2019年04月30日

【引率】伊那トレイルツアー

◼️4/28夜
高遠フォトロゲイニング終了後はスタッフたちと赤石商店という民宿で打ち上げをしました。
こことても安い民宿でオシャレ!
おすすめです!

ここで大会協賛企業の仙醸さまから頂いた日本酒を飲むましたが、これまたフルーティーで飲みやすい!!

大会の疲れもあり、深夜1時くらいで限界が来て意識がブッ飛びました....。


◼️4/29
気がついたら朝。
口を開けて寝てしまったらしくノドが痛くて仕方がありません。

今日は高遠フォトロゲイニング参加者限定のトレランツアー引率スタッフです。

身体はバキバキ。
眠いし、疲れてるしで一歩も走りたくありません。
この時、一番遅い集団とファンランをさせてもらおうと考えます。



トレランツアー待ち合わせ場所に行きスタッフ打ち合わせ。
柳下さんと私め、一番速いAチーム担当との事.....。

Aチームは30名近い参加者のうち2名の参加者のみ。
その2名もサブ3ランナーで今にも走りたくて仕方ないくらいうずうずしてます。
3524AFF6-06AF-40B5-AEFE-83A139031999.jpeg2AAC21B5-2CCD-49E1-B5EC-F2ABF617176E.jpegA98BCC38-C407-47B5-B4AC-2B871C44ED0B.jpeg

ここから地獄が。
スタートしてまもなく、誰がけしかけたか超ガチランが始まります。

スタッフなのに離されては行けないと昨日に続いて全力走行。
マジで止めてくださいと泣きそうになります。


一番最初は400mの直登。
登り切った高鳥谷山(1,330m)はキレイな展望でした。
6BBD6461-F85D-410E-B1F8-A16A9F5A6DF4.jpeg

そこからまた競争モード....。
BチームやCチームのスタッフに代わって欲しいと懇願しますが、誰も交代してくれません。

でも飯島さんが選ぶトレイルは景色もいいし、走りやすくてフカフカ。
初心者からベテランまで本当楽しめます。


結局ところどころ離されながらも、16kmを何とかこなしました。
17D920C7-078C-4373-A35F-06AE30CB4C92.png
途中で読図講習や藪漕ぎもしたのでトータル時間は長いです。


ラン終了後にツアーの昼食で信州そばをみんなでたべました。
D2A27299-C18C-42BF-B956-D6DCDFC74794.jpeg


今日は仕事....。
かなり疲れてましたが、気持ち切らさず頑張りました。

オチ無し。
今日で平成最後かと思うとなんか寂しいですね。
大晦日に似た感情です。
今夜は一人マンションでNHK見ながら飲みます。
posted by 男澤ヒロキ at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

高遠フォトロゲイニング参戦記

二カ月以上前から4/28の為に生きて来たと言っても良い程、気合いが入ってた高遠クローバーフォトロゲイニング(5時間の部)。
前に書いたように3/14に左ふくらはぎを肉離れし、練習再開したのが4/7。
これは普通に考えたら勝てる訳が無い。

でもチームを組む相方は“ 帝王 ”こと柳下大さん。

自分はダメだったで済むけど、柳下さんの顔にドロを塗る訳には絶対いかないと、TJAR前並みに禁酒や練習レースを入れて調整しました。
いや、TJAR以上にピーキングの意識をして20日でほぼ戻しました。


そして....。

優勝しました!!!!(号泣)
78A128E5-C9C6-48BA-B47D-69BB9518C80D.jpeg


◼️説明とレース前準備
⓪大会詳細
5時間 2000点満点
1分オーバー毎100点減点。
地図A4縦 1/25,000
要は5時間以内に31カ所のポイントを出来る限り多く獲得します。

@レースまでの練習内容(ざっくり)
・4/6 20kmLSD → 久々に走り具合悪くなる
・4/14 掛川マラソン → サブ4もゴール後ゲロ。
・4/18 春日井三山でトレラン7km。 → PB更新。
・4/19 AM10kペース走
           PM20kmLSDの二部練。 → 最後5km走れなくなりトボトボと歩いて帰宅。
・平日は10km 4‘30を程度を2日に一度。

