2020年06月29日

【登山】中ア仙涯嶺

2020/6/28(日)は予告通り中央アルプスへ。
日本トップクラスのトレイルランナーの男性/女性と3人での登山です。


◼️6/28(日)
前日仕事終わって19時に木曽大桑村に向けて車で出発。
21:30大桑村須原のコンビニに到着。
ビール2本飲んで大好きな車中泊です。

朝4:00
友人2人と合流。
ただ雨が強いので5:00までコンビニで待機。
その間に朝食と仮眠を取ります。

5:30登山口到着。
5:45土砂降りの雨の中をスタートです。
( 写真なんて撮れない)

すごく速いトレイルランナーの友人2人ですが、コロナ自粛で山に全然入っていないとの事でペースは緩め。
助かりました....。

◼️9:15 越百山
5232118F-0369-4241-A5C8-A14459B99CD2.jpeg
ビックリするほど寒かった〜。
ダウン1枚来ても震えるほど。

ここで女性の友人はピストンで下山。
私ともう一人の友人で仙涯嶺と南駒ヶ岳へプチ縦走。

B86F2B97-E378-45BC-8F04-A5E666C01116.jpeg
◼️9:55 仙涯嶺
そこからが速い。
全部走って仙涯嶺まで1時間30分の行程をたったの30分。
私めこれで潰れます...。

B69D8D5F-3CE2-4612-AEF9-33416A98E0AD.jpeg5B103A0A-E3F1-4EAE-9C4B-53A45DD27725.jpeg
仙涯嶺は私も友人も特別な想いがあり、長い時間想いにふけました。
それにしても仙涯嶺は怖い。
普通に宝剣より怖い。
真冬は俺には無理だわ....。

南駒ヶ岳へ向かう途中でクマさんにばったり!
山で初めてクマに出会い感動!!
10mくらいの距離だったので、話かけて写真を撮ろうとしたら逃げて行きました。
171C1B01-D8A7-4CCE-852A-7E5858A43EF9.jpeg
子熊かな?
ピョンピョンと飛んで逃げて行くのが可愛らしい。稜線にいるんだなと単純に思いました。

◼️10:50 南駒ヶ岳
A99F34CC-425A-4440-A59F-09D778DAA20E.jpeg411FD622-3B82-46EF-B356-7B58E66F926F.jpeg77D88C71-1E7F-470E-B9A7-157CD5ACAEA4.jpegAA38D87D-D032-4AA2-A099-CE46232AEF7F.jpeg
途中でド潰れです。
でも天気は回復傾向で良かった!

◼️下山へ
ここから空木に行くか迷いますが、女性の友人が先に降りて待っているので、南駒ヶ岳から波線ルートを下山です。

AEEA66D0-CE99-49E2-80A0-944152578441.jpeg
ここすごいハイマツ帯で歩くのヤバイです!
記憶にある限りワーストクラス!
友人Fくんはそれでも藪をガンガン漕いですごいスピードで下山します。

私はナイキのズームフライが滑りまくりと、高所恐怖症でスピードが出せません。

◼️14:00終了
いや〜下山に3時間近く掛かりました。
コースタイムの50%くらい。

全体で8:20。休憩入れてもこれも50%くらい。
5DF0C6A8-B15C-4204-964F-F166CC9829C5.png
なんでこんなに遅いんだろう。(平日練習してないから)

ちょっと情けないんで、今週もう一発どこか入れます!
posted by 男澤ヒロキ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

【コロナ】登山者は夜の繁華街で飲む人以下??!

