2018年08月26日

【 TJAR2018】1日目後半

2018/8/12  7:15
剱岳山頂から南へ方向を変え下る。

トップの石田賢生選手は10分から15分前にいるとの事だが、既に見えない状況だった。

私を先頭に吉藤選手、江口選手と難所のカニの横這いに取り掛かる。
普段高所恐怖症の私だが、アドレナリンが出ているせいかサクサク降りる。

前に2人の男性登山者がおりすぐ詰まった。
その2人も鎖場に慣れているのか速くも無いが特段遅くもなくストレスにはならないが、階段を降りた所で先を譲って貰った。
想定していたお盆渋滞だが、思っていたより空いている。
早い時間はやっぱり正解。

前剱で水分補給している間に吉藤選手、江口選手が前に出た。


8:33
3人が30秒間隔くらいで剣山荘到着。

すぐトイレとジュースを補給。
江口選手がマイペースな休憩。
私は足裏ケアまでして5分で吉藤選手と2人で別山方面へ雪渓をトラバースに入る。


吉藤選手のペースが微妙に速い。
軽くスパートをかけられ揺さぶられているのが分かった。
「 ここで付かなくては.... 」
ギアチェンジをするが、それでも吉藤選手は更にグングンと加速した。

別山直登が終わった時には視界から吉藤選手が見えなくなっていた。
代わりに江口選手が後ろ5分の所に迫って来ている。


富士の折立付近はガスと時々雨。
NHKカメラマンにつかれながらトラバースルートを選択したらどうもおかしい。
ガスで見えないが明らかに雷鳥沢へ降りている。
慌てて戻ったがこの間に江口選手に抜かれていた。


10:40大汝小屋到着
E8277914-003C-4B52-B3AB-EE870CFC42BB.jpeg
盛岡から櫻田和志さんが応援に来ており久々の再会を喜ぶ。
カレーを注文し、出来るまでの間の5分で山頂に櫻田さんと行きタッチ。
そしてカレー。
ここのカレー本当美味しい!!
お茶も飲んだ事が無いお茶で香りも良く美味しい!何茶か聞けば良かった...。
それぐらい美味しいお茶。

入れ替わりで船橋選手到着。
少し焦る。


雄山からの渋滞は相変わらず。
無理に行かない。
それ以前に、登山者誰もがマイペースなのか必死なのか、全然後ろの人を気にする感じでは無かった。

11:25
一ノ越到着。
実行委員の飯島委員長、越田さんがおりグータッチ!
風が強い!!

そこからちょっとペースダウン。
鬼岳や獅子岳を良くも悪くも普通なペースで行く。
一ノ越から五色ヶ原まで登山者は2、3人しか合わないくらい、急に閑散となった。


ザラ峠で少し疲れが出て5分休憩。
「 あー、なんか走るのが嫌になって来た....。」
「 思い出した!このレースってとんでもなくキツかったんだ! 」
人間とは都合の良いものでTJAR2016の楽しい思い出だけが残り、嫌な部分が消されていた。
 TJARのコース自体はドギツイ。
それを3〜5時間は休憩取らずCT50%前後で動き続けている。
しかも慢性的な睡眠不足でだ。


五色ヶ原山荘到着する頃に睡魔も少し出て来た。
13:42
五色ヶ原到着。
B8282A7C-DCDF-4BC2-9CB1-5BB4B1810F45.jpeg
限界付近のパレットに横になって10分寝ようして目を瞑った瞬間、急に拍手が聞こえた。
船橋選手が到着だ。

いや〜...予想以上に速い。
これで5位まで落ちるのか。
船橋選手は横になっている私をそのまま素通り。
小屋に寄らないようだ。

それを見ていた私が焦る。
「 これは寝てる場合じゃない。」

すぐ出発するべく、小屋でパン等補給しようとしたが、3人位受付に並んでおり断念。
外のドラム缶から零れる水をペットボトルに入れてリスタート。

船橋選手との差は10分以内だろうか。
GPSを確認するとはるか後方獅子岳付近に19番雨宮選手、5番佐幸選手、13番垣内選手、17番近内選手がいる。
ざっくり40分〜50分差だ。


