2020年03月08日

【冬期登山】檜尾岳敗退

2020/3/7-8(土日)は中央アルプス檜尾岳(2,727m)へ。
本当は仙台に帰省する予定でしたが、コロナウイルスを懸念して取り止め、それではと急遽名古屋から近くて前から気になっていた檜尾岳に行く事に決めました


◼️3/7(土) 0:30 駒ヶ根市の菅ノ台バス停到着し車中泊。

6:00 起床し朝食やトイレ。
7ECDF8CF-F91F-4C29-AC0C-C6E561F2AEDC.jpeg
バス停駐車場は一台も駐車なし。
私の感覚だと「ロープウェイが動いてないと登山しない」と言うのが少し信じられない。
なんか勿体ないと思ってしまうのです。

6:45 菅ノ台バス停スタート
すぐの橋で軽トラのお爺さんがゲート
まで乗せてくれた。(10分短縮)
「 明日天気悪いから無理するなよ! 」
と駒ヶ根観光協会に所属しているとの事。

後はひたすらロードを歩く。

7:43 やっと登山口到着。
15302E5A-2F20-44F4-BD5E-196BC3376FCB.jpeg
今日のザックの重さは22kg。
結構疲れました。
ここまで歩いてくる人なんて、先ずいないと思います。(さっきと思った事が真逆)
登山口で1,200mくらいの標高。

1,600mくらいから登山道に雪が付いてました。
4D3114B7-879C-4643-8F4C-C42FF956F5D5.jpeg
トレースは無し。
キツネの足跡くらい。
7時間で山頂着けるか着けないか。

10:28 赤沢ノ頭(1,992m)到着
44B15193-34B2-487F-93C2-EEAB30D6CAB4.jpeg
CT 2:50 なのでほぼコースタイムどおり。
かなりの急登でした。

ここからスノーシューを履きます。
D279F578-2F53-423E-8B7A-FCB25A725F67.jpeg
2,000mから雪が深い。

地形図だとそこまでに見えた登りも、全然すごくポイントポイントで大きな岩を巻かなくては行けずルーファイ。
ピンクテープはほぼ無いと思った方がいいですし、あっても夏道用なので目安にこそすれ信じちゃいけません。
そして雪も柔らかいのでスノーシューが噛まず大苦戦。
81489837-93C1-4579-A713-C9852A989566.jpeg

スノーシューだと登れないのでアイゼンを履けばこの通り。
A6F6BCF6-A057-4F53-9C41-F4F73BA94446.jpeg8B8559B4-3DBF-4CD9-AB44-84D9046C80C5.jpeg
ヒザから股までハマり、粘っこい雪がアイゼンにくっ付きます。
一つの急登等のポイントを越す度に、スノーシューとアイゼンを履き替えるのですが、都度ザックを下し交換するのに時間が掛かります。

DA8EE62E-0E60-4B63-A960-3CBE39CD1611.jpeg
全然進みません。
ヒザでラッセルして固めて、なんとか一歩行けば次も噛まずに沈む。


13:26
赤沢ノ頭からCT2時間でシャクナゲのピークに着く予定ですが、3時間掛かってやっとその半分。
EEC1AF5C-E394-4AF8-9B2B-FD62EA676F2E.png
全身汗だく。
そして山頂に辿り着けない可能性が出て来ました。


14:22 シャクナゲのピーク
B9E67AB4-5325-431E-836F-EED808051A2F.png
なんとCT2時間に4時間もかかると言うヤバさ。
今日ピーク行けなくても避難小屋には辿り着きたい。
あとCT1:15だから2時間くらいだろうか。

15:02 最後の痩せ尾根の手前
622A56CF-A2F4-4697-90B5-253A181FD3FF.png
40分掛かってやっとここ。
ここから残り2時間でも行けない。
疲労で手足の痺れが出ていた。

15:15 痩せ尾根取り付き。
2E8D80DF-F621-4F29-9BE0-FA4BDB4EAF2E.jpegD86CDE09-2C42-417D-8B4E-D2F257C26748.jpeg
見た瞬間にダメだと判断しました。
(写真だと伝わりづらいですが...)