明日は雨ですが、友人と3人で中央アルプスをプチ縦走する計画です。

昨日、とある友人がこの週末の予定を聞いて来たので、この旨を伝えたところ、ヤマケイオンラインの「 山の自粛を支持しますか? 」と言うアンケート調査表を引っ張りだして来て、「 自分はこの結果を見て行けないと判断しました 」との事。
609E7320-D4D4-46BB-915A-E3F4D65F745C.png

人が山に行くって言ったら、このホームページ送ってくるって「 おまえ何がいいたいねん 」と怒りがこみ上げて来ました。


まー、私も4月5月は自粛呼びかけてましたからね。
ただ今とあの時は環境も世論もだいぶ状況が違うと考えてます。

友人曰く、「 山に行く人は新宿◯◯◯町に行く人と同じ。ただ新宿◯◯◯町に行くのはOK。明確に行っていいところと言う定義がある。山は山岳4団体が未だ自粛をお願いしているから 」との事。

彼の言葉を言いかえれば「 山に行くやつは夜の繁華街に行く人同等もしくは以下 」的な言い方にも捉えられる。
その定義から言えば一理なくも無いが、普段山に行ってない、雨だと絶対行かないヘタレに言われると無性に腹が立った。

私が「 雨だから(一緒に行くの)無理でしょ? 」と茶化して引っ張ってしまったのかも知れませんが。



◼️新しい生活様式に移行。
世間において見れば、
仕事も私生活も新しい生活様式にすべく、働き方改革含め前向きに工夫し進んでいる。
観光もGoToキャンペーンで打撃を受けた業界を、政府観光庁が補正予算を組み需要を喚起し支援しようとしている。
(私もこの夏これで沖縄に家族旅行する計画)

スポーツにしても、
プロ野球やサッカーは無観客ながらも、開幕を迎え皆を元気にしようとしている。
個人で行うゴルフやテニスだって、相当数コロナ前に戻っているのでは?
飲み屋さんも私の想像する何倍も大変な努力をされ営業再開をしている。

もちろん三密や他人との距離を気にしながら、どうにかこの状況で出来る事を見つたのだと思う。
不安と隣合わせながら世間は前に進んでいるのだ。


確かに登山は元々死亡や怪我、救助等のリスクが他スポーツに比べ高いと思う。
小屋内での過ごし方は制限は設けるべきだし、移動手段も気を使うべきだ。
各山小屋も営業の可否はあるが、再開に向けて工夫を凝らしSNSで案内を始めている。
当時先頭を切って自粛をお願いしていたアルピニストも、いまでは注意しながら小屋利用をお願いしますとの姿勢だ。



山岳4団体が解除しないから行かない。
4月に4団体が声明を出した時はそれは水戸黄門の印籠くらいの効果はあった。
世間も経済もその流れがあの時はあった。
それでも行く人はいてだいぶ非難もされていた。
私も持論ながら注意を促した。

でも、いまは大きく状況が変わり小屋や山域により考えが違う。
団体の自粛要請ともミスマッチが発生している。
各団体も、解除と表立って言えないのとそのタイミングが掴めないのでは無いかと私は考える。
これらミスマッチだって立場立場の含みがある。



まー、彼は「 山岳4団体が解除宣言するまで行かない 」と言う自己方針なので、それはそれで良い。
第二波もあるかも知れないし、ウイルスも変化するかも知れない中、どっちが正しいは今は無い。

だが、ちょっとその例え方は無いだろう。
登山者にも夜の繁華街で働く方にも失礼だ。



◼️補足
昨日6/26東京の感染者は54人。
うち40才以下が42人。
夜の仕事の方が36人。
D5A7E093-3501-438B-A9A5-DB3C998B5656.jpeg
飲食店のリスク軽減はまだまだ課題多く大変だと思います。
posted by 男澤ヒロキ at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

【帰省】4カ月ぶりの仙台

コロナで2/11以降仙台に帰れなくなり、4カ月以上家族と会えない状態でした。
でも殆どの人が大なり小なり制限されてましたから、これは仕方ないですよね。

今日の内容は中身ないよう....

