2020年09月14日

【登山】日帰りピストン新穂高⇄水晶


20/9/13は北アの新穂高へ。

休みが単日だったので当社計画していた上市駅から剱岳経由の薬師峠は中止にし、日帰りピストンを久々チャレンジしようと思った次第。
今回はTJAR2018の大坪穂高選手が急遽のこの企画に付き合ってくれるとの事。
垣内選手が高山市で近いので、もしかしたらと思い当日にグループスレッドに書き込んだところ、大坪選手が「 白山行く予定だったけど、そっちにします! 」との事。
フットワークの軽さはTJAR選手の中で指折りの彼です。感謝。


◼️9/12(土)
仕事後に国道41号線で名古屋から新穂高へ。
到着は21時。
ビール2本飲み車中泊します。

◼️9/13(日) 0:30起床
1:00 大坪穂高くんと新穂高の無理駐車場をスタート。
D0228891-1B30-4819-8CDD-C6FFDCFDD92B.jpeg
向かう先は約28km先の赤牛岳。

この日は天気が悪い予報ですが、午後に雨降る予報なので朝までが勝負。
ところが最初のわさび平までの林道5kmがツライくて平坦な部分しか走れない。
当初コースタイムの50%の設定で余裕と思っていたのが結構キツイ。
「 ここ設定CT厳しくない? 」
初めから愚痴を言ってしまう。
鏡平山荘手前から雨が降ってきたので上だけカッパを着る。

「 眠い眠い、辛い辛い 」言いながら3:49(2:49)弓折分岐に。
153FFAE7-3297-43AA-BEF1-7E0A311900FA.jpeg
CT6:10に2:49だから45%。
途中の鏡平山荘で10分休憩してるので先ず先ず。
雨の中菓子パンを食べる。

4:20 双六小屋到着。CT50%
FEE37728-64EC-40A7-8227-AA9403535B50.jpeg
ここで下のレイン着用。
雨の中15分の大休憩。早くも疲れてます。
何が楽しくて夜の雨の中歩いてるの?自問自答します。
1人なら間違いなく引き返してました。
だって下山してお風呂入りたいもの。ヒロキ

三俣山荘へは巻道を選択。
10年ぶりの巻道ですが相変わらず何かイヤ。

6:00 三俣山荘到着
E55C288B-4426-48C5-B614-D3F75CD19A4E.jpeg
この区間CT 2:20に1:20くらいかかり嫌気が。
雨が本降り。
もう帰りたいったらありゃしない。
小屋で休もうかと考えたが、今年はどうも小屋に入り難い雰囲気なので、また雨の中半分濡れた菓子パンを食べます。

鷲羽岳は水晶経由が楽だと考え、黒部源流コースへ。
途中大坪穂高くんが睡魔と格闘。
仕事終わってから車で移動して、2時間くらいしか寝て無いので辛そう。
「 無理しないで立ちながら1分だけ寝ていいよ 」と声を掛けてあげます。


7:36 水晶小屋到着
7EDDD245-7F5B-427A-A441-75BBA84B5AE2.jpeg
この区間CT2:20に1:36と何とCT68%。
必死なのに何でこんな遅いの?(雨だし眠いから)
ここで赤牛岳まで行くか検討しますが、雨も風も強い事とCTに対し時間が掛かっている事から水晶ピストンに下方修正。
小屋でカップ麺を食べたら結構回復しました。

8:27  水晶岳山頂
F1051FA4-2634-43B2-818C-060E6412BAE0.jpeg0BB7DC5E-1AB5-4219-B0A9-B0AE650B6655.jpeg
一回目のカミナリがゴロゴロと遠くに聞こえ始めます。
そしてとにかく寒い。
今日は予想以上に天気が悪い。


◼️カミナリが目の前に落ちる
一回目のカミナリの音が遠くに聞こえて10分後くらいの8:40 水晶小屋手前50m。
この日二回目のカミナリが目の前に横一閃に走り落ちました。
2人ともハイマツ帯で伏せます。
若干焦った大坪穂高くんが「 ヤバイ!! 」とダッシュで小屋に向かって走り出します。
私は立ち上がるのが怖く、四つん這いで小屋を目指し稜線から外れたところからダッシュ。