ここからTJARのもっとも嫌な区間。
鳶岳、越中沢岳、スゴノ頭の三連発だ。
結構な疲労感でこの3つは本当キツイ。

それは全員同じ。
コンセプトは“ ここで無理をしない ”だ。

マイペースで船橋選手を追う。
鳶岳までの登りは過去最高タイム20分に対し22分と上出来。
そこで前を行く船橋選手が見えたが、はるか彼方10分以上開いていた。

船橋選手が鳶岳と越中沢岳のコルを通過したところでタイム差を測定する。
私が通過したのが11分後。
スゴ小屋まで15分は開くのが分かり落胆するが、ここは仕方ない。ガマンだ。


地味なペースで登るが、スゴノ頭登りで船橋選手の背中が一気に迫る。
下りや平坦な部分は走っているようにも見えてたが、船橋選手も相当キツイのだろう。

殆ど応援者が居なかった中、京都の木下ゆかりさんの応援あり。
スゴノ頭下りから自分も一気にペースダウン。
本当この荒れた下りが嫌。


17:00
スゴ小屋到着。
最後ダレてしまい普通通りの3時間を要した。
結局船橋選手に更に差をつけられてしまう。
「  ヤバイ。もう限界 」
小屋前のテラスに大の字になり横になりながら考えた。

薬師峠が遠い。
この状態で登るのか?
17:00は薬師峠へ行く下限ラインのタイムだが、この状態で行ったら4時間は掛かる。(通常は3時間ちょっと)
それ以前に、雨でも降ったら体力無くて事故を起こしかねない。
雲行きもおかしく感じるからスコールが来るのは間違いない。
当然睡魔も来るであろう。
その場合の薬師峠到着時間は...。

ただ薬師峠到着は5人に絞られる。
これはこれで2日目以降の展開にメリットがある。

いや、まてよ。
リスクを考える方が大事だろう。

薬師峠で寝る時間は3時間30分。
スゴ小屋で寝る時間も3時間30分で同じと考えるなら、早く寝て体制を直し薬師峠まで3時間20分程度のタイムで纏めれば、船橋選手や江口選手には追い付く計算だ。

決めた。
ミラクルC的な抜き方しか無い。

テン場料金を支払って外に出た所で垣内選手、近内選手が到着。
薬師峠に向かうとの事だ。
この言葉を聞き、またグッと来るがNHKカメラマンと一緒に反対方向のテン場に向かう。

ほぼ満杯のテン場で1張分のスペースを確保。
下はボコボコしていたが、あまり気にしない。

約3分でストックシェルターを張り入ろうとした所で、雨宮選手と佐幸選手がテン場に到着。
薬師峠に行くか行かないか聞いたら、ご飯を食べながら考えるとの事。
これは一気に順位を落とす可能性が高い。


17:30就寝。
周りのテントの方々に21:00頃に出るのでご迷惑をお掛けするかも知れないと伝えたら、みんな快く承諾してくれた。
普通に考えたら非常識な時間なのに申し訳無い。
でもみんなが応援してくれた。

隣のテントは宴会で賑やか。
その会話にクスッと笑ってしまったが、横になれた幸福感ですぐ寝落ちした。

19:30
外から大きい音が聞こえた。
スコールだ。
外に出してた靴をすぐしまう。

やはり薬師に行かなくて正解だった。
今頃薬師岳山頂手前だっただろう。
風も強いし、雷の可能性も高かった。

起きたら21:30だった。
ちょっと寝坊だが、体調がすこぶる良いのを感じた。

シェルターを出ると1つのヘッデンが途方にくれているにが見えた。
近寄ると14番大坪選手。
今到着したのか??と驚くのが先。

「 俺、出発するからここに張りな 」と譲った。
岡田選手も到着。
「 男澤さん出発するならここいいですか? 」
大坪選手に譲った事を伝える。

21:50
大坪選手と岡田選手とグータッチし別れた。
2人とはこれで最後になるだろう。
ある意味スゴ小屋露営で嬉しい再会だ。
思い出にもなる。
D22F4D66-3959-4E17-8D99-F788E8CEDF86.jpeg

ここから一気に薬師峠組を全員まくる。
 TJARは絶対イレギュラーが発生する。
大事なのはそれに対する修正力だ。

トップに向けて私の巻き返しが始まった。

(2日目に続く)
posted by 男澤ヒロキ at 22:20| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

【緊急!】信州松本Mt - channel

本日20時から「信州松本Mt - channel」略して「山チャン」に出演します!