◼️6/19(金)
北陸出張から名古屋に帰ってきて、仕事終えてから自宅帰って、支度して名古屋バスセンターから深夜バスの乗車。
今回は飛行機の料金がすごく高いので、新幹線にしようかと迷いましたが、人数多い新幹線はリスク高いと考え、節約も兼ねて思いきって高速バスです(笑)

なんと乗車人数8人。
リクライニング全開の足も全伸ばしで悠々と。

◼️6/20(土)
でも慣れてないから寝れない。
お尻も痛い。
寝返りうてないでずっとウトウトのまま土曜朝6:00に仙台到着。

ハンパない疲労感。

レンタカーを借り自宅へ。
子供と久々の再開で子供が照れまくりです。
やっぱり家族(子供)っていいなぁ〜。

その後身体に鞭を打って“みちのく湖畔公園“へ
F3B8593C-DF8C-4EC9-A708-4FB1361B4361.jpeg
完全家族サービスです。

その後秋保温泉の奥の二川と言う沢へ行き、子供の沢遊びに付き合います。

夜は自宅のテラスでジンギスカン。
BAA5E7B5-1AEB-4F03-B109-45DCD61D1DAB.jpeg

宮城県だと生ラム肉が売ってて、それがすごく美味しいので家族全員大好物。
私も小さい頃から焼肉と言えばジンギスカンでした。
しっかり遺伝してます。(させてます)

あとは寝不足からバタンキュー。


◼️6/21(日)
朝から長男と10km程さんぽ。
自宅の裏山にカモシカが出没するので見に行きましたが、散々探しましたがタヌキしか会えませんでした。
因みにクマもいます。

あとは娘の希望に応じ八木山動物園に。
064F6541-515F-4F57-B230-57B617E9F5BA.jpeg
動物園でミヤギテレビからコロナ明けのインタビューをされて、翌日の「 OH!バンです! 」に出てしまいました。

そのまま青葉城へ。
4B9922E3-5EF2-49B3-A6A9-A87371EEC57C.jpeg85423331-FFCC-4610-B07F-3F491B9268D1.jpeg
毎度ここの景色は最高です!
皆さん宮城県に行ったら必ず行って下さい。
市内から走っても3km程度で感動の絶景です。
ここが仙台の良いところなんだよな〜。

夕方、子供と一緒に” 鬼滅の刃 “を見たらハマってしまい、電車ギリギリの時間まで8話くらい連続で見てしまいました。

あとは21:00の仙台駅発名古屋行きの深夜バスに乗車。
帰りは14人と増えてましたが、全然ゆっとり。
でも全然寝れません。

◼️6/22(月)
寝不足のまま仕事へ。
頑張りましたが、疲労感はハンパないです。

そしていま(20:40)寝るところ。
もう限界。
来月は飛行機か新幹線で帰ります。

posted by 男澤ヒロキ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

【登山】中ア檜尾岳

2020/6/17(水)は休日だったので、どうするか迷ったもののアルプスへ日帰り強行することに。
天気が良いのに名古屋にいるのは勿体ない事、週末は仙台に4ヶ月ぶりに帰省するので、ブランクを考慮し一本入れておきたいなと前日に決めました。


◼️01:30 名古屋の自宅出発
この時点ではどこの山に行くかまだ決めてませんが、とりあえず車で駒ヶ根方面に。
中アか南アが名古屋から近いのです。

経費節約の為、下道(国道153号線)で北上します。
4:00 今日の山を越百山(東側ルート)に決めましたが、登山口を知らぬ間に通り過ぎたので、駒ヶ根の菅ノ台バス停に変更。

今度は空木岳にしましたが、林道上部の駐車場に続く道が「4/27〜コロナ自粛の為閉鎖中」との看板あり。
バス停(標高860m)から2,000mアップで空木岳はちょっとイヤだな〜と思い、檜尾岳に変更。(どっちも同じですが、空木は少し飽きてるので)
ここは今年3月7日に登り、9時間かけても山頂に到達出来ず敗退しております。
夏だとどうなのか?興味もありました。

その前に少し眠い。
ちょっとシートを倒し仮眠して起きたら6:00。


◼️6:10スタート
菅ノ台バス停からロードをトコトコ走って5kmで400mアップ。
7:00登山口(1,250m位)到着。(50分)
3月は車に1km程乗せてもらって1時間かかりましたので随分早いです。
荷物が5kgくらいで軽いですから。

8:10赤沢の頭(1,992m)到着。
4A35A5D1-E6C0-42B4-8206-41EAA2887060.jpeg
コースタイム2:50に1:10ですから41%。
うーん....ちょっと遅い。

8:53 シャクナゲピーク(2,440m)
7FCB5B68-0DE6-43FD-BD81-3EB4C8124D69.jpeg
コースタイム2:00に43分で36%。
この区間の急登はかなりキツイです。
3月はここまでずっとラッセルで8時間掛かってますからね〜.....。
菅ノ台バス停から2:43は上出来かな?

