2019年03月27日

【信念】勝ち続けること。

◾️ラン練習
昨日は瑞穂北陸上競技場で5,000mTTでした。
軽度ながら肉離れしたふくらはぎにまだ違和感があるので、キロ4設定にし少しでも痛んだら止める。
ほぼファンランですが、何とか無事走りきりました。

でも今朝またアキレス腱に違和感。
休めばいいのに休めません。


ここまで無理して練習するのは、前のブログで書いた4/28の高遠ロゲに一緒に参加する柳下さんに迷惑掛けたく無いからです。
私ごときのお願いに快く承諾してくれたのに、肝心の私が走れないでは不義理も不義理。

しかし故障するな〜。

もう肉体的に限界がきているのだろう。
若い頃からギリギリの所で相当無理してたから、今になってボロが出て来ているのだと思います。
仕事後に病院行ったら更に悪化してました....。


◾️本題
今更ながらですが、私には子供の頃から強い信念があって、(結果はどうであれ)そこはブレていない。

それは標題の「 勝ち続けること 」。
更にもう一つ付け加えるなら、「 勝ち続ける為に修正すること 」。


子供の頃は私は何をやらせてもダメで、他の生徒より明らかに劣っていました。

ここで感じたのは、優秀な生徒は常に上昇気流に乗っている事、人からの見られ方も良い。
ダメなやつは味方も少ないし、実際の数値以上に評価が低い。
そして虐められる。
子供ながらそう思いました。


何としても負から正のスパイラルにしないと。
何か1つでもいい。
そこから1つづつ正回転へ繋げて行く。
その努力が大事なのではないかと考えました。

私の場合その取っ掛かりがマラソン。
小学生くらいだと多少日々の練習して、後はド根性出せば勝ちますから....。

その次くらいに数学が得意になって来て「 アイツ変わった 」的に思われるようになって負のスパイラルから抜けた次第。



仕事でもそうだと思うのですよね。

トヨタが2009年為替やリーマンショックの影響で赤字になった時は、トヨタが評判の良い会社から一気に評判の悪い会社に様変わり。
「 派遣切り 」「 下請けいじめ 」「 メディアとの繋がり 」「 デザインが... 」等々けちょんけちょんに言われましたが、翌年業績が良くなってからはこの手のネガティブな話は聞かなくなりました。
A815C0BC-B8EB-4DCD-98FF-E4B06A441746.jpeg
日産やマツダも同じようなケースありましたね。
今あの家具販社も逆風が吹いておりこのままだと厳しいと思います。


スポーツでも。
例えば、プロ野球でA選手が打率2割にも満たなければ「 もう引退したほうがいいな 」「 今日もダメに決まってる 」と悪い空気になりますが、3割を超え始めると「 もしかして首位打者取れるのでは 」「 今日も任せたぞ! 」と良い空気になります。

学生駅伝も、上位校ほどファンが多いし、選手名で呼んでくれる。
いつも下位や予選会当落常連だと、母校でもない限りあまり興味も持ってくれない。
その逆境も1つの醍醐味ですが。


何を伝えたいかと言うと、要は勝つ流れを作る事。
空気を変え、逆風を追い風に変える。
私はここに拘って来ました。


もちろん上手く行かないし、逆風は結構くらいます。
結果もまだまだ出てません。
その度に迅速に修正です。

逆風になり掛けたら、超頑張って追い風に戻す。
「 あいつダメだな 」と言われる前に自分で気が付き、また評価の土俵に乗せ勝つ。

レベルが低いので、年から年中頑張れ無いのですが、ここぞの時に踏ん張って正回転させてます。

空気、流れを大事にする事。
失敗したら即修正。
厳しい環境でも向き合う姿勢と打ち勝つ努力。


社会変化が急速に進む中で、自分を高め変革し追風に乗せて行く。
だから無理しても走る。
私に取ってランと仕事は両輪だから。


4月にまた新しい期になりますが、再度初心に帰りこの一年で大きく成長したいと思います。
posted by 男澤ヒロキ at 19:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