大きい岩を巻くのか、乗り越えるのか。
行ったはいいが戻れるのか。
雪は柔らかく片足でも深みにハマり、バランス崩せばそのまま谷に滑落。
柔らかいので巻く時に滑る可能性もある。
今夜から雪が降るので、明日は更に難易度が上がる。
エスケープは空木に行くか、千畳敷カールを抜けて北御所か。
空木はヤバイだろう。
千畳敷カールも雪崩る可能性がある。
考えにくい2ルートだ。
山で「 今回はミスして事故したが、次回はミスしないぞ 」は無いのだ。
絶対失敗は許されない。


15:23 少し痩せ尾根を進みましたが、ルートを探してもやっぱり厳しい。
もう少し雪が硬ければ...。

ここで撤退を決めました。
FDBA22A0-7768-4B2C-84F0-83F2AA3DC64F.png

景色はいい感じです。
94574A57-9FC4-458E-A485-BCED70289054.jpeg2FA7BCC4-A873-4DB7-9BA8-60333EA9BB24.jpegB8220953-8C4C-49EC-A88E-FF964D15E00F.jpeg
やっぱり中央アルプスはいいなぁ〜。


◼️下山へ
普通に降りれば2〜3時間でロードに出れるのですが、かなり疲労困憊だしここまで所々巻いた部分が軟弱で怖かったので、野営をする事にしました。
2EDF0167-B01E-4631-A812-AC8831520B61.jpeg5A6F966A-AF0A-4386-9632-75BE21F899BB.jpeg5E33BFA8-3243-4CD3-8C23-FCBAE1F6F62C.png
野営場所は登って来る時に、目星を付けてた中で一番良いと思ったシャクナゲピークの手前のコル。2,440m。
テント張ってたら一気に天気が崩れ始めました。

ビール6本と梅酒500ml、ワイン500mlを持って来てましたが、ビール1本で限界。
疲れすぎて飲めません。(次の登山からウイスキー500mlとビール1本程度にします)
その後お湯を作り、湯たんぽにしたりカップ麺食べたり。

18:00 ひと段落した安心感で一気に眠気が来てそのまま就寝。


◼️3/8(日) 0:00
雪がテントに当たる音と風の音がすごく目が覚める。
風は強いようだが場所が良かったので、テントは全然揺れず。
また寝る。

不思議な夢を見た。
昨日軽トラに乗せてくれたお爺さんが、私のテントを叩き起こしてくれた。
「 無事下山したな。でも今テント張ってるとこ俺の家の畑だぞ 」
あれ?無意識のうちに下山したんだ。俺。
不安があったけど余裕だったな。
でも夢かも知れないから写真撮っておこう。

B6C62789-C296-47F5-908A-5CEB268380C3.jpeg
パチリ。
写真を撮ってる最中に夢だと分かった。

この後に雪が激しくなりホワイトアウトした。
「 昨日のトレースは消えただろうな。でも明るくなれば大丈夫だろう。」
仙波選手とSNSでコメントのやり取りをする。(これはリアル)

すごいことに11時間も寝てしまった。
何度も浅い夢を見た。


5:00 朝ごはん
24904B40-EEDD-4178-ACED-DB8A88B0B0B4.jpeg
タイカレーの缶詰をそのまま直火で温めて食べる。
少しづつテント内整理。

6:10 テント撤収
9414C8C6-B748-4434-8974-4B76701A2FA4.jpeg
雪は弱まっていた。

6:20 スノーシューを履き下山開始。
7:09 赤沢ノ頭到着。
DFCE5673-04B3-468D-BE5E-BF3FC0F07EF4.jpeg
昨日4時間掛かって登ったのを1時間で下ってしまった。

8:26 登山口到着
E8E30EDC-FD68-4978-A437-F0C7C7B60B7E.jpeg
昨日8時間掛かって登ったのに2時間で下った。
でも滑って何回もコケた。

そこからロードを1時間歩いて菅ノ台バス停へ。
D4EF53A6-CA15-409B-8295-512436D68DC5.jpeg
最後の方は雨になっててウェアーがビチョビチョに。


◼️最後に
急遽決めたので準備/知識が不足していたと思います。
キツさと難易度は先々週の越百山の1.5倍くらい。

再来週はいよいよサラサラ越え。
29F2CB62-D90B-406A-8D98-6B44EE60E074.png
う〜ん....
悩むなぁ〜....。
posted by 男澤ヒロキ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

【登山?】丹沢ボッカ駅伝練習

2020/3/1は神奈川県の丹沢へ。
6/7に行われる丹沢駅伝にTJARの吉藤選手より「チームを組みませんか?」と声がけしてもらい嫌々でることにしました。(笑)

嫌々と言うのは、そのボッカ重さが40kgだからなのです。

◼️3/1 (日)
前日2/29(土)は月末なので仕事を頑張って...。
3/1(日)朝5:00に三好池で今回練習会参加者の大坪穂高選手、豊田の長浜さんと合流し車で神奈川へ。

9:00 登山口の大倉バス停駐車場に到着。
2つのザックに10Lのポリ袋に水を4つ詰め込んで40kg以上にします。
EB68D77D-EA1C-475C-A459-B4E5F139FFC6.jpeg

普段25kgくらいのザックで山に登っているのですが、40kgは全然違う!ハンパ無い重さです!


