2019年12月27日

年末が充実している(充実しそう)

昨年の年末は30日に甲府でNHKさんの取材。
31日は八ヶ岳の根石岳山荘で見ず知らずの登山者と、年越しを過ごし良い想い出が出来た。
その前の年越しが、確か妻の実家だったと思うが思い出せない。
そう考えると年越し登山は自分の想い出に刻まれ、ゆくゆく「 ◯◯年はあの山で年越しを、あのメンバーとしたな 」と思い出せるので、残り少ない(?)人生を刻める良い行事だと感じた。


◼️さて今年は...
夏秋から冗談半分で「 年越し登山やりませんか? 」と声をかけていたメンバーがほぼ全員ヒット。

それで中央アルプスの某冬期小屋で年越し宴会を兼ねて縦走する事に。
※これわざと告知してます(笑)


6時間くらいラッセルして登って雪掻きして、そこから鍋つついて。
熱燗で甘酒のんで。
ラジオで“ ゆく年くる年 ”聴きながら年越し蕎麦を食べると言う、凄い日本らしい大晦日が過ごせそうです。

翌日元旦は、お雑煮を食べて7:00くらいに初日の出を見てからスタート。
木曽駒ケ岳山頂の神社で初詣です。
そして千畳敷カールでコーヒーを飲んで下山。
お風呂と食事へ。

なんて素晴らしい企画なんでしょう!!!


ただ危険もあるので慎重に安全にが基本で深酒しないように致します。
今はこれが本当に楽しみ!!

29日も某山に一人で登って年越し登山の練習会をします(笑)
まったく走ってません!

最高の思い出が出来ますように。
posted by 男澤ヒロキ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

箱根駅伝が楽しみすぎる!

私自他共に認める箱根駅伝オタクです。
昭和64年の第65回大会(順大が優勝)からお正月はテレビの前に齧り付いてます。

ここ15年くらいは妻の実家で遠慮なくそれを実地。
1月2日は朝5時に起きて12km先の成田山新勝寺まで走り、箱根駅伝前に身体と心を清め視聴する準備をします。
そして8時に帰ってきて誰も起きて来ない事をいい事にテレビの前を独占。
来年も毎年恒例のそのパターンです。


◼️私が応援する大学は....
東洋大学と駒澤大学です!!
私は高卒なんで母校とか言う訳では無いですけどね....
なぜかと言うのは。

@ 監督が好き 
2人の福島県出身の監督の考え、男気が大好き。

A 日東駒専の東駒が渋い
完全な私の感覚です。色かな?
逆にMACHはあんまり好きではありません。

B 常に上位で維持させる力がある
東洋大は12年連続3位以内キープですからね。
駒澤大も時々弱い年がありますが、すぐ上位に復帰してきます。
そのまま弱くなったりしないのがスゴイ。

C ユニホームがカッコイイ
鐵紺のスクールカラーが男らしい。シンプル。
駒澤大学の紫も仏教の袈裟のイメージでカッコイイ。
( 私め、TJAR2018では東洋大のユニホームを真似て上下鐵紺にしました )

何故かこの2校応援しちゃうんだよな〜...。
他の大学さんごめんなさい。
明治大学も好きです。


◼️第96回2020年を簡単に予想
優勝は。
普通に考えたら東海大学の2連覇でしょうね。
佐藤悠基の頃は東海大学も応援する一校でした。
でも私は最近応援を全然してません。
ちょっとスカウティングが強すぎるんだよな〜。
ここまで徹底して高校生の上位級取っちゃう??そりゃ優勝するでしょう!って思いましたもの。
ちょっとそれが面白くない。
選手層がハンパなく厚いので優勝は固いと思います。

2位は青山学院と読みます。
東海大学に及ばずもここも選手層が結構厚い。
強烈なエースがいなく全員がA級の強さ。
若干4年生が今までのような飛び抜けた選手がいないが、勝ち方も知ってるのでもし東海大学でワンミスが出たら接戦になると思います。

3位 駒澤大、東洋大
駒澤大の方が強いかも。
東洋大は相澤選手がいますが、復路で選手が毎年薄くなっていると思います。
あと2人くらい計算出来る選手が欲しい。
2年連続1区1位の西山選手が、どれだけ本調子に戻ってきているかも疑問符だ。
駒澤大学の方が山下選手、ダブル中村タイセイ選手、田澤選手と役者が揃っていると思うと東洋大の13年連続の3位以内に黄色信号だ。

相澤選手は学法石川時代高校駅伝4区で14位なので、今の東海大学の選手と比べると当時は見劣りする部分があったが、今では大学駅伝史に残るような強い凄い選手になっている。
酒井監督の育成手腕の賜物だろう。

國學院大学、帝京大学、東京国際大学も強い。
拓殖大学、早稲田大学あたりまでがシード権内に来るのでは無いだろうか。


◼️最後に
今年は26年ぶりに筑波大学が参加します。
筑波大学は100年前の第一回大会で優勝している。
そしてNHK大河ドラマ「 いだてん 」の主人公金栗四三さんの母校でもあるのだ。