小屋には同じく逃げ込んだ3人の登山者がおり、無事の生還を喜び合います。

まだ3名が水晶岳付近の稜線に居るので心配でしたが、その3名も20分くらいしたら小屋に逃げ込んで来たので一安心。
他の山小屋からも無線で安否の確認があった程。

その後もカミナリが光りまくります。
音の速さは毎秒約330mなので、30秒以上経てば少し安心出来ますが、光ってから4秒から10秒以内に音が聞こえるので危険区域。
小屋でホットコーヒーを飲みながら、先程の恐怖を語り合いました。

あと5秒速く進んでいたら打たれていたと思います。

10:00 雨が小降りになり、カミナリの頻度が少なくなった所で小屋に御礼をいい三俣山荘へ向かいます。
出来る限り稜線に行かぬようにと鷲羽岳は帰りも割愛。
かと言って黒部源流のルートは沢になっており、その流れに足を取られぬよう歩きます。
76F849AA-1C88-44CD-8A01-E1B940EE6261.jpeg

12:30 双六小屋到着
05D2EB58-4686-4A4D-8C96-E091A3F43A7B.jpeg
ここでこの日唯一の景色が見えます。
雨も上がったのでレインを脱ぎたいのですが、風が強く寒いため止めておく事に。
鏡平山荘までレインとダウンを着たまま歩きます。

13:45 鏡平山荘到着 (15分休憩)
DE06C9BB-3814-4849-B1E6-0D8821486651.jpeg
夜見た時は大掛かりな外装工事中で、今年営業してないのかと思いましたが、宿泊含めしっかり営業をされてました。(事前にHPで営業と確認してました)

ここでハニーアクションにジェルを投入。
そこから身体がスムーズに動くようになり、16:00に新穂高へ下山。
5B971D33-1451-4C64-B874-EC5591DD7DCB.jpeg
この鏡平山荘から新穂高までCT3:35に2時間です。55%
8E78A6C9-2E2A-46A4-ACAD-61AC61E4EA04.png
YAMAPに掲載しましたが、誰も見てくれません。
別にイイネが欲しい訳でも無いですが、どうも自分が求めているものと大きく乖離しているのでもう止めます。
この分の時間が無駄。


◼️下山後
17:00〜深山荘でお風呂に入り、高山市内の「 国八食堂 」で大坪穂高くんとディナー。
ここのホルモンは最高!
今度は車中泊前提でビールも飲みたいと思います。

20:00 帰路につきますが、とにかく眠い。
22:00 自宅到着。


◼️最後に
トレーニングの為たまにはワンデイ登山の攻め攻めバージョンも良いと思いました。
今の自分の縦走するレベルが測れますからね。

今日は睡魔とヒザ痛との戦い。
あー眠い....今日一日よく頑張った。

ここで赤牛ピストンを計画する方いたら天気が良い日じゃないと難しいです。
0時出発で夕方下山をマストにしないと次の日の仕事にかなり響くと思います。

20日(日) 予定していた南アの福川バリエーション登山ですが、来週は一週休んで仙台に帰ろうと思います。

ブログも大事だけど早く寝たい。
今回は景色も無く雨の中、眠気と戦いながらただひたすら黙々と歩くと言う苦行。
身体に悪い登山でした。

またやりますけどね。
posted by 男澤ヒロキ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

【変革】食事を意識してます



去年11月末から下痢に悩んでました。
5月大腸カメラで検査するも問題無し。
医者からは「 お酒止めれば治る 」と言われ頻度や量を減らしましたが、一様に改善されません。
医者「 歳により急に体調が悪くなる。そう言う年齢 」

これは一生付き合って行くしか無いかなと半ば諦めてました。


◼️ある出会いで食事意識が変わった
お盆に伊那川源流をやり終え宝剣小屋でビールを飲んでいた際、隣のテーブルにいたお客さんと会話になりました。
この方46歳の女性で看護師との事。

でも35歳くらいにしか見えないのです。
しばらく会話する中で、美容への食事に対する意識が高く色々と教えてくれます。
「 大事なのはタンパク質。アスリートなら自分の体重の2倍のグラム数を毎日取るのをお勧めします 」と。
なんでもこの方毎日タマゴを8個食べているとの事。
コルステロールが気になりますが、健康診断や検査を定期的に入れているが全く問題が出ていないとの事。