◼️1区  2,700m 標高320m (前半ロード/後半登り)
1区の練習はロゲの帝王柳下さんと、吉藤くんの友人で今回同じチームメイトになる前田さん。
いざスタート!!!
E154F4E1-9800-4144-804B-E1D9AE92909D.jpeg

ちなみに昨年の1区区間賞はTJAR2014の山本さんで32:56。
これが1つの目安です。


7FE8295E-5702-4657-B268-FE0F917B3549.png
前田さんは昨年二区で区間3位との事で、結構なスピードでグイグイと登ります。
AD7338B2-2760-4C54-B9A8-AB0331BBC193.jpeg
なんとあの帝王柳下さんが付いて来れません!
前田さん37:00で1区終了。
柳下さんはあまりの重さに、途中休憩を入れたので50分以上掛かってグッタリです。
DB58DBE9-C723-4871-AF2A-3999AA027C3A.jpeg
前田さんは昨日50kmトレラン入れてから来ているのに、まだまだ余裕がありました。
大会当日も1区担当が決定。


◼️2区 1,241m 290m (終始急登)
吉藤くんと私。
まー、余裕で勝つだろうなと思いきや吉藤くんが強い強い。
流石昨年の4区区間賞。
4F7D044D-A0FC-4F65-95FD-7994F91B5204.jpeg
普段から30kg背負ってトレーニングしているのだと。

0EFEFDD3-E633-43F7-BD7A-BF957C3F08A3.jpegA636A6D0-637D-466F-8C40-EB62243514BE.jpeg
私は腰とアキレス腱が悲鳴上げてます。

雄叫びあげながら登りましたが、24‘30でゴール。
吉藤くんに1分以上開けられてしまいました。
でも去年の区間タイムだと2位。
ここ5年のリザルト見ても3位相当なのでまぁまぁかなと。
体重減らして、少しトレーニングすれば区間新が出せると思います。(高々に宣言)


◼️3区 1,054m  標高50m (緩い)
ここ5年の区間賞タイムは10’59

大坪穂高と2度目の前田さんが試走。
前田さんが速く大坪穂高が付いていけません!

0E6C01DD-31B0-4302-B506-52750ED529C1.jpeg1973DE4C-A75E-4AB2-AC93-1C67690BD6B5.jpeg
この区間は標高が50mだけで距離も短いのであっと言う間。
前田さんほぼ区間賞の11‘00。
大坪穂高13’00で意気消沈。

◼️4区 1,185m 350m (超急登)
前半私と吉藤くんでスタートも、10分もせんとギブアップ。
ザックの水を捨てようと思ったら、大坪穂高君が残りをやるとの事。
結局1つ分(40L)捨て、もう一つを大坪穂高選手がボッカで上げる事に。
流石TJ選手!

2183D02A-C2C0-4C24-985F-B252DA576A83.jpegAB1B22C8-95B2-4B6B-A6FF-5285D8E37ABE.jpeg
笑顔なし。

ちなみにこの区間は吉藤くんが29‘44で昨年度の区間賞。
過去最高タイムは望月選手の27’06だから望月さんが如何にスゴいかが分かります。

715CB8C4-2104-4655-A0F1-F5ACC37ADBD7.jpeg
10kgを担ぎ先にゴールしたマサエさん。
こうなりますわね....。

◼️ゴール後
花立山荘に50L分の水を提供。
私はビール2本を飲みますが、寒くて仕方ないのですぐ下山。(飲み干せ無かったのですが、山で捨てるのは何か嫌で持ち帰り)

12AFD840-9098-4AC4-91DA-EF6FB435ADDB.jpeg
大倉バス停付近では早いもので桜が咲いてました。
899B62AC-F6FB-471B-881A-3106618DB6D5.jpeg039EEA4D-EDD1-4405-A513-0BD1D5CC533D.jpeg

去年優勝チームですので、今年もV2を狙います!
“ 全員区間賞 ”を合言葉に優勝だ!
1区前田 2区男澤 3区大坪 4区吉藤
「 チーム 一番槍 」応援宜しくお願いします!!

( 今日かなりヒザが痛いです。)
posted by 男澤ヒロキ at 17:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/