【何度目?】故障してます

実はここ2週間ランしてません。

2週間前に例の如く2,000m×3のインターバルをしたのですが、3’15/kmのペースで攻めたら1本目1,900mの所で左ふくらはぎ肉離れですよ。

肉離れとしては軽度だと思うのですが、歩けないくらいの痛さだったので、その日はケンケンで帰りました。

アキレス腱炎のケがあったんで、攻めるのヤバイかなーと思ってたんですよね....。
アキレス腱に負担かけないようにと走ってたらふくらはぎですよ。

アキレス腱炎はTJARの前から度々起こっててもはや慢性です。
1週間後でも帰宅7kmを歩いただけでまた痛み出しました。



「 故障時こそ真価が問われる 」
2015OSJ奄美で優勝した五十嵐君が発してた言葉。

普段でしたら私もジムトレに移行するのですが、今回ばかりは心がポッキリ折れ何もする気がしません。

本当のモチベーションの浮き沈みの激しさに、我ながら嫌気が指して嫌いになります。
ここのPDCAが全然出来ないなと。

それ以来機嫌が悪い状況。
あー、やだやだ。自分が。

肉食も解禁してビールも浴びるように飲んでます。
このままだとどんどん落ちてしまうな〜。




D21B8F24-92A6-4048-A1F9-B76C6C9F0FA3.jpeg
夜は暇だし、気持ちを整える為部屋の掃除ばかりしてます。

そう言えば単身赴任して今日で2年半。
「 自由でいいね 」と言われますが、故障するとやる事を失いかなり虚しくなります。
posted by 男澤ヒロキ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

【泣】私のフトコロ事情

とかくアウトドアはお金が掛かる。
今やっているトレラン、登山。
興味あるところでスキー、アドベンチャー、トライアスロン。


イニシャルコストも然ることながら、ランニングコストも結構かかり、湯水のようにお金が飛んでいく。

どの趣味もここが一つのゼロ次間門。
参入障壁と言っても良いほどだ。

お小遣い制の社会人では中々この点で興味があっても行動に踏み込めないだろう。
配偶者の理解があればまた違うのだろうけど....。


■公でぶっちゃけます
私はと言うと、ひと月10万円のお小遣いでやりくりしております。

これを言うと「 多い! 」と少し驚かれますが、単身赴任で食費代(ほぼ外食)、日用雑貨、病院代、高速/ガソリン代、ビジネス用品も込みですからね。
(光熱費や携帯代は家持ちです)

食費で月5〜6万円くらい。
飲み会が多く、こちらが出さなければならない機会も少々あるので、その時は7〜8万円。
月々の高速道路料金は(どんなに下道を使う事を意識しても)約1万円。
ガソリン代も約1万円。
部活3,000円。
整体等の病院代5,000円。
本/雑誌2,000円。

かなりざっくりですが、正直遊ぶ余裕はありません。
と言うか登山用具、スーツを買ったり、レースに出るとド赤字です。

その時は少しボーナスで穴埋めしますが、そのボーナスもお小遣い程貰えないので、カツカツの自転車操業です。家ビールも80円の外国産です。
勿論、副収入なんてものはありません。


あー.....。心が貧しくなるわー。
だからサラダバー行くと死ぬほど食っちゃてポンポンがピーピーになってしまうんだわ…。


この小遣い話、飲み会での話題になるのですが、
サラリーの方は3万〜5万円が多く、中には1万円とかいう人まで
缶コーヒー買うのに結構悩んでいるとか聞くとまだ俺は良いほうかと思います。


いや!よくない!!下を見ちゃダメだ!

お小遣い制と言う仕組みが悪い。
いくら所得が増えても多分このままだ。
今からでもこの制度を改正したい!!


この手の趣味を持っている人はジャンル的に金持ち多いのか、バンバン海外レース行ったり、新商品でるとすぐ買ったり、飲み会回数も多く、リア充がとても多い。

本当どうなっているの????と。

40,000円近く掛かる上に宿泊設定や平日にかかるレースなんて一生無理。
そもそも休めないし....。
※OSJやKTFはその点素晴らしいな〜。
※TJARは2年に一度だからこそ(ここぞの)有給所得がしやすい。


本当ブルジョアジーなスポーツ。
(これも飲み会でネタになります)

お金が全てでは無いと思いますし、私はボクサー時代に極度の貧乏生活を経験しているので、まだ今は幸せだと思っています。
個人的にお金がありすぎても失うものがあると思っていますので。

でも単身生活の月10万円ってマジキツイ!!!
posted by 男澤ヒロキ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