このすぐ先に3月野営したコルが。
2CD89269-8074-440D-9118-1DCE927107EA.jpeg
D20CD77A-788F-4192-8010-2B22DE7C28A4.jpeg
随分埋まってたのね。

この先にキレキレの尾根。
487F45E6-305D-46CC-967E-3653B878BC82.jpegDB3639E7-8BFC-4C07-BF7F-F0F3EA6F0C63.jpeg
3月ここで大きな岩を巻くのが怖くて撤退したのですが、夏道はやっぱりトラバースでした。
キレキレで怖いと言っても雪質次第だと思います。

小檜尾岳手前の階段前が少し崩壊してました。
2C0ADA35-11DF-4CFE-821B-B65789424267.jpeg
ここ雪渓になってるので、足の置き場悪くて滑るとどこまでも滑り落ちますので注意。

9:25 檜尾避難小屋におじゃまして食事。
この区間は25%と驚異のスピードでした。
29C581C0-D4EB-499A-A200-17DCD8B9165A.jpeg
BF92726E-0C44-4606-A6DC-2B15A018EEAB.jpeg
空木岳へ縦走しようと思いますが、雪渓が薄く深く踏み抜くので怪我を懸念してやめます。
あと1週間したらこの雪も無くなるでしょうけど。
本当微妙で少し危ない。

山頂からの景色は絶景!
E9CF5736-206E-432E-A0C9-B9C2D366846F.jpegF635CB3C-0B99-4A0A-9EDA-42B1420C6C29.jpegDF007DE6-792E-4301-AAC5-FC53845D6379.jpeg90407EFC-D655-4043-B661-0A72D25E855E.jpeg
ポカポカ日溜りでノンアルビールを飲んでウトウトします。

小屋に戻り、横になって携帯をいじってたら知らぬ間に1時間ほど寝てました。
檜尾避難小屋はdocomoもauも電波が良いです。
マットも10枚くらいあって快適!
景色もいいしね!
お正月考えたいけど、キレ尾根部分の雪質が心配。

◼️下山へ
12:00に小屋を出発。
1時間50分で登山口到着。コースタイムは4:15。
あとは5kmをキロ6の30分で走ってバス停到着。
ガロで食事しようとしたら定休日で残念。
12D0DCF0-3959-460D-AE78-D1050B6C097E.jpeg

ハニーアクションのリカバリーを2本飲んで回復させます。
8AAFEF36-26C2-440C-A948-B021D1155ED2.jpeg
あとはコマの湯で身体を洗い、幸楽苑でラーメンをトッピング豪華目に。

15:40に駒ヶ根の幸楽苑を出発して、また下道で名古屋の自宅に。
19:00名古屋自宅。
あとは仕事の準備やら洗濯やら。

日帰り登山だとこのライン(15:00登山終了)が限界ですね。
来週も12:00撤退目安でどこか平日に登ろうと思います。
posted by 男澤ヒロキ at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

【登山】御嶽山はナムチャラホーイ♩

木曽のナー♩中のりさん♩
木曽の御嶽山はナムチャラホーイ♩

と御嶽山に行く度に歌っちゃう木曽節です。
そう....遂に2カ月ぶりに登山して来ました!