内容は勿論 TJARのレース中の話がメイン!!
「  TJAR男澤祭!真夏の大激走!大逆走!大失速! 」と題し約2時間放映予定です!

携帯から見れるので是非見て頂ければと思いなす!
サイト内の「やまちゃんに投稿」ボタンからコメントも打てますので、リアルタイムで出来る限りご返答させて頂きます!


今日は私め仕事ですが、ちょっとだけ早く切り上げ松本市に向かいます!
放送禁止用語や、言っていい部分言って悪い部分の整理中も同時に行います!

ビール飲みながらのグダグダな内容ですが、 是非TJARを思い出して頂けたら嬉しいです!


そしてその後!
日曜日ですが、せっかく松本まで来ているので6:00猿倉スタートで白馬鑓温泉に日帰りで行こうと思います!!
1人で!いや!今シーズンの相棒であるSAYAMA works HIZIRI2と最後の登山です!


ただ温泉行くよりはせっかくだから山とセットで、と言った感じかな〜。
ガツガツは登らないです!
そして混浴だからと言う下ゴコロは一個もありません!!!(滝汗)
posted by 男澤ヒロキ at 07:20| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

【 TJAR2018】1日目前半

2018年8月12日(日) 0時
スタートが切られた。
応援者とハイタッチをしながらロードに2番目に出た。
はるか前方に福山選手、私のすぐ後ろに岩崎選手。
福山選手の出だしのペースに驚き、私もつられるように走り出した。

福山選手が最初から飛ばすのは、2016の新藤選手から事前情報があった。
最初驚く程飛ばすが、必ず失速すると。
(本人にも事前に聞いている)
故にあまり気にしないようにした。


今回出場にあたり、私なりにレース中のシミュレーション、仮説を作って来ている。
石田選手が規格外で、ついで船橋選手、吉藤選手らが続くだろう。
初参戦組では確実に上位で進めて来るのは垣内選手ぐらい。
彼はTJAR2014の合格者であり、選考会でも際立っていた。
選考会時も最後の北沢峠からのロードで私を抜いたが、非常に伸びのある走りで、ロード勝負になったら勝てない可能性が高い。

2014組の佐幸選手、江口選手、雨宮選手、柏木選手も侮れない。


先ず、馬場島までの28kmで900m 登るロードで主導権/流れを掴むかだ。

3kmくらいで岩崎選手が落ち始めた。
ワザと?近道を知ってて後ろに行ったのか?
どうも気になるのは、私が道を知らないから。
だが福山選手は4回目の出場者だ。
故に福山選手のルートを信じようと思う。

福山選手と2人旅かなと思った矢先に、1人いつのまにか私の後ろに迫っていた。
ビブス17番だ。速い。
「 近内(コンナイ)君? 」
「 はい。 」
驚いた。
全くマークしてなかった近内選手がいたのだ。

失礼ながら開会式の時にも全くオーラを感じなかった。
猫背でお世辞にも姿勢が良いとか言えない。
靴もニューバランスの良く分からないのを履いており、気にも止めなかった。
こう言う想定外の選手が1人くらいいるだろうなと思っていたが、それがまさか近内君だったとは....。
実に面白い。


そこから3人パックでキロ5‘30〜6’00程度でロードを進む。
12km過ぎたあたりで更に福山選手が加速する。
完全に引き離しにかけており、スパートだった。

「 近内くん付いて行かない方がいいよ 」
「 いや、大丈夫です 」
果敢に付いて行く近内選手。
ものの1kmもしない間に2人は見えなくなってしまった。

そこから1人旅だ。
少しペース落としてみたが、後ろからヘッデンの灯りが見えない。
おおよそ15km地点の最後の自販機に到着。
NHKさんがカメラを構えている中、何か忘れたがドリンクを一気飲みし、更にもう一本購入し補充した。