インターバルは肉離れするので、やめて少しずつ強度を上げました。
そして3時間なら誤魔化せると計算出来たのです。
レースは5時間。
気合いと根性であと1時間は保ててもあと一時間をどうするか....キツそうだ。

柳下さんに4時間で潰れる旨の謝罪メールを最初にしておきました。


Aプランニング
柳下さんと一緒に考えます。
柳下さん優しいので私の意見を聞き入れてくれますが、ほぼ最後まで合致してました。

先ずは高得点エリアを考えます。
後は山間部をどう繋いで行くか。
1時間あたりの着地位置を設定。


◼️いざ開始!
いきなりロードを4’30/kmで進みます。
高得点で地図右下の端っこ、後から行きにくい部分を先に全部抑えました。

そこから山間部に入ります。
柳下さん基本トレイルですが、ショートカットは常に意識して四つん這いの直登とか普通にガンガン進みます。
そして走りながら地図を読み、それでいてドンピシャでコントロール(ポイント)に行き着くのです。

別チームの強者選手が単独のオープン参加で出てたのですが、その方もほぼ同じルートながらショートカット毎に遅れて行くのでした。
8851B3D5-E0FE-4FFD-86DE-339D8787F51E.jpeg

3時間が経過...
やはり結構疲れて来てましたが、レース自体山間部メインの設定にしてあったので、ロードほど疲れず。

3時間30分経過
少しずつ柳下さんより遅れ始めました。
柳下さんがペースを落として合わせてくれます。

4時間経過
ピコン!ピコン!と私のカラータイマーが鳴り始めて独り言が多くなります。
この時点で1,500点取れてたので、優勝を確信。
以降地図を見るのをやめて柳下さんに付いて行く事に集中します。

4時間35分
残すコントロールは6個ですが、あと1個が取れるか取れないか。
会場近くの山の山頂に60点と微妙なのが残っており、最後にそれを取ると柳下さん宣言。

その60点の山頂は150m近く登らなければならず、潰れている私に往復25分で行く力が残ってませんでしたが、柳下さんが私の背中にそっと手をあて押してくれます。
「 取れても取れなくても残り10分で引き上げましょう 」
優しいような、厳しいような。

マジ地獄でした...。
もう止めましょうと何度言いかけた事か。

何とか15分で60点を取り5分で下山。
5分前にゴールしました!
6146933F-A1EA-4C80-8FE6-CBB42665FFBB.jpeg

ルートはこれ。
31コントロール数のうち26箇所獲得。
E09371C3-9C32-490C-8457-AAD229758F63.jpeg

距離は35km弱、累積標高1,885m
04B643E0-AA6D-4519-891E-55AB06C389A0.png

ゴール後その場で倒れて死にます。
8AE4D303-59AE-4694-ACC0-6CC3CD6E7C33.jpeg

腕や脚はキズだらけ。
8D0C0A1A-D920-40D9-99C5-6E46554D663D.jpeg
000981FC-4F03-48D6-ACCD-3C3712CBF044.jpeg



成績はこんな感じ。
7B1C48C6-458E-413F-8065-569F3CEA8EC5.png
1,678点/2,000点中
2位が1,400点ちょいなので、そのすごさが分かると思います。

私が最後落ちなければ1,850点は行ってたと思います。

さすが柳下さん競技しながら点数しっかり把握してました。(私はざっくり)



何が凄いって、中々文章で伝えづらいのですが、人間性も含めて全て凄いです。

やっぱこの歴30年近くやってるだけあって無敵。
帝王の異名は伊達ではありません。

良かった〜....。
柳下さんの無敗記録に墨をつけなくて〜....(嬉泣)

来年はディフェンディングチャンピオンとして又高遠ロゲイニングに出ると思います。
そしたらおのずと2,000点パーフェクト狙いかなと。
(でもUTMFに当たったら出ません)


まーとにかく今はホッとしてます。
ランは2日間休みます。
疲労が酷いので5/1アルプス登山もやめました。

次は5/20野辺山ウルトラ42k。
これを入賞狙いでスタートから突っ込みます!
posted by 男澤ヒロキ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