当初は南ア大鹿村から赤石岳に小渋川を遡上して登ろうと思ってましたが、三伏峠のFB記事を見ると今シーズン登山NG的な内容があり断念。
中央アルプス南駒ヶ岳に変更しますが、これまた駒ヶ根市のホームページで入山自粛期間延長の文字が。

そこから探しまくって探しまくって、御嶽山の一部なら厳しい条件付きで登山OKだったので前日に決定。
今回一緒に行くのは昨年のUTMFで90位前後(?)の実力者の名古屋のユースケ君。
実はユースケくん、富士山以外の3,000m峰に登った事がないとのこと。
その分私のスケジュールや考えに全部合わせてくれたので、前日の変更だろうが快く受けてくれました。
こだわりが無いからスーパー楽チン。
私の体育会系のノリやトークも素直に聞きいれてくれます(笑)


■さー登るぞ!
朝4時に某道の駅でユースケ君と待ち合わせ。
そこから車で1時間で登山口に。
登山口駐車場には既に10台程度の車が駐まっており、その中にTJAR2018の某選手のクルマも(笑)

いざ登ってみるとブランクあるものの、荷物が軽いのでサクサク登れます。
ユースケ君は高山病っぽいのが出ており辛そう。
ユースケくんも職場がコロナに関して厳しいようで、ロードラン以外出来なかった様子。
それでも家の近所を月間で450km走ったとの事。
それ自粛の範囲越えてないか??(笑)

まーコロナ自粛中のランの在り方とか、あの状況だと里山でも絶対ないとか、そんな話してたらあっと言う間に摩利支天に。
登山口から2時間です。

F09D01EF-F0CD-411B-88A6-5B9F111866F9.jpeg

途中でライチョウが居てキャッキャ言いながら写真撮影しました。
8CB82FBA-F862-4A84-A63C-6BC1EE29DEB6.jpegD5ACAE0E-41B5-4D96-B57E-4893FDAE3313.jpeg

その後、雪渓で遊びながら継子岳を50分くらいかけてラウンド。
ここにもライチョウのツガイが。

3D0AB31F-92ED-4E6F-A5BD-5B797CCC101B.jpeg
継子岳も初めて行きました。
54252C73-5D51-43D2-B82F-F971FFCAC2BC.jpeg002C2162-5F67-4C06-9E32-CB56073C0C6B.jpeg

そして下山。
11:30登山口到着。


■高地トレーニングの二部練
ヒマなのでユースケくんと高地トレーニングセンター見学へ。
美人の所長さんが懇切丁寧に館内の施設を案内してくれます。
485CA404-36C1-4520-B7F9-5008B41DAAA5.jpegE383AE38-5255-4B9D-B775-A448EFE0E883.jpeg
ここで夏合宿だな。
1泊3食付きで9,400円(部屋のサイズ等で金額が変わります)。

そこに車を駐めてクロカンコースまでジョグ。
ここでランニングしますが、空気薄くて本当シンドイ。
5C4E4752-38E7-4B54-91C1-804B6B100ABA.jpeg
一周1.3キロのコースを一周する度にぶっ倒れるあり様。
あー....全然走れない.....。

乗鞍岳もキレイに見えました。
3D0A90F5-0FE4-48AE-879C-B1FF200789A1.jpeg

◼️帰路へ
帰りは前から気になっていた木曽の上松町、東野の集落にブラリと立ち寄ります。
8009B2A6-0E04-45B9-B49F-B72FBE26A3EF.jpeg10ED0BEA-F010-4C4A-871A-AFD74C38D8BA.png
こんな山の中にマチュピチュのような集落が。
この間古本屋で買った1964年の岳人に掲載されており、それをコロナ自粛中に読んだことから興味を持って見学して来ました。

もう民家は5件くらいかな?
でものどかで風情ある集落でした。
CA3C3E6C-0885-415A-9D58-8B2D3172A138.jpegD5CF165B-C067-4F0A-9721-F2E7CDDD206B.jpeg
1800年頃に建てられた神社を見学。
この扉開けたら雅でて来ないよね?(マンガの見過ぎ)

そこから車で更に登って行きますが、サルがとにかく多い。
で、これまたウワサで聞いていた木曽古道発見。
22B15D5D-070B-4A45-8502-BA8E9A0BFBB2.jpeg
これが昔の生活道路だったのか.....。
感無量(泣)

駆け足で書きましたが、こんな感じの日曜でハンパなく充実しました。

やっぱり高い山は最高です!!
今週末も仕事ですが、終わってから一人セコセコと何処か登ろうと思います。

posted by 男澤ヒロキ at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/