ここで2分程休憩した所で3分くらい後ろの場所にヘッデンが3つ見えた。

3分差で残り13km。
ちょうど吸収される形での馬場島到着が読めた。

後ろのヘッデンに対し、余裕を持ちながら気にして6分/km程度でクルージングする。
あと5km程度になったところで、そのヘッデンのメンバーに吸収された。

船橋選手と石田選手だ。
そしてその少し後ろに江口選手。

船橋選手はサラッと私を抜き前に出る。
船橋選手には付かず石田選手の後ろに付いて引っ張ってもらう。

あと2kmで石田選手より前に出て船橋選手に追い付いたところで馬場島の山荘に到着。

3:06 馬場島。
先ず先ずだ。
前回2016の時は左岸を走った為、走行距離が長くなり3:15だった。



石田選手と水を汲みに行くと福山選手が居た。
3:00到着との事だが、既に疲弊しておりしばらく休憩するとの事。
近内選手は更に先に到着し既に早月尾根に取り付いたとの事。

江口選手も到着。
石田選手も呼吸を整えるべく少しゆっくり目の補給
私は早月小屋までの2時間30分で間に合う500ccの水を補充し近内選手、水を汲まず先に行った船橋選手のすぐ後を追った。

水場からロードに出た所で、雨宮選手のヘッデンが後ろに見えたので“ 先に行く ”と大声で伝え登山口に取り付く。
意外と選手間の差が無い。

すると船橋選手が逆走して来た。
水を汲み忘れたとの事。
意図的に水を汲まず先行したと思っており、力の差を感じていたが、まさかのうっかりミスだったようだ....。

これで前に近内選手のみ。
2位で剱岳に取り掛かった。



前回時が登山道に入ってから切り替えが出来ず、苦しんだ。
そして10分程睡眠したが、それでも回復せずズルズルと落ちて行ったのだ。

今回はそれが全く無い。
だが、少しそれが怖いのでペースは抑え気味に登った。

標高1,200m付近(登山口から300m程上昇)
後ろから物凄い勢いで迫って来る選手がいる。
石田選手だ。

(予想通り)来たなと少し笑ってしまう。
武者震い。

30分程一緒に登るが、一段ギアを上げないと付いて行けない。
でも石田選手は必ず2,500m付近からペースを落とすのも知っていたので、ここは離れても問題無い。
焦れば自分が潰れる。

少し離れたら急に緊張の糸が切れ、睡魔が来た。
まだ序盤の序盤だ。
焦る事は無い、自分を一旦整えようと5分ゴロ寝をした。

選手の足音で目が醒める。
吉藤選手だった。

そこから一緒にタッグを組み、互いに引っ張り合いながら、良いペースで登る。

間も無く早月小屋と言うところで前に選手が。
近内選手だ。
「 どうした?潰れた??! 」
私が聞くと、
「 いやいや、元々この程度の力です。お先にどうぞ 」
と譲ってくれた。


05:36
早月小屋到着。
8317B432-AB7D-451B-BA3B-78AD8BC7B05B.jpeg
この区間2:30で先ず先ずのペースだ。
5分休憩しただろうか。
ドリンクを一本補給し吉藤選手に先行し出発。

江口選手、近内選手がちょうど入れ違いで小屋に到着。

早月小屋から山頂まで大凡1,000mは登る。
時間にして1:30程。

ここからの岩岩な急登は私の苦手区間である。
2016の反省からストックは山頂までフルで活用する事にしていた。
岩場でのストックは普通に考えると危険だが、私は使い方が慣れておりむしろストックがあった方が安全だと考えていた。
まるで自分の手足のように動くストック。
それくらい使い込んだのだ。


前を行く石田選手が見えない。
そのかわり後ろから吉藤選手、江口選手、近内選手が迫って来た。

山頂まであとちょっとの所で吉藤選手、江口選手に追いつかれる。
いつのまにか近内選手は離れていた。

NHKカメラマンの駒井さん、紺野さん( TJAR2016 : 2位)の密着撮影。
危険な場所しか無いので選手もカメラマンもピリピリムードだ。



7:15
剱岳山頂到着。
8EE49093-0ED7-496F-9F84-EB81A00AE4B6.jpeg
天気が悪いわりに混んでいたが、まだ全然マシなほう。
この時刻だと快適と言っても良いレベルの混みかただ。
途中5分寝たのが功を奏し、体調がすこぶる良いし、そこまで疲れてもいない。