UTMFに首ったけ

昨日4/26スタートしたUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)。
自分的には仕事休みが取れないので、今まで興味無さそうにしてましたが、友人が沢山出ているので“ 応援ナビアプリ ”で友人名を入れて、「 頑張れ!頑張れ! 」ってネット上で応援してました。

今回からかな??
アプリ上にコースが出ており、GPSトラッキングでリアルな位置が確認出来るのです。
3FA052A1-F70B-4DFB-9970-8DE827F1D8B2.png

これ見てたらハマっちゃって夜も寝れません!
TJARでハマる人がいると言うのが良く分かります!
※TJARの方がもっと順位変動頻繁なので面白いと思います。

そして....
友達の頑張りに触発されて、私もUTMFに出たいと言う気持ちが芽生えて来ました。(今ごろ!?)



実は今までポイントすら取った事無いのです。
辛うじて土日休みで出れるSTY(静岡to山梨:75kmくらい)に2015年の時出場したくらい。

この年はノリにノってて、このSTYは10位以内目標にしてたのですが、この4日前にOSJ王滝ダート42kmに出場。
王滝ダートで平澤賢市選手、伊藤健太選手、栗原選手とガチガチでやり合って結果5位入賞。

ここまでは良かったのですが、毎週仙台から長野や山梨に遠征だったので、疲労が溜まっていたのです。
スタート前でボロボロの状態。

そしてSTY当日、果敢にスタート直後から外人選手より速く飛び出して、いきなりコースアウトの15分ロス。
最後尾からリスタートしましたが、渋滞で全然抜けません。
途中でゲロゲロ状態....。
何とか完走しましたが250位くらいでした。

でも今でもすごく良い思い出になってます。


土日休みが限界な自分にとってSTYは出やすいのですが、今回の大会から無くなったとの事で残念です。



今回のUTMF。
現時点(4/27 12:45)でまだ続いているものの、友人の伊藤健太君が8位、土井陵君が9位と大健闘。

今の自分だったら....
きっとリタイアでしょう。

でも一年後なら50位以内目標でも行けるのでは???
信じられないかも知れませんが、実は今まで100km以上で完走した事無いのです。

自分寝ないと無理なので....。
160kmだと30時間切るくらいでしょうか。
そしたら途中絶対眠気が来ますので2-3時間は寝たい。
そしたら完走出来るけど、順位にもろ響くなと。
だから今までずっと回避して来ました。
私的に一番中途半端な距離で苦手なのです....。


でも来年は出ようと思います!
実際レースになったら10分睡眠3回で相当回復するだろうし!
ゼロ次関門(仕事)が厳しいのでDNSのリスクもありますが、それでも国内最大のレースに出て見たい。

UTMFで弾みを付けてTJARに挑むのです!

練習方法は月に二度10時間走かな?
先ずはポイントレース探して確実に取れるように致します!


7F0B232D-2057-4FF7-83A6-25155F8FEB72.jpeg
※UTMF会場に私の写真が(笑)
posted by 男澤ヒロキ at 12:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

大型連休の予定

今日は静岡に出張でしたので、仕事後18:00〜土砂降りの雨の中を20k程キロ4〜4’30でプッシュプッシュのラン。

途中全身ずぶ濡れのままスポーツショップ“アラジン”に寄り6/9トランス静岡に参加表明。

更に望月選手に会いに行くと言う奇想天外な行動まで。
風邪引くので5分程度でしたが、軽く現状と今後を話しました。
※望月選手からクッキー貰いました!(笑)


酷い雨でしたが、私はあまりその部分気にしません。
今日何キロ走ろう。と決めてて、そこに雨が降ってたと言うだけ。
“ たかが雨 ”、“ しかもロードで ”の意識。

むしろ雨の方が何故か調子いいと言う.....(^^;;
花粉やダストが飛んでない事と、集中出来るのが要因だと思います。



◼︎世間的に今年の大型連休は10連休だと騒がれてますが、私は4/28-29、5/1、5/4-6と変則休です。
食品業界ゆえに仕方ないです....。

・4/28-29は高遠ロゲイニングとトレイルツアーの引率。
これかなり気合い入ってますが、5時間キロ4‘30で押し切れるか心配....。
100%後半潰れると思います。

・5/1はまだ仮ですが、中央アルプス越百山へ雪山の短日単独登山。(相方募集中です!)