100年前、金栗四三、26年ぶりの3つの偶然(?)が重なる奇跡が実は起きてます。
TJARの神様じゃないが、箱根駅伝にも神様がいるのでは無いかと思う程。

弘山勉監督も論理的な指導で、奥様の晴美さんを日本代表のマラソン選手にしている。
その手腕が箱根駅伝でも観れるのだ。

非常に楽しみだ。
筑波大学頑張れ!とTVを観戦しながら応援したい。
posted by 男澤ヒロキ at 21:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

【登山】小河内岳冬期

19/12/22は小河内岳へ冬季登山をして来ました。
本当は前日に男澤家で忘年会する予定でしたがキャンセル相次ぎ中止に。
まーこんなもんです。いっきにヒマ。
(ちょっと憤りを感じてます)


◼️12/21(土) 午前中仕事。
午後から下道で一人鳥倉登山口へ。
今回一緒に行くメンバーはTJAR2018の高田選手、TJAR2018予選組の野寄くんです。

18:30 鳥倉到着。
車は2台しかありませんでした。
高田選手たちはこの日唐松岳に登ってから来るので19:30到着予定との事。
それまで寝て待ちます。

19:40 高田選手、野寄くん到着。
駐車場に高田選手の4人用テントを張りその中で焼肉宴会開始です。

182998B8-E2FF-4F2E-8C95-5307DE8F0361.jpeg
焼肉とビール最高!!!
そしてフライシートオンリーで寝るスタイル。
インナーテントなんてクソ喰らえです。
(インナーテント忘れただけ)

22:00 就寝


◼️12/22(日曜)
5:20 ビールから熱燗に行って飲み過ぎて寝坊しました。
5:45 15分遅いスタートになったのは私のせい。
864F4200-A92D-4C70-8D7C-D6A68B635D76.jpeg

0CB95059-1591-4F3B-A558-88318CFB5DAE.jpeg75B134FB-5A93-4425-AD4C-180FD64E6BC0.jpeg
登山口まで30分林道を歩き、とことこと三伏峠を目指します。
六合目(?)からアイスバーンになってるのでチェーン必要。

途中で3人のパーティーとすれ違います。
カッコイイ男子にキレイな女子2名。
本谷にテントを張り塩見に登って来たとの事。
こんな楽しそうな登山自分もしたいです。
(こっちはゴツイ男3人)

2653499A-2293-417D-BF1F-84A7B43C290E.jpeg
8:15 三伏峠到着
ここでアイゼンに履き替えます。

9:14 烏帽子岳到着
2C74FB6E-B81A-4DC4-8450-DC03C226232C.jpeg
57740E8C-0EFD-4598-A7DE-62D74F4E1A36.jpeg
富士山がキレイ!

野寄くんが若干遅れ気味。
前週フルマラソンを2:42で走ってるからか、山慣れしてないかが理由だと思います。

ここからルーファイ。
A384527F-51D7-4563-9730-B2551172C211.jpeg4F42A1E2-5C20-4741-840C-F23940680B5D.jpeg
ハイマツ漕ぎが凄く大変。
「 小河内をナメてた 」by高田選手

自分もハイマツを踏みながら2人をリードするべく進みますが、結構な回数の踏み抜きに合いゲンナリ。
一回踏み抜くとかなり体力が消耗されるので、携帯に保存していた森高千里のインスタ画像を見て復活します。
741C8923-D83A-41DF-A9F5-0993097B8FC8.png2ACF1904-FD64-4166-98E8-7EDC69DEBE73.png


10:40 小河内岳登頂
084FE5C1-FE1A-4F0C-BF8E-94CCAC6A1CD9.jpeg4D7E9E03-68EE-49E7-BE9E-588849326C61.jpegA0FE72A8-2388-4266-B831-07667A2F79D8.jpeg
鳥倉の駐車場から5時間も掛かりました。
この後小屋でコーヒーとカッペロを食べ30分の大休憩。

1C0B0AF2-CC23-454F-851C-0E55923B6C93.jpeg259FA5C6-694B-404C-AB52-B0EB6D3925CC.jpeg
富士山がキレイ。
でも天気予報通り午後から崩れそうです。

12:45 三伏峠に着いた頃には雪が舞い始めます。(粉雪にもならないレベル)

1CF948A4-C682-4040-AD15-9AC7F3A3F3B7.jpegDC6EF6A4-E2E9-439F-9339-00834583E927.jpeg
15:10 鳥倉駐車場到着
雪が結構降って来ました。

全行程で9時間25分。
烏帽子から小河内までの稜線はルートが分かりづらいしハイマツが行手を阻みます。
当たり前ですが夏と違うし、体感的に2倍くらい疲れると思っていいでしょう。