写真撮影渋滞があったので、場所に拘らず自撮り写真をパチリ。
すぐ劔山荘に向けて私が先頭で下山を開始する。

遠くに薬師岳がいつもだと見えるのだが、ガスでこの日は見れず。
立山すら見えたのか記憶に無い。

2位集団を率いているのに、自分自身がこのペースの速さに驚いていた。

次回へ続く。
posted by 男澤ヒロキ at 13:56| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

【TJAR2018】スタートまで

2018年8月10日(金) 14:00

18:00の名古屋BC発富山駅行きの高速バスで富山を目指そうとするが、ちょっと仕事が重い。
そこへ雨宮選手より夕方まで多治見駅に来れば、魚津まで自家用車に同乗させてくれるとの有り難いお誘いが来た。

17:30頃雨宮選手とJR多治見駅で合流し魚津に向かう。

道中話すのは勿論レース展開。
私が5位以内の目標に対し、雨宮選手はとことん楽しむのが目的と言った感じ。

 TJAR選手はおおよそ3パターンに分かれる。
・順位/記録に拘る選手。
・完走が目的の選手。
・楽しむ事が目的の選手。

私は典型的な順位/記録派だ。

6年間この根拠の無い5位以内を目標にずっと苦しいトレーニングをして来た。
何をするにせよ TJARを頭に入れ「これをやったら良い効果が出るのでは」「これは使えるかな」等、常に TJARに結びつけ打ち手の1つを考えて来た。

まさに明日その時が来ているのだ。


魚津についたのが21:30頃。
雨宮選手が全部運転してくれたので、私はすごく楽をさせて貰った。

バイパスのラーメン屋で食事。
チャーシューが入っていたが、ためらず食した。
これで三ヶ月に渡る脱肉食を解禁。
たかがチャーシューのひと切れふた切れで力がみなぎる気がした。

23:20
駅前のホテルにチェックインし、ルーチンのストレッチと体幹トレを10分程して24:00就寝。




2018年8月11日(土)
朝は6:00に起きた。
軽く散歩しコンビニで朝食を調達。
8:00になるくらいで暇になったので、呉羽駅の整骨院に酸素カプセルをしに向かった。

酸素カプセルでリフレッシュ。
本当これをレース前にやった時とやらなかった時では出だしが大違いだ。

これで心配事はほぼ無くなる。
全部計画通りにやれたのだから。


その後ホテルでウトウトしていたら12:00にフロントから電話がありチェックアウトして欲しいとの事。
24時間プランにしてるからまだ時間があると伝えるが、チェックインから24時間じゃ無くて、昼の12:00〜24時間だそうな。
仕方なく追加料金として2,000円払い14:00まで2時間延長して頂く。
そして寝落ち。


15:00頃起きて西魚津駅へ電車で移動。
そこから歩きでミラージュランドに向かう。

15:40
ミラージュランド到着
まだ受付時間前で閑散だが、北アスイーパーの2016新藤選手、桑山選手がおり適当な内容の話で盛り上がる。

続々と到着する選手達。
ベテラン勢は受付を済ませるとすぐどこかに消え初参戦組だけの控室に。
あと私だけ。

まー寝るしか無いのだが、毎度これが寝れない。


20:30 開会式前に応援者がいるレストランに入ると、一気に私の周りに人だかりが出来た。
我ながらテレビのお陰で今回の人気が凄い。

その中に昨年新藤選手と北ア黒部チャレンジ(途中断念)をした際に、傷病にかかった登山者の手当て(救助)をした、その方が御礼に来ていた。
新藤選手とその方と記念撮影。
嬉しい再会である。

又、遠くは仙台から渡辺さん、高野さんも駆けつけてくれた。


21:00 開会式
22:00 ブリーフィング
23:00 最終準備


2年前を昨日のように懐古する。

スタートラインは福山選手、竹内選手に挟まれる形で最前列に立つ。

「 下級戦士 」一ヶ月前に友人が私に揶揄して言った言葉が頭を過ぎった。

確かに今回出場出来なかった福井選手、土井選手、谷選手に比べれば私は劣る。
だからそう言う見方もあるだろう。
だが TJARはスピード以外の要素が強く結果に出る。
ストイックになり過ぎて、そんな揶揄を笑い飛ばせない自分も嫌だが、今回は実績を作り冗談でも二度とこのような言葉を言わせない。


23:45 日本海に触れた。
次は太平洋に触れるだけ。
ジーンと込み上げて来る思いと、ここまで来れた事と協力してくれた方に感謝の気持ちが溢れ、目頭が熱くなった。

胸に手をあてる。
やるだけの事全部やったんだ。
後は作戦通り遂行するだけ。
絶対実力はある。
自分を信じるんだ。

選手全員とタッチし大浜再会を約束する。
3!、2!、1!
スタート!!

