2020年08月10日

【登山】20/8/9 白馬岳

【続き】
8/8爺ヶ岳日帰りから大町エネルギー館、山岳博物館、恋人の聖地と大町観光を堪能。
8/9はこれまた急遽白馬岳に、小谷村のアメリカ人ポールと登る事になりました。


◼️ 8/9(日) AM4:20 起床
5時に白馬八方付近でポールと待ち合わせしていたので、大町から車で向かいます。
5:00 ポールと合流も雨が少し降ってました。
5:30 猿倉登山口到着。
雨雲レーダーを見ると、あと1時間で晴れるとの情報。
結構本降りになって来たので車で待機します。

7:00 全然止みません。
雨雲レーダーを見ると次から次へと後立山に雨雲が発生。ダメじゃん、これ。
もう意を決して雨の中登り始めます。
DADCCC95-4DD8-4CF5-A390-2E264C0CD457.jpegBE182509-04EE-4FE7-AE52-E19C80D20A8B.jpeg
大雪渓は20分程度で簡単に終えました。
土が被ってて全然滑らなかったです。

566C2786-9278-458A-8CF6-DE2D12A9C991.jpeg45CF6D12-138D-4093-BE6F-491F768979BF.jpeg
全く感動無し。
途中落石と言うか大きな崩壊が歩いているすぐ隣で発生。
あんなに大きく山肌が崩れるのを見たのは初めてです。
アイゼンを脱ぐ団体が落石がしそうな場所のすぐ下にいるのが気になる。

白馬岳頂上宿舎下の避難小屋で10分休憩。
雨に濡れており休むとすごく寒いです。

9:30 頂上宿舎到着
EE7EA941-4A33-4BFF-B8D0-AFDCADD06FBD.jpeg
小屋が好きな私は5分くらい内部を見学。
すごく泊まりたい!
でも今年は予約いっぱいで無理かな??

10:00 白馬山荘到着
43AB2A75-1F2A-4BA1-A86E-FB0E05476018.jpegBA92DDDB-41A8-4D8D-95E3-A36B37CDB75D.jpeg
ここで一日マッタリとしたいな〜。
他の登山者と喋ったりコーヒー飲んだりで30分の大休憩。

10:40 白馬岳頂上(初!)
E7142346-2327-4449-BD6D-4ABE775AF626.jpeg
暴風雨です(笑)
TJARみたいでこう言うの過酷な感じがすごくいい。
懐かしい!と一人でニタニタ笑みが溢れました。

ここから白馬大池へ降りて栂池からゴンドラ です。
22183588-D278-4504-90DA-012F8DEADFDC.jpeg
山頂付近にライチョウいました。

BCD8BE2B-3CB7-4F12-823B-C9E93D2AA1FB.jpeg
あとは走って小蓮華岳へ。

途中知り合いのトレイルランナーと会います。
7B8FCEC5-AD6C-45D7-80FE-E674FF477A50.jpeg

徐々に視界が開け始めます。
6C31DDDD-7A02-43E8-A851-314BCF690EAA.jpeg
B06A805B-E3A2-446F-87BB-CD559C04610B.jpegD75C50CD-187D-4564-8D5A-FAAC5DCB07E2.jpeg
白馬大池がキレイ!

ポールがガンガン走るのですが速すぎて付いて行けません。

12:00 白馬大池到着
C3C0D999-9C63-4611-A30A-B29538A7CD5C.jpeg
20分くらい休憩し後は岩岩な白馬乗鞍岳へ。
449EAE8E-0E05-448D-9C15-790F61DF6ED0.jpeg6326C69D-804E-4C2B-9474-7C79788C1C1F.jpeg
ここ丘みたいな山です。

13:30 ゴンドラ 駅到着
8EDCB4F9-CD35-44C2-B445-5C36B5CA6FC8.jpeg6EEF766C-79C9-441B-B1BC-1F79691B3DB6.jpeg
岩場が泥で滑るのでかなり気疲れしました。

EDA31B6D-566D-4432-B432-1E0E306B7916.jpeg
ポールに小谷村名物のサルナシのソフトクリームを奢って貰います。

後はゴンドラで楽チン下山。
02CB48DE-CB12-462E-B71D-D6455D1ACA25.jpegA06289A0-4647-48E0-9453-A767BBE39A80.jpeg
一番下まで2,000円です。
30分に一本くらいの間隔かな?
時間ギリギリで乗れました(汗)

