jpeg

12:30 双六小屋到着
05D2EB58-4686-4A4D-8C96-E091A3F43A7B.jpeg
ここでこの日唯一の景色が見えます。
雨も上がったのでレインを脱ぎたいのですが、風が強く寒いため止めておく事に。
鏡平山荘までレインとダウンを着たまま歩きます。

13:45 鏡平山荘到着 (15分休憩)
DE06C9BB-3814-4849-B1E6-0D8821486651.jpeg
夜見た時は大掛かりな外装工事中で、今年営業してないのかと思いましたが、宿泊含めしっかり営業をされてました。(事前にHPで営業と確認してました)

ここでハニーアクションにジェルを投入。
そこから身体がスムーズに動くようになり、16:00に新穂高へ下山。
5B971D33-1451-4C64-B874-EC5591DD7DCB.jpeg
この鏡平山荘から新穂高までCT3:35に2時間です。55%
8E78A6C9-2E2A-46A4-ACAD-61AC61E4EA04.png
YAMAPに掲載しましたが、誰も見てくれません。
別にイイネが欲しい訳でも無いですが、どうも自分が求めているものと大きく乖離しているのでもう止めます。
この分の時間が無駄。


◼️下山後
17:00〜深山荘でお風呂に入り、高山市内の「 国八食堂 」で大坪穂高くんとディナー。
ここのホルモンは最高!
今度は車中泊前提でビールも飲みたいと思います。

20:00 帰路につきますが、とにかく眠い。
22:00 自宅到着。


◼️最後に
トレーニングの為たまにはワンデイ登山の攻め攻めバージョンも良いと思いました。
今の自分の縦走するレベルが測れますからね。

今日は睡魔とヒザ痛との戦い。
あー眠い....今日一日よく頑張った。

ここで赤牛ピストンを計画する方いたら天気が良い日じゃないと難しいです。
0時出発で夕方下山をマストにしないと次の日の仕事にかなり響くと思います。

20日(日) 予定していた南アの福川バリエーション登山ですが、来週は一週休んで仙台に帰ろうと思います。

ブログも大事だけど早く寝たい。
今回は景色も無く雨の中、眠気と戦いながらただひたすら黙々と歩くと言う苦行。
身体に悪い登山でした。

またやりますけどね。
posted by 男澤ヒロキ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

【変革】食事を意識してます



去年11月末から下痢に悩んでました。
5月大腸カメラで検査するも問題無し。
医者からは「 お酒止めれば治る 」と言われ頻度や量を減らしましたが、一様に改善されません。
医者「 歳により急に体調が悪くなる。そう言う年齢 」

これは一生付き合って行くしか無いかなと半ば諦めてました。


◼️ある出会いで食事意識が変わった
お盆に伊那川源流をやり終え宝剣小屋でビールを飲んでいた際、隣のテーブルにいたお客さんと会話になりました。
この方46歳の女性で看護師との事。

でも35歳くらいにしか見えないのです。
しばらく会話する中で、美容への食事に対する意識が高く色々と教えてくれます。
「 大事なのはタンパク質。アスリートなら自分の体重の2倍のグラム数を毎日取るのをお勧めします 」と。
なんでもこの方毎日タマゴを8個食べているとの事。
コルステロールが気になりますが、健康診断や検査を定期的に入れているが全く問題が出ていないとの事。

「 身体にある60兆個の細胞を生まれ変わらす 」そんなイメージなそうな。
普段の食事では足りない栄養素はサプリで補完しておられました。


◼️早速タンパク質意識の食事へ
炭水化物と糖質も合わせ意識した食事に切り替えます。
B661B1ED-1649-4D51-AD14-F0666478555F.jpeg
とりあえず主食から米を抜き、豆腐や納豆、野菜、タマゴ、魚へ出来る限りシフトさせます。
TJAR2018前はお肉を抜きだいぶ体調がよくなったので、その部分も少し意識。
登山した時に頑張ったご褒美にジンギスカンを食べるくらい。
ジャンク系は完全シャットアウト。

◼️結果
これらに食事を変えた所、3日もしないうちに下痢がピタッと止んだのです。
キレイなバナナのような排便。
10ヶ月近くずっとスプラッシュだったから、もう嬉しくて嬉しくて友人や嫁にメールしまくりました。

体重も3kgくらい減量。
体脂肪率も3%で13〜14%に。

夜お酒飲んじゃうんですよね。
これ無ければもっと効果的面なのですが、これだけは止めれません。
レースが迫ると止めれますが。
しかも最近日本酒が好きだと言う。

でもビールは糖質ゼロ、プリン体ゼロ、人工甘味料ゼロにしました。
お摘みも魚や野菜に。

これらの食事ですが、意外と腹持ちが良いんです。
昼食後の睡魔も少し収まりました。

もちろん足らない栄養素があるので、もう少し自分でどれがどれだけ必要なのか勉強したいと思います。

その看護師さん曰く2年後に大きく成果が出るとの事。
栄養学の宗教入ったように取り憑かれてますが、これはこの先もずっと意識して行きたいと思います。

なんだかんだで、老後も考えるとお金よりも健康が大事ですもの。

posted by 男澤ヒロキ at 09:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/