「 身体にある60兆個の細胞を生まれ変わらす 」そんなイメージなそうな。
普段の食事では足りない栄養素はサプリで補完しておられました。


◼️早速タンパク質意識の食事へ
炭水化物と糖質も合わせ意識した食事に切り替えます。
B661B1ED-1649-4D51-AD14-F0666478555F.jpeg
とりあえず主食から米を抜き、豆腐や納豆、野菜、タマゴ、魚へ出来る限りシフトさせます。
TJAR2018前はお肉を抜きだいぶ体調がよくなったので、その部分も少し意識。
登山した時に頑張ったご褒美にジンギスカンを食べるくらい。
ジャンク系は完全シャットアウト。

◼️結果
これらに食事を変えた所、3日もしないうちに下痢がピタッと止んだのです。
キレイなバナナのような排便。
10ヶ月近くずっとスプラッシュだったから、もう嬉しくて嬉しくて友人や嫁にメールしまくりました。

体重も3kgくらい減量。
体脂肪率も3%で13〜14%に。

夜お酒飲んじゃうんですよね。
これ無ければもっと効果的面なのですが、これだけは止めれません。
レースが迫ると止めれますが。
しかも最近日本酒が好きだと言う。

でもビールは糖質ゼロ、プリン体ゼロ、人工甘味料ゼロにしました。
お摘みも魚や野菜に。

これらの食事ですが、意外と腹持ちが良いんです。
昼食後の睡魔も少し収まりました。

もちろん足らない栄養素があるので、もう少し自分でどれがどれだけ必要なのか勉強したいと思います。

その看護師さん曰く2年後に大きく成果が出るとの事。
栄養学の宗教入ったように取り憑かれてますが、これはこの先もずっと意識して行きたいと思います。

なんだかんだで、老後も考えるとお金よりも健康が大事ですもの。

posted by 男澤ヒロキ at 09:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

【登山】まったり空木岳

2020/9/5-6の土日は空木岳へ。
空木岳は剱岳の次に好きな山で、TJAR2018のNHKでも「 空木サイコー! 」と言うシーンが放映されております。
何がイイって、駒峰ヒュッテと駒石あたりのキレイな稜線の下山ルート。
大地獄小地獄、迷い尾根と飽きない事。
木曽殿からのキツイ登り。
御嶽も南アも一望出来るのステキな山なのです。
だから年に一度は登っておきたい。
名古屋から近いのもイイ。

ただTJARの時は地獄。
池山尾根の長い下りがヒザを痛めつけるし、最後の九十九折は飽きと眠気が来て精神的に辛い。
楽しくも厳しい山なのです。

◼️9/5(土) 朝3時に起きて下道の国道153号線で駒ヶ根市へ。
僅か2時間30分で到着。
駒ヶ根のセイユーで少し仮眠して買い物。

8:00 空木岳登山口駐車場スタート。
今回は17kgと軽めなのですが、出足は身体が思うように動きません。
途中の林道最上部の駐車場に出たところに、伊豆の国市のKさんが休憩しておりました。
聞けば檜尾岳まで行くか、天気次第で空木の避難小屋にするとの事。
それならば一緒に登りましょうとなりました。

6489BF9E-3457-4985-8D3D-6E5B65E16EAB.jpeg
途中で男性1名と、男性2名を抜きましたが、彼らは空木避難小屋に泊まるとの事。
私は駒峰ヒュッテのテラスあたりにゴロ寝か、小屋内の土間で寝ようかと思ってましたが、空木避難小屋の方が楽しそうなので下方修正をします。

12:20 空木避難小屋到着
Kさんは先に行ってくださいとの事で離れてしまったので一人です。
早速ビールを一本一気飲みし、沢を降りて水を汲みに行きます。

13:30 Kさんや男性登山者4名がほぼ同時に到着。
時間が早過ぎてヒマなので仮眠し15:00からジンギスカン開始。
福岡から来られた女性2名も加わり会話が弾みます。

D344B82C-1397-406B-89A9-CF1008DDD9CF.jpeg

16:30頃少し空が開けて来たので、横浜から来られた男性を引き連れて空木岳ピストン。
C9DE55C5-68ED-4265-AC35-D04DC5EA2C03.jpeg
この男性一年に一度限定でアルプスに登られているとか。