下の駐車場前のイコイと言うレストランで名物の唐揚げ定食を堪能。
C36C8BBA-6FBD-44AD-B96E-E1BBC941BD22.jpeg
CC9311D1-80DE-4E2F-B05A-4570987A01A8.jpeg
これまたポールにご馳走してもらいました。

後は栂池高原スキー場前にデポしておいたポールの車で猿倉へ行き私の車を回収。
そこでポールとお別れ。
A5216E73-EF9C-44CA-83E9-4B377606A17F.jpeg

このコースは楽しいですね!
ガイドしてくれたポールに本当感謝です!
次は天気のいい日に登りたいなー。

◼️帰り道
二日連続で登山してる割に疲れて無いので、これまた下道で名古屋までコンプリートを目指します。
928BA6B8-C628-47C6-9A4B-9DAD96C0CB87.png
16:30 白馬村出発
塩尻あたりで高速道路に乗りたくなりましたが、目の前のバイクのお兄さんがザック背負って同じルートを帰ってるではありませんか。

横浜ナンバーの400ccのバイク。
きっと下道で横浜まで帰るのだろう。
お金無くても意地でも山に行きたい方で、なんかすごく共感出来る。
バイクだともっと疲れるだろう。
それに比べ俺は車でエアコンかけながら.....
決めた!絶対高速道路使わない!!

彼のおかげでエアコン止めてオール下道を貫き通し21:30自宅到着。
白馬村から5時間だから全然余裕です。
往復約550kmでした。

また今月末ポールとTJAR選手のもう1人加えて、白馬岳と祖母谷温泉にライト宴会登山で行く計画です。

今回かなり充実した二日間でした。
やっぱり登山は楽しい!
posted by 男澤ヒロキ at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【登山】20/8/8爺ヶ岳 敗退?で“鉄拳“の旅

20/8/8-9(土日)は休暇が取れたので何処か山に泊まりに行く事に。
変わりに10日山の日が休みじゃなくなりました。
8日はどうしても携帯圏外に行けなかったので、まったりと登山とします。


◼️8/7(金) 
またも仕事が終わってから19号で長野県に向かいます。
この時点で行き先未定。
@ 安曇野から蝶ヶ岳経由の西岳ヒュッテテント泊。一度泊まりたかった。
A 行った事のない白馬付近
B 行った事のない扇沢からの柏原新道で爺ヶ岳

この3つと考えます。
北アの天気はイマイチの予報。
塩尻で23:00だったので、適当な公園の駐車場で車中泊。


◼️ 8/8(土) 4:00起床
まだ迷いながら安曇野へ。
まー、せっかく下道でここまで来たのだから、次の日大町のエネルギー館や山岳博物館の見学セットもいいなと思い、扇沢からの爺ヶ岳に行く事にしました。

5:30 大町のSEIYUで山の上で食べるラム肉やビール、ウイスキーを買い出し。
6:00 扇沢到着。その大きさにビックリ!
駐車場は8割くらい埋まってる感じですんなり。
前日までの疲れが残っておりダルイし、多分2時間で爺ヶ岳に登れるので車で少し仮眠します。

8:30 登山開始!
2BD28085-A868-4D81-9D9B-9ADBDFEDC202.jpeg
と思いきや、登山口に山岳警察の方がおり簡単に登山内容等を簡単なヒヤリングを受けます。
「 テントも予約が必要ですよ 」
「 あー、ホームページ見て来たんですが小屋泊だけだと思いました。しっかり見てませんでした 」
「 電話で今から予約出来るか聞いてみては?
電話は9:00からとホームページに書いてあったので一旦登ることに。
「 許可貰えなければ下山します 」と山岳警察の方にお伝えし登山開始。

言い訳にはなりますが、スケジュールが流動的なので、前もって予約する事が出来ない状況なのです。
優柔不断なのもあります。

F9B86D59-9252-4409-9926-4CBC3E308EAB.jpeg
扇沢駅がカッコイイ!
電波が繋がるので9:00過ぎから何度か小屋に電話をしますが、通話中で全く繋がりません。
5分おきに電話しても全部話中。