12/25で冬季ゲートが閉まります。
となるとゲートから6.5km歩いて鳥倉駐車場へ。
そこから更に3km歩くので初日に三伏峠が限界。(相当無理すれば小河内、塩見小屋に行けます)
もう今シーズンは自分的にいいです。

疲れましたが、本当おもしろかった。
付き合ってくれた高田選手、野寄くんに感謝。

高田選手とは年末も一緒に中央アルプスに登ります。


◼️最後に....
途中、冬季用登山靴の靴紐が、逆側の靴の上部に干渉しロック。
コケて膝を岩にぶつけ負傷です。

1786BFA0-DB43-4A4D-9C9A-50DA071D2FCF.jpeg
冬季用靴を履く際にはゲイターを付けましょう。
あれが稜線で起きず良かった。
また一つ勉強になりました。
( 普段登山靴を履かないので.... )
posted by 男澤ヒロキ at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

誰かー!!!(急な登山のお誘い)※〆切ました

12/21(土曜夜)男澤家で某8番の選手とトレラン系の方々で鍋突っつきながら忘年会をやる予定でした。
ところが8番のニャロメが得意技のキャンセル!
あとはなし崩しで“ 止めようか ”という感じでドタバタとキャンセルですよ!(号泣)
せっかく部屋少し掃除したのになぁ〜...。

899135C4-FDBC-4C82-9949-54A232DAC4BA.jpeg
(輪カンジキ買いました)


一人で鍋やると泣きそうなので、15:00から恵那山に登ります!(午前中仕事)
恵那山じゃなくて南木曽とかその周辺でもいいです。
家に一人でいたくないのです....,

誰か一緒に行く人いませんかー!!!
避難小屋泊です!(これガチのお誘いです)


※12/20 18:00 高田選手、TJ2018予選組の野寄君と小河内岳に行く事が決定しました。
posted by 男澤ヒロキ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

【登山】甲斐駒ケ岳2日目

19/12/16(日) 七丈小屋
夜中2時に鼻詰まりが酷く起きた。
イビキをかいて回りの宿泊者に迷惑をかけてないか気になる。

ここで便意が来てトコトコと外のトイレに。
昨日1回しか出なかったので治ったと錯覚したが全然ダメ。
朝も含め計5回スプラッシュしました。


朝6時に起床。
朝日の撮影に外に出て撮影。
2F12FAB5-658E-4853-B090-118AA984D174.jpeg
富士山が綺麗。

私たち3名以外の登山者は既に小屋を出たようで、料理をしながらゆっくりと過ごす。
CE1C83D3-AB73-4F82-9561-C9FFA55E5A62.jpeg
きのこたっぷりの豚汁が美味しい。

9時出発。下山へ。
七丈小屋のヨウヘイさんと記念撮影。
7CFF2CBF-D49F-42F7-819E-4CC65C4AB7C9.jpeg
ヨウヘイさんのマーモットのTシャツがカッコイイ!山男!!

88A94163-1A88-4989-9AAB-491C7F172E58.jpegFA8358C7-8A01-44B0-934D-058754033344.jpeg
キャッキャ言いながら楽しく下山です。

8C688297-0086-4911-9794-BF9CDD5DB442.jpegEDC338A5-4B32-4A93-8711-FE7E2E79A4DD.jpegA6769555-AAF6-4861-B777-07D607A99E5B.jpeg9B3801BD-5686-4D7F-9A2B-F5CCAC5AF1C0.jpeg
途中で黒戸山ピークまでルーファイして遊びます。

93E7E490-B88A-493C-A843-0FE6AD98B98B.jpeg
八ヶ岳にウットリ。
下山だけなのに結構疲れてました。
そんな時はショートカットの壇蜜を見て復活。
941EF9B9-B085-4115-96C5-841FE1312E9B.png

13:00 尾白渓谷の駐車場に4時間で到着し解散。
その後下道で帰路へ。


◼️備忘録
@ シューズはスノー用のトレランシューズTECNICAスノーキャット。
これに12本アイゼンを装着。
2,000m程度ならこれで充分。
今回も全然行けました。が雪が深い場合は無理。

A水分(水)
登り7時間は500mlのみ使用。
下り4時間も500mlでドンピシャ。

B登山道の状況
六合目から七丈小屋までチェーンスパイク必要。
以降は八合目までチェーンで行けるがアイゼンの方がベター。


以上
今回KさんMさんに大変お世話になりました。
Kさんの準備力が凄く「 スーパー主婦 」の異名を持つだけの事あります。
宴会登山レベルが1つ上がりました(笑)
ほんとありがとうございました。

それなのにグッタリで夜の部のお付き合いが出来ず申し訳ありません。

年末の中央アルプス登山大丈夫かな?と一抹の不安が....
ボッカは某マッチョの選手に任せて俺は楽に行かせて貰おうかと考え中です。


あー、年末がとても楽しみ!
posted by 男澤ヒロキ at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/