17:30 避難小屋に戻りそこからビール7本と日本酒900ml、ワイン750mlをほぼ飲み干しました。
途中から記憶が有りません。
確か山に向き合う姿勢を語ったような....。
誰かに頼うのあり気の登山はダメだとか....。
お恥ずかしい。

そして酔っ払ってトイレ掃除をしていた。


◼️9/6(日)
朝4時に起きると雨が降っていた。
イビキを相当かいたのだろう、喉チンコが痛い。
また6時まで爆睡。

外でみんな騒いでいるので自分も飛び出したら、空木岳にキレイに虹がかかっていた。
DE60068A-7FBA-4732-B287-0F30535E7C52.jpeg

グダグダしながら8時頃から又山頂に向かう。
2FECBFB3-A1E4-427C-BAD2-0B6B3B17632D.jpeg
山頂付近だけガスガス。
少し駒峰ヒュッテのテラスで寝てガスが取れるのを待ったが全然ダメ。
諦めて9時に下山開始。

12:30 登山口駐車場到着。

コマクサの湯に入り食事。
ここで東京から来られた三木さんと言う方から声をかけられます。
この方100高山(その名のまま日本の高い山上位100座)を狙っており、今回は三ノ沢岳を登ってきたとの事。
ちょうど先週祖母谷温泉に行ったメンバーが、これらを100高山を一筆書きしようとしていた事もあり、細かな部分の話に花が咲きました。

一筆書きは1ヶ月は掛かるだろうな〜。
いまの自分には悔しいが出来ない。
ただ考えるだけでワクワクします。

こんな感じのまったりとした二日間の空木岳登山でした。
よく質問で毎週追い込んでいるのか聞かれますが、4回に1回くらいしかやってません。
TJAR前は毎週やりますけど、かなり精神的にも肉体的にもやられますので。


来週9/12(土)は山に行けず。
翌日13日(日)は休みなので、ここで新穂高から赤牛岳の短日ピストンをやる予定です。
いまの状態だと黒岳で心折れるかも。
あっ、雨ならやりません。

追記
空木避難小屋はdocomoが辛うじて繋がりました。auはダメ。
水は無いです。沢を少し降りて汲めなくも無いですが、溜まり水で少し汚いですし期待しないほうが良いです。
池山小屋の分岐の水場が最終。
空木避難小屋、池山小屋はトイレOK。
駒峰ヒュッテはトイレ閉鎖。
posted by 男澤ヒロキ at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

【登山】祖母谷温泉でビール&ジンギスカン会(2日目)

続き
2020/8/30(日) 
祖母谷温泉テント場

◼️2日目
朝4時に目が覚めると雨は止んでいた。
標高780mと低い事と寝る前に温泉に入った事で、持ってきたヴィヴィ(寝袋カバー)すら使わず、テント内でゴロ寝で朝まで寒さを感じず。
シュラフを持って来なくて正解。

朝から温泉に入ったり、朝食を食べたり各々ゆっくりと過ごす。

5:30
祖母谷温泉の女将さんに挨拶し、唐松岳へ繋がる餓鬼尾根に取り付いた。
D022D61E-E322-46A0-AB6C-3A214FE09BC9.jpeg

餓鬼尾根ルートは最初から急登。
沢の横を登るが、結構な雑草と高度があり厄介。
私は先頭でポール、大原さん、竹内さんの順で進むがいきなり大原さんが身体半分滑落。
一瞬「 落ちた! 」と焦ったが大事に至らずホッとする。
B1A19336-125C-49C4-B622-EB041490F72E.jpeg
雨で濡れた登山道が気持ち悪い。

祖母谷温泉からCT2:40の南越峠で女性が一人で降りて来たので驚いたが「 登山道だから別に.... 」と玄人発言。
男澤「 あはは....(滝汗) 」
女性一人で前日に餓鬼避難小屋目指している時点でそれなりの熟練者だろう。
その5分後に同じく前日餓鬼避難小屋に泊まったと言う男性3名とすれ違う。
これから私達が向かう餓鬼山への登りがかなり厄介との情報。