もうテント泊は諦めて日帰りに頭を切り替えました。

10:30 種池山荘到着
B1818C89-6195-472B-BD50-996F79847C02.jpeg
小屋のお姉さんにテント泊の件相談しますが、やっぱりダメ。
AF5DF596-0D90-40C2-B90E-C4F4559167C2.jpeg9B76C329-C71D-4FED-AE3E-541F293B22C1.jpeg
小屋の周りをライチョウ親子が歩いてました。

取り敢えず爺ヶ岳の南と中峰を踏んでまた小屋に戻ります。
12B384A8-1495-4A20-858D-442AA42B7B00.jpeg05B74DCA-4157-44E9-87CF-127629526163.jpeg37AC32A3-A0E6-42A2-9D42-6EA6AE9295C6.jpeg
景色は残念。

579AA618-0AFB-4ADE-AE6B-6DD101AD4A3A.png
でも爺ヶ岳南峰の来たかったんです。
鉄拳のパラパラ漫画の場所なので。

もう一回雑談的に種池山荘のお姉さんにテントを聞いてみますが、ペナルティ料がかかるとの事で、その金額にも驚き素直に下山する事にしました。
お忙しい中ご対応下さりありがとうございました。
色々と申し訳ありませんでした。

13:00 扇沢駅駐車場到着
下山は1時間30分くらい。
あー、最高にヒマだ。
でも上でテント張れててもヒマだったと思う。


◼️大町エネルギー館
少し休憩後に大町エネルギー館へ。
ダム大好きな私としてはここに一度来たかったのです。
C6672A5F-F2E6-4BF0-8372-10DFEB4350C3.jpeg
モンベルの岳人年間購読Tシャツを着ていたら、入場料400円が300円に割引になりました。
モンベルカードを持って行く事をお勧めします。

更に山岳博物館の割引券や大町観光名所のパンフレットも貰いました。
8A14EA3D-5091-4130-8A67-C20AA14F15CE.jpeg
大町は本当いい街。

B17D3B09-A60A-44CD-BC2D-04798A96606E.jpegC5310AD3-3F62-4307-B690-765CBE8C79B0.jpeg
1人ですが、結構楽しいです。

昔の写真が特に良かった。
E460CB1B-7D97-4A9A-8A5E-3FECA5323D6C.jpeg
これ扇沢です。


◼️山岳博物館
その後エネルギー館から車で10分の場所にある山岳博物館へ。
FE55EF63-38AA-4882-ADF7-36EFBE5B565B.jpegB83C22D9-F589-44E5-9778-A49DC6953932.jpeg

隣の動物園(無料?)でライチョウやカモシカを見たり、館内での日本登山信仰の歴史に触れます。
2529F183-EE0C-4AA4-9B0C-0C37633ABF97.jpeg0CA7B4E3-97E0-4C46-AFEB-19CCD34F2078.jpeg
ああ、ここすごくいい。
是非大町来たら行ってみて下さい。

2E064CE9-0E01-4926-98A1-306227BC8262.png435CFDF4-3ACD-4B83-93D6-B9FC228A026A.png65DC868A-A47C-4506-B3D2-9624D543ACD8.png
鉄拳のパラパラ漫画にも当然出てきます(笑)

そしてその上の山の上にある恋人の聖地へ。
車で峠道10分くらいです。
9902948B-2A7A-4BB4-8C1F-42525419B10C.png6AE69228-F541-4598-8D10-D30725409DBA.jpeg
ここ日は天気悪く何も見えませんでしたが、普段は大町市街や後立山連峰がキレイに見えます。
47歳のオッサン1人で来ちゃいました(笑)

ここで車中泊して朝、後立山連峰にあたるモルゲンロートを見ようかと思いましたが、お風呂入って無かったので、また大町に戻りSEIYUで夕飯を買い18:00上杉の湯へ。

小谷村のアメリカ人ポールに連絡したら、明日一緒に白馬岳に登ろうとの事。
ポールとは3月に北ア北ノ俣岳に登って以来です。
登山技術豊富なナイスなパートナー。

ここ日も大町市内の公園の駐車場で車中泊。
ビール1本飲んで21時に就寝しました。


翌日に続く.....。
posted by 男澤ヒロキ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/