・5/4-6は京都伏見稲荷神社を0:00にスタートして5/5 13:00に敦賀市の気比の海岸まで山々を。
行程が短いので45Lのザックで無補給はもちろん、行程後の着替えまで全部持ってきます!
初めての高島トレイルなので楽しみな反面、1人なのですごく寂しいし一抹の不安も....。
修行や!修行!!!(>_<)
(応援者いたら嬉しいです。きっと誰かゴールで待っててくれるんだろうなー。。。)



今年の大型連休は至る所で壮大なスケールの山行計画が組まれているようで、その情報を聞く度全部に出たくなっちゃいますが、休みが点々なので今のところこんな感じ(^^;;


皆さんも良い大型連休を!

※変な拘りですが、私はNHKさんにならってゴールデンウィークと呼ばず大型連休と呼ぶようにしてます。
posted by 男澤ヒロキ at 23:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

【TJAR対策】イレギュラータイムの制御

土日は仙台に帰省し子供(5年生と2年生)の授業参観に。

昔と比べてだいぶ緩い教育のように感じましたが、どっちが正しいとも言えないし、足らないと思うなら自宅や塾で教育をさせる。
義務教育とは言え、もっともっと子供や親が自ら考え“ 自走 ”しないといけないなと感じた次第です。

1A10CEDC-98DD-4722-BEC0-3672D035E923.jpeg
(桜が満開でした!)


◼︎さて、先週中にNHKさんからTJAR2018のBlu-rayと書籍が届いており、授業参観後の午後に書籍からじっくり読ませて頂きました。

085A9AF5-177D-487B-A5F5-20C5B3CC6C37.jpeg
私のような弱い選手を結構クローズアップして頂き、NHKさんには改めて感謝致します。


文章の中の私のTJAR前の睡眠時間の記載がありました。
3時間寝て起きるとか、10分単位で寝て起きる練習とかです。

これは私独自の練習方法です。
正直科学的根拠とか言われると無いかもしれません。



普通にアスリートとして日常を過ごすなら、決まった時間に寝て、起きて、仕事して、私定時で帰ります、と練習するルーチンをこなすのが絶対良いと思います。

その方が練習やレースの計画組みやすいですし、リズムも良いので故障や病気にもなりにくいでしょう。


ただ私はターゲットがTJAR一本。
TJARはご存知の通り、天候、展開、状態が目まぐるしく変わります。
このイレギュラーへの対策/対応能力が非常に大事。
長丁場のレース故に総合力が求められます。

「 21:00に寝よう 」「 10分寝よう 」と思っても、そこにそれらしい場所が無ければ次を探さなくてはならない。
天候が悪ければ眠いとか言ってられない。

ターニングポイントが来たなら、安全ピンを手に刺しても勝負する。
10分では無くて5分で回復させる。

山小屋利用時間まであと3分だったら?
現在の体調は?あと何時間行けるか??
万が一のエスケープルートは???

いくら試走してても読めない不確定要素がバンバン降り掛かります。

これらに強くなっておく為、対応力を上げる為に睡眠時間コントロールの練習を取り入れました。
※平日の夜中にムクッと起きて10km走ってくるとか。


その成果がスゴ小屋から上高地に出たと思います。


ただマラソンやトレランやるならこれはマイナス。
自分も精神的にかなり参りましたし、回復が遅れるので毎日はしませんでした。

マラソン/トレラン強くはなりたいですが、私はあくまでTJARターゲット。
(散々、総合力とか言っといてアレですが....)



また夏が来ます。
前回不規則な睡眠で、精神的に病んだ事をPDCAをするべく、今回は早目に夜中練/朝練や3時間/10分睡眠を徐々に入れ、ストレス耐性を付けて行こうと思います。
posted by 男澤ヒロキ at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/