2/14、3/14のイベント止めます

「 もうこう言うの止めませんか 」
私の身近な人間が相談して来ました。

バレンタイン、ホワイトデーでの義理の部分。

そもそも何でこうなったのか?
こんなイベントいつからあるのか?まで遡ると更に要らないと感じる。

日本人は行事が好きだし、思い切って告白すると言う面では良い後押しになると思うが、職場での慣例的なのは殆ど意味がない。

強いて言えば売上貢献くらいだ。


クリスマスはまだいいとしても、最近ハロウィンだの、イースターだの、恵方巻きだのとやたらとイベントやプラス1を作り売上のピークを取ろうとする。
確かに経済効果はあるのだろうが、無理矢理押し付けられてる感がしてならない。



私が年のせいもあると思うのですけどね。
日常生活での感動が薄くなってる。

大晦日も普通の日のように過ごして、年越し待たずに寝ますからね(苦笑)
子供の頃は「 お母さーん!!あと一時間で今年が終わるよ!!もーう早くー!! 」とドキドキしたのに。

個人的には年賀状も要らないと考える程。
(メール/ネットの普及で良くも悪くもその人の今が見える)


逆に、最近見なくなってきた旗日に日本国旗を玄関に掲げる事。愛国心的な部分。
こう言うのを大事にして欲しいと考えています。

ん〜、やっぱり私が極端かな〜....。



結局(私の身近な所では)多数決を取り、満場一致で次回からのバレンタイン、ホワイトデーは止める事にしました。


本当にその気があるのなら個人的にやってくれと言う事で。(まず無いですが)
でもこれ結構賛同得れると思います。
posted by 男澤ヒロキ at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

MGCが楽しみで仕方ない

日曜日の朝恵那山から下山し、名古屋ウィメンズを見に行く予定でした。

ところが、9:00に家に帰ってシャワーを浴びテレビで観戦し始めると、もうそこから釘付けになり応援に行く気が無くなります。
雨が降りだしたのもあるけど....。


終わってから今度はびわ湖毎日マラソンですよ(笑)
マツダの山本憲二選手の走りにまたまた釘付け。
(ロン毛もですが)

東洋大学時代柏原選手と同期。
3年の時10区で、トップを走る早稲田大学に20秒まで迫ったあの強気な走りを思い出します。
弟の修二さんも今年の箱根駅伝で2区をトップで走ってましたね。


そして日本人2位のコニカミノルタ山本浩之選手。
この方も東洋大学。

日本人3位のトーエネック河合選手(麗沢大学)までギリギリMGC出場権獲得です。


これでMGC出場権獲得者は男子で30人。
女子で14人。
国内レースはこれで終了ですが、海外レースでもう少し増えるのかな?

いまから9月15日が楽しみで仕方がありません。

感化され、その夜ジムで時速16kmでトレミ30分しました。



◆ちょっとここで軽く疑問が。
女子の人数が男子の半分だと言う事。

一昔前だとマラソン女子は強いイメージでしたし、入賞も結構してましたよね。
逆に男子が全然で見るに忍びない程度の成績。

まだ男子もケニア勢やエチオピア勢を前に確かに厳しいですが、それでも日本記録をこの1年ちょいで二度更新しており、力が確実に付いて来てます。


MGC出場者の出身校を調べると男子が大卒27名と90%。
女子が大卒2名高卒12名となってます。(大卒率14%)

これは女子にとって高みを目指す上で、大学に行くメリット、そう言うレースが無い事があると考えます。


男子はやはり1つの目標として箱根駅伝ですよ。
今回のびわ湖毎日マラソン日本人上位20人中、大卒(関東学連)が18人でやはり90%ですからね。

東京マラソン日本人上位20名も100%大卒。
※2名現役
※19人関東学連


どっちがいいとは専門家じゃないので何とも言えませんが、箱根駅伝が1つのキーになっているのは事実。
逆にそこで燃え尽きる選手も居ますが、強くなって行く過程でそれも仕方ない事だと思います。


その夜、NHK大河ドラマ「いだてん」を見ながら、金栗四三さんが世界に通用するランナーを育成する為に箱根駅伝を作った、その想いが100年経過する今も生きているのだなと、感慨深く想いました。

※第一回箱根駅伝は1920年です。
posted by 男澤ヒロキ at 06:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/