2020年02月24日

【冬期登山】越百山

2020/2/23-24は中央アルプスの越百山へ。
( 雪山登山ばかりの内容になり申し訳ありません... )

当初上越市の槙島さんと蝶ヶ岳に登ろうと計画しておりましたが、焼岳登山口Pから横尾までアプローチが長い事に加え、入念に調べるとその駐車場も除雪されて無く使えない可能性が高い事が判明。
おまけに日曜の天気が怪しいので、前々日に越百山へ計画変更した次第。
TJAR2018で唯一の同い年である高田選手も合流し3人で行く事になりました。
高田さんとは今シーズン3回目の冬期登山です(笑)


◼️2/22(土)
仕事を15:00で早上がりし国道19号線で登山口のある長野県大桑村へ。
スーパーマルトシの駐車場で槙島さんと合流し、明日の宴会用の食材やお酒を買い出しします。
C3416656-0BB0-4802-9A66-AF286913F929.jpeg644EFB71-DDE5-46A6-816F-C90FF2063A92.jpeg
豚の頭は買いませんでしたけどね(笑)
マルトシはすぐ半額になるので、北アルプス/中央アルプス行く際は本当重宝します。
出来る限りその地域でお金を使うのが男澤流(笑)

その後大桑スポーツ公園のベンチで、槙島さんと23時まで前夜祭をし車中泊。


◼️2/23(日)
朝6時に高田さん合流。
忙しい中那須から遠路遥々来たので寝不足のようだ。

7:00
伊那川ダムの登山口から4kmくらい手前のゲートに到着。
19号線から僅か20分。
駐車場は6〜7台くらいが限界な感じ。
この日は2台が既に駐まっていた。

7F638FF6-0E6A-406E-8DD0-5E0FF97C1663.jpeg
ここで着替えて7:40にスタート。
74ED6EDE-7E1F-44AD-A5B6-A8D2143562C3.jpeg

8:10 夏期駐車場到着。
ここから更に2kmアスファルトを歩く。
82583BD5-5AA3-499B-8C74-1B3D0CF93A1A.jpeg

73CAEB30-6DFC-4652-8858-763FAEB25FC0.jpeg
路面は凍結しておりその上に雪が積もっている。
コケるので気が抜けない。
約1時間で登山口到着。

そこからの登山道は若干凍結しているが、それは慣れてるのでツボ足で進んだ。
積雪はあまりない。

2FAEFCCE-5F8D-4D6A-96C0-AAF0917CE6C3.jpeg
途中水場から積雪量が一気にアップ。
先行者2名が必死にラッセルしてくれているのが伺えた。
その先行者を途中でパス。
なんと私達の2時間前に出発したとの事。
新雪でトレースは当然無し。
お疲れ様でした。

スノーシューに履き替えるが、雪が緩く全然噛まない。
おまけに23kgのザックが重く、高田さん槙島さんの後でも大きく沈みハマって動けなくなる。
ラッセルは本当疲れる。

13:15 越百小屋到着。
30A3248F-DB88-43F8-9FDC-7A489C63A1EA.jpeg
約5時間半掛かった。
CT 5:30だが2.5kmくらい手前から歩いているのと、ラッセルしたにしては上出来。

途中で抜いた2人も到着したが8時間近く掛かっている事と、日帰りでの計画と言う事で「 僕らの頂上はここにします 」と見切りを付けてすぐ下山してしまった。
良い判断だと思う。
小屋から山頂まで更に1時間30分は必要だし難易度が格段に上がる。

984AB01F-A7B4-4A0C-A87F-BC88E43DC140.jpeg
小屋はこんな感じ。
中に入るのには扉を開ける為スコップが必要。(小屋付近で1.5mの積雪量)
MAXで8人かな。
とても明るくキレイだ。
携帯はドコモもAUも圏外。

お腹ペコペコなのですぐ宴会開始。
9333ACB0-8A76-4C06-B72F-9A006E746B4F.jpeg
焼肉が美味しい!ビールが美味い!