さー!!
突っ込め!突っ込め!!
51734F25-F1F9-4FC4-98AE-BA074A68105E.jpeg
posted by 男澤ヒロキ at 21:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

応援の一部について

本戦詳細の記載前に、標題の部分をお伝えしたいと思います。

今回7月1日に本戦出場が確定してから、ストイックかつナーバスな精神状態になりました。
仕事をどう組み立てて職場に負担をかけないようにするか。
装備品は。トレーニング計画はこれで本当良いのか。

無理にお酒を控え、体重や脂肪率も厳密に管理。
トレーニングも日々その計画通りにこなし、来たる8月12日に備えた次第です。

7月末くらいからは追い込み過ぎたトレーニングにより本戦出場が怖くなり、精神的に不安定にもなりました。


友人がくれるジョークが含まれたメールにも分かっているものの都度カチンときたり、練習時に黄色い声で脚を止めさせられると、これまた良い表情が出来なかったりと、全体的に余裕が無くなってました。
申し訳ありません。


本戦中は皆さんからの応援が原動力となり、乗り切れたと言っても過言ではありません。
いや、あれが無ければ完走出来ませんでした。
特にブログのコメントは苦しくなる度に覗き、励みにさせて頂きました。
改めてありがとうございます。


【リアルな観戦/応援について所感】
現地応援も有り難く、少ない幸せの中で求めた幸せの1つでした。
ただその中でも「 鼻血出さないで下さいね!(出てないですね!) 」
「 鼻血出すなよ! 」等鼻血ネタが多くあり、非常に傷付きもしました。
私のキャラだから(親しみで)言いやすいのだとプラスに捉えようとしましたが、初対面かな?と思う人にしつこく言われると流石にデリカシーの部分では無いかと少し残念に思った次第です。



また、別の場所でも暴風雨の山頂で待っててくれるのは嬉しいのですが、上から散々私の名前を呼んでくるので知り合いかな?と思い「 誰? ○○さん!!? 」と疲れてる中大きな声を振り絞って質問しました。
「 さー、誰でしょう?? 」(大声)
「 えっ!誰!!? 」(必死の大声)
「 さー、誰でしょう?? 」(大声)
「 いや!マジで!!(誰?)」
「 さー、マジで誰でしょう?? 」
この辺で私もブチッときました。
クイズかわからないけどストレスかける為に応援来ないでくれよと。

結局私の知らない人でした。
その後もその方小屋に付いて来ては、狭い玄関でカッパ脱ぐのにそこに居たりと私の周りをうろちょろとし邪魔で、怒りを抑えるのに余計なパワーを使いました。



一般応援者のカメラを必要以上に回した行為も。
追い抜いては動画撮影。
また走って追い抜いては動画撮影。
これを幾度も受けると私も精神的にやられますし、登山道は当然、公道でも非常に危険です。
(実際接触事故が起こる寸前で私も大声を出しました)
NHKカメラマンさんも居る中で、その方達にも迷惑がかかる行為でした。


その他ブログの事もとやかく質問されたりとか。チャチ入れられたり。
今じゃなくていいでしょう的な...。


最後のロードでの路駐も多数。


まだ腹に落ちない部分がありますが、私も少しは注目される選手だったのだとプラスに考え消化するようにしております。
私の器が小さいのが原因かも。


きっと望月選手はもっともっと大変なんだろうなと思いました。
1%にも満たないごくごく僅かですが、そんな事があった次第です。

応援してもらう立場でこういう事書くのも申し訳無いですし悩みましたが、事例として次回観戦される際の参考になればと思いました。


うーん...
まだちょっと精神不安定かな?
3日経ちますが、寝不足で自律神経と三半規管がやられ未だ真っ直ぐ歩けません。
後から消すかもです。
posted by 男澤ヒロキ at 15:32| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
amatch(アマッチ)ブログ 岐阜在住編
http://amatch6.blog.fc2.com/