餓鬼ノ田圃通過。
写真撮らなかったが軽くその美しさ?不思議さに感動。
そしてヘビが多い。
大原さんがヘビ嫌いなので、最初は見つける度に「 ここにヘビ居るからねー 」と教えてあげたが、2日目ともなるとその度に騒がれるのが面倒になり、見つけたヘビはストックでチョンと刺して大原さんが来る前に意図的に逃した。
私はマムシだろうが手掴みで捕まえる事が出来るが「 もしそれやったら本気で怒る 」と据わった目で言うのでやめておいた。
一見ワイルドに見える大原選手だが実は上品である。


8:30
餓鬼避難小屋到着( 1,850m付近)
408FDA28-6BFA-48A0-A793-C55AC0FD62C8.jpeg
CT4:50に3:00と遅めだが、これでも結構頑張って登った。
ここもキレイな小屋で毛布付き。
唐松山荘のdocomo電波が届いており、下山する方はここから唐松山荘に無事を連絡するとの事。(唐松山荘ご主人)

ここから噂の餓鬼山登りだが、事前に厄介な旨を聞いていたのでそこまで苦にならない。
鎖場と階段が少しある。
ただ下りだと不安定で嫌らしいルートではある。

9:34 
餓鬼山(2,128m)到着
86F99AB2-86B3-4122-8FA2-C401B29063E5.jpeg
すぐ近くに子熊の鳴く声が聞こえた。
その子熊は見えないまでも、ずっと餓鬼山山頂まで付き合ってくれた。
母熊と離れたのか不安なのだろう。

餓鬼山を唐松に下る途中で女性2名とすれ違う。
大阪から来られたと言うこの女性。
今日中に下山して大阪に帰るとの事。
60歳前後に見えたが、それでも前年清水尾根を降りているので、相当やり込んでいるのだろう。
でも、欅平駅の終電は厳しいのでは無いか。
( 後から聞いた唐松山荘からの情報では、CT5:00の餓鬼避難小屋に5:30で下山したとのこと。そこからCT3:30の祖母谷温泉に泊まったか16時34分の欅平駅終電にギリギリ間に合ったかだろう)

10:46
大黒銅山到着( 1,800m )
2F973E4C-8EF4-49C8-A43F-11D2BF3F0DC5.jpeg
明治時代の銅山です。
ここまで痩せ尾根を300mほど降りました。
昔作業員が使っていた水場が近くにありますが、2L以上まだ水筒にあったのでスルー。
アブが多く噛まれまくります。

そこから800mの唐松岳まで急登が続きます。
EAA278B2-54C8-4066-8957-67201266D670.jpeg
暑くて苦しい登り。
さっき通過した餓鬼山が後ろに大きく見えます。

3CC9EC4B-E046-44BD-AC98-C40F453D1B0C.jpeg
唐松岳への最後は鎖場ですが、高度感無いのでそこまで気にしませんでした。

13:20
唐松山荘到着
6D167F62-03AD-4454-B72F-4E74F981336D.jpeg
祖母谷温泉から約8時間です。
ここで大休憩しているとトレイルランナーが近づいて来ました。
ほぼ全員友達で扇沢から縦走してきたとの事。

一緒に記念撮影。
1F363277-3CF0-4E1F-8EFA-D98FDE0BDA60.jpeg

サンバイザーや鉢巻。原色カラーTシャツにモントレイル。
なんかこう言うトレイルランナーは好きだな〜。
今どきの(?)アースカラーでグラサンでツバタンでウェーイ系じゃ無くて....。

このトレラン友達達は信越五岳100k優勝者と比叡山の女子優勝者ですからね。強い。
男性もUTMF60位代。
オーラがありました。

◼️ 下山
下山は八方尾根からゴンドラを利用しポールの車で猿倉へ。
17:30に温泉へ行き、大原さんを松本駅まで送って23時名古屋の自宅に到着。

楽しい二日間でしたが、このコースの二度目は無いな(笑)
ポールとはこの冬も登山を共にする計画ですが、ここは外したい。

先に書いた9/12TJARコース試走はどうでも良くなりました。多分やりません。

それくらい今回疲れ果てました。
白馬はやっぱり遠いな〜。
posted by 男澤ヒロキ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/