2020年04月19日

【コロナ】中央集権に疑問符(軽めに)

いまコロナの事書くと多事争論になり炎上しそうだな〜....と思いながらも少しだけ書こうと思います。

◼️愛社精神
私は早い段階で在宅勤務に移行。
うちの会社は、今思えばかなり早い段階で対策会議をやっており、意地でも社員やその家族の安全を守ると言う気概を感じました。
細かく書けませんがかなり多くのリスクヘッジ/仮説を立てて、様々な角度から打ち手を検討します。
いや〜、本当すごいなうちの会社と感動するレベル。
こう言う時改めて愛社精神や誇り、自信になるのだなと思いました。


いまの政府も頑張ってはいるのかも知れないけど、蓋を開けてからの決断が多いと感じます。
そのせいもあり支持率は悪くなる一方。
「 安倍辞職しろ 」「 もう二度と自民党に入れない 」「 嫁のコントロールも出来ないのか 」
そんな声もネットから多数拾えます。
でもそう言う人の半分は忘れちゃって選挙になったら入れちゃうのだろうな。
かと言って野党も与党批判しか言わないし....。
( レンホーが大嫌い。)

因みに私は今まで自民党に入れた事一度も無いです。民主からの維新という感じ。


◼️テレワークの事
今回職種にもよるがテレワーク対応をしている方が身の回りでもだいぶ多い。
私自身も最初無理だと思っていたテレワークだが、知恵を絞り出来る方法を考えると意外とどうにか回せている事に驚く。

一人だと自己管理をしっかりしないとダラシなくなるので、毎朝6時から雑巾掛けをしてスーツをビシッと来て、朝礼用資料を作成しきっちり時間通りに全員にTV会議を繋げ、全員を引き締める感じ。
でもお昼ご飯あととか少し気が抜ける時もあります。
何にせよ初めての事で、日々他の社員と議論しながら少しづつ改善をしブラッシュアップしている現状。

文句を言う人は居ないのが幸い。
みんなこの状況下で在宅勤務させて貰ってる事。
医療関係者の方々のように最前線で尽力されているのに比べれば、自分達が守られている環境にいる事に当然不満なんか言える訳無い。


◼️地方の物価が高い
登山に毎週のように行ってましたが、その際は出来る限りそこ地方でお金を使う事を一つのルールにしております。(私貧乏なので少しですが)

長野県に行くとガソリン代が高い事。
名古屋の110%くらい。
スーパー観察もして見てもこれまた高い。
自分の会社の本社である新潟県南魚沼市で、夜ちょい飲みしようと居酒屋に行くが、その料金を見ても驚くほど高い。

令和元年度の県別最低賃金(時給)を見ると、長野県で848円。
一番高い東京で1,016円とその差165円。
東北は宮城福島を除く4県が790円。

東京は何故時給が高いのか。
家賃は確かに高いし、家なんて東京近郊で相当努力しないと買えないだろう。だからか?
結局人が集まるから、働き口も沢山あって経済が回りお金の循環も良いのだろう。

長野県のガソリン代が高いのは物流面のコスト高。(電車で運搬。油槽所も少ない)
スーパーが高いのは競合が少ない。
人口も少なくのでライバルスーパーの出店も少ない。
居酒屋が高いのは人口が少ないので、来店客数に期待が出来ない為、単品料金を上げないと営みが保てないから。

私の実家の宮城県も飲み屋やスーパーの物価が高い。(ガソリンは全国4位の安さ)
いや、地方はこんなどこもこんな感じだろう。


◼️東北は人口がガタ減り
国土交通省が平成17年に出した人口検討書には、現在(平成17年)で人口が1,207万人の東北だが、平成47年には930万人まで減ると計算している。
何をおっしゃいますか...
今令和2年(平成32年)でもう既に890万人で割ってますよ。
東北のダムと言われている仙台でさえこの先人口減少が起きるのですから。

この先東京一極集中は更に加速するだろう。
まだ東京から大阪までの県、東名阪の近郊の県はベッドタウン化も出来るから良いが、日本海側や東北は“ おしん”の時代に戻るのではないか、いや限界集落だらけで東京の産廃処理場になるのでは無いかと心配で仕方がない。
現に原発だって東京の電力の為福島に作られているし、敦賀や新潟の原発だって都会用だ。

この先も若い人材が東京を目指すだろう。
ストローのように人口が地方から中央に集中してしまう。
かく言う私もその一人だから憂いている事と矛盾が生じている。


◼️テレワークが進化すれば地方へ暮らす方が増える(かも)
今回東京から疎開的に地方に移動されている方も多いと聞く。
いま移動するのはその移動先へのリスクになるので謹んでほしいが、意外とテレワーク出来る事に気がついた人や会社も多いと思う。
そして東京での人混み、電車通勤等のリスクも分かった。
今回コロナだったが、地震や万が一戦争の事態になった際に、東京のリスクがまた浮き彫りになるであろう。

地方でテレワークし、週に一度出社とか今後はありなのかも知れない。
子供への環境も悪くないはず。
これを機にと軽い気持ちで言えないが、地方を色々と見直す部分見直される部分が出てきたと思う。

本来なら私が宮城県石巻市の実家に帰り、一人暮らしている母親と一緒に暮らせば良いのですが。
この先の社会情勢は不安定なので、そう言った田舎に帰る事などもシミュレーションをする必要があると思う。

そう言う部分を深く考える今日この頃です。
きっとコロナは長引くでしょうから。
posted by 男澤ヒロキ at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/