なんと、この後15時すぎくらい外を見たら女性が立っていてビックリ。
「 いま!!?ウソでしょ?!!! 」
すぐ相方の男性も追いついて来て小屋の中へ。

埼玉県熊谷市から来られたこの御二方も交え5人で再度宴会です。

2964B0A3-A15B-4827-B8F9-DB1961C77A92.jpeg
F3F44BB9-000D-48D6-8BB8-A60BED1F711E.jpeg
B3AB9F22-E1CF-4C06-A03F-C0484B07BD4B.jpeg
4D8318EB-B924-49B0-B97A-467E1358A558.jpeg
ビール7本飲んだのでトイレ回数がハンパ無い。
その度に写真撮影。
マジックアワーがとてもキレイでした。

21:00頃就寝。


◼️2/24(月)
朝5:35 私のアラームが鳴ってしまい皆んなを起こしてしまいました....
5F9BE795-6D3D-47CA-A99D-DF0C7A566243.jpeg
すぐ朝食と身支度をして7:15に山頂に向かいスタートします。

9580A22D-78DC-434C-BA6B-CA5BAC635919.jpeg
森林限界まではスノーシューが有効。
ここも雪が深くトレースはありませんでした。

AC5FC653-856B-42BD-991A-95213120B107.jpegE84A2E03-324A-4259-AF42-6632097DB364.jpeg
森林限界が終わった所らへんは、急に風が強くなりますし雪質が大きく変わります。
ここでアイゼンに履き替えます。

DF4DECF9-E9AD-4DB8-8CC9-ADABA219AC66.jpeg
痩せ尾根をリードしてくれる高田さん。
伝わり難いですが、高度感結構あります。
雪庇もありワンミスが命取り。

D5EF590B-BF48-4E0E-8918-D54F7DA1033D.jpeg
8:28 越百山登頂
最後の急登はクラストしておりルートも不明確。
下を見れば奈落の底。
私が先頭だったのでライン取りを間違えぬよう、ピッケルを差し込んで蹴り込みながら登りました。
( 後で高田さんにあのライン取りが間違って無かったか確認 )

DA345855-6CB7-4DC6-83F3-B30D35D53146.jpegF4F6FC80-C2D4-4A66-88AC-C8E3F999628A.jpeg
埼玉から来た御二方も無事登頂。
寒さで心が一瞬折れ掛けた槙島さんも復活し登頂です。

帰りもこのクラストしている所を降りる訳ですが、高田さんは優しいので埼玉県の御二方にクライムダウンを教えながら降りて来ます。
私はチャチャっと降りて木の影で待機。
酷い男ですよね〜(苦笑)

下りは楽チン。
スノーシューを滑らせながら時々大ゴケして雪まみれ。
小屋まで40分掛からずです。

12:00
登山口到着 
8596DD77-467A-4CC9-B14C-ACE4C791490B.jpeg

12:53
伊那川ダム
DA0D200D-C9E5-4F7F-9411-B16879DD2552.jpeg

13:10
駐車場に到着し解散。

高田さん槙島さんもご満悦の中々良い山でした。
ポイントは林道のアイスバーンかな?(笑)
普通に歩いたらコケます。
まー冗談は置いといて、2,200m〜2,400mのキツイ急登と、森林限界以上のクラスト部分ですね。
雪質にもよりますが経験不足だと厳しいと思います。
高度感もかなり。

急遽変更したプランでしたが、本当楽しい登山でした。
登山届や事前準備をしてくれた槙島さん、急遽にも関わらず遠い所から来てくれた高田さんに感謝しかありません。


毎週雪山に行きたい所ですが、ちょっと忙しく少し期間をあけようと思います。(でも隙があったら行きます)
3月連休に“ さらさら越え ”です。
楽しみな反面少し臆している自分もいます。

絶対失敗は許されないので...。

#越百山冬期登山
posted by 男澤ヒロキ